カテゴリ:Music & Audio( 294 )

形あるもの、いつかはその働きは失われ、壊れ、なくなっていきます。
お盆なのでそういうことを考えてみました。

電子レンジが壊れたので、修理にチャレンジしてみました。
2~3日前、娘が朝食を温めていたら、ボンと音がしてウンともスンともいわなくなったそうです。
結婚祝いにうちのヨメがもらったものですから、28年前の製品になります。娘より年上。

d0032222_09353828.jpg



つづき
by tama_photo | 2017-08-14 11:51 | Music & Audio | Comments(11)

FaceBookのオーディオ系グループで、レコードを浮かせて回すという興味深い工夫が紹介されました。
ターンテーブル付属のゴムシートを取り払い、プラッターにウレタンクッションを4つ貼り付け、レコードスタビライザーで押さえて演奏するというもの。レコード盤は4つのクッションで支えられるだけで、ほとんど空中に浮いたような状態です。
これではハウリングマージンが取れないでしょうと質問すると、浮かすほうがハウリングには強くなるとの返事。
想像の範囲ではどうしようもないので、実際やってみることにしました。
まず、ホームセンターでウレタンクッションを購入。
これは通称「涙目」と呼ばれ、「戸当たりクッション」などの名前でも売られています。1袋12枚入りで357円でした。

d0032222_16311864.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-08-07 17:12 | Music & Audio | Comments(4)

DL103復活

猛暑が続いているので家に閉じこもりがちです。
昨日もずっと音楽を聴いて過ごしました。
夜になって最後のレコードに選んだのは、30センチシングル「We are the World」。H-OFFで見つけた108円レコードですね。(^^;
ターンテーブルはウェルテンパードでカートリッジはライラヘリコンです。
いつもはA面だけなんですが、珍しくB面の「Grace」もかけてみました。
レコード盤に「Composed & Arranged by Quincy Jones & Jeremy Lubbock」と書いてあるだけで他に解説はありません。
歌は入っておらず、We are the・・・の裏面ということで、これは完全にオマケですね。
ほとんど打ち込みとは思いますが、すんごい低音が入っていました。そしてこのレコードは45回転なのでカッティングレベルがえらく高いんです。普通のLPの2倍くらいの音量がします。
すると、プツッと小さい音がして曲が途切れる部分が数ヵ所ありました。

d0032222_09472497.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-08-06 10:36 | Music & Audio | Comments(0)

モノラル(DL102)復活

重量級カートリッジ用のメインウェイトとインサイドフォースキャンセラー(以下IFC)のおもりが届きました。
くすみや曇りがないので、真鍮ではなく砲金製でしょうか。
シルバーの純正品と比べると、大きさが違います。SME3009imp.などに使えます。

d0032222_12420417.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-08-04 13:32 | Music & Audio | Comments(2)

アーム(SME3009)の調整

SME3009Imp.を調整してみましょう。
アームパイプは水平なのに、ヘッドシェルが上を向いてしまっていました。
そこでまず、シェルとアームの接点に挟んであるゴムのリングを外しましたが、角度はほとんど変わりませんでした。
となると、オルトフォン製ヘッドシェルの工作精度が疑われます。ここが直角になってないのかもしれません。

d0032222_13052513.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-08-02 13:40 | Music & Audio | Comments(6)

100円LPとDL103

こう毎日暑いと、どこかへ出かける気力が起きません。
道の駅も県内は全部行ったし、かといって庭の雑草を抜くのは自殺行為だし・・・。
早朝から鳴くクマゼミの声が暑さに拍車をかけます。
殺虫剤を大量にまいてクマゼミを退治したら、気温が1~2℃下がる気がするのは私だけ?

C3のカタログが欲しくてシトロエンのディーラーへ行ったら定休日だったので、H**D-OFFに寄り道しました。
ここも久しぶりです。目的はLPなんですが、コンテナ箱にLPもLDもVHDもいっしょくたに投げ込んであるので探すのが大変。
でもその分、値段が安いので仕方ないですね。
きょうの収穫はチューブの「シーズン・イン・ザ・サン」と「We Are The World」の2枚、216円ナリ。

d0032222_09283961.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-08-02 10:21 | Music & Audio | Comments(4)

LNP-2Lのブラッシュアップ

LNP-2Lについて新たな情報がまたひとつ。
それは、CDをテープ端子にXLRで入れてテープポジションで聴くのと、レモ端子で入れてソースポジションで聴くのは違う。端子の違い以外にゲインの違いが大きい―というものです。
さっそくやってみました。
手持ちのレモピンを全部使ってしまいましたよ。一番下の片側は壊れているので、抜けないうちに交換しなくちゃ。
上からフォノ1、フォノ2、CD、パソコン(DAC)です。

d0032222_15320420.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-07-31 16:29 | Music & Audio | Comments(4)

夏の音

クインシー・ジョーンズのCD「Back on the Block」を久々に聴いた。
ドラムは完全に打ち込み。他の楽器も、弾いているかもしれないが、限りなくコンピュータの合成音に近い。
ミュージシャンの欄には「ドラム・プログラミング」や「シンセサイザー・プログラミング」として数人の名前が挙がっている。
やっぱりそういう音は不自然だし、歌にも私がきらいなラップが入っていて、とても愛聴盤とはいえないCDだ。
でも数曲はメロディーラインがきれいなものがあるので、カーステレオ等で年に1回くらいは聴いていた。
改めてちょっと大きな音で鳴らしたら、2曲目のBack in the Blockで聴き慣れない音がした。
あれ?と思って聴き直す。
なんだこの音は?

d0032222_10194305.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-07-28 11:06 | Music & Audio | Comments(2)

過去記事をずーっと読んでいたら、こんなものがありました。
オーディオ遍歴
もう2年以上前の記事です。
気が向いたので、第2弾を勝手にいってみます。(^^
その前に、ホーン型スピーカー最後の写真を紹介しておきます。

d0032222_18000171.jpg

エンクロージャーがJBL4560。詳しくいうと、4560BKSです。BKAが米国製でBKSは国産。合板の材質が微妙に違うという人もいます。これは裏にサンスイ電機の銘板が張ってありました。
もしかして「BK」はブラックの略で、「A」がアメリカ「S」がサンスイって? まさかねー。
2441ドライバーには2350ラジアルホーン。ツイーター2402は音道に下げていますが、これがネックでした。
音像がまとまらないんです。もっと奥に引っ込めるべきでした。ツイーターのケーブルはベルデン9497です。
ウーハーはアルテックの515Bになっています。
ラックは上からCECのトランスポートTL51と、その下はマイクロメガ(フランス)のDAC1です。
なんでセパレートにしたんでしょうね。場所取るのに・・・。
その下が管球式プリアンプです。ファーストサウンドという、これは米国のガレージメーカーではないかな。
建具屋Sくんからの借りもの。
ターンテーブルはPro-ject RPM9(オーストリア)で、カートリッジは記憶にありません。昇圧トランスが見当たらないので、たぶんシュアのV-15IIIだったかと思います。このころはCDが主で、LPはあまり聴いていませんでした。
そしてパンチングメタルで隠れたところに管球アンプが2台、自作EL34ppとエレキットKT88シングルが入っています。その下にアンセム(カナダ)のEL34pp。ツイーターをKT88シングル、ドライバーをアンセム、ウーハーを自作アンプでそれぞれ鳴らしていました。
一番下がチャンデバのアキュフェーズF15です。500Hzと7000Hzの12dB/octにしていました。



つづき
by tama_photo | 2017-07-22 22:10 | Music & Audio | Comments(0)

仮想アース

これもフェイスブックがらみの話題です。
銅線をグルグル巻きにしたコイルをオーディオコンポーネントのアース端子につなぐと、音が良くなるというハナシ。
電機知識豊富な方による解説では・・・
理屈的には機器の電位の基準となるシャーシ(フレームグランド)に、リアルアースより一桁以上抵抗が低いコイルをつなぐことで、コイルに吸い寄せられたノイズを減衰させ、信号がクリーンになり、周波数バランスは変わらず、音がハッキリ力強くなってスレテオ感も増す・・・だそうです。

オークションで入手したムジカライザーの付録に鉄芯コイルが混じっていたので、やってみました。

d0032222_15030940.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-07-14 15:53 | Music & Audio | Comments(12)