カテゴリ:うまいもの( 72 )

ちょっとため息

こないだのプレモルより高かったのでもっと旨いと思ったら、そうでもありませんでした。
人それぞれの嗜好がありますから、絶対的な「うまさ」は断定できませんが、少なくとも私には合わなかった。
黒ビールの味が強かったなぁ。まるでハーフ&ハーフ飲んでるみたいでした。   EOS 5D-II 24-105mm/f4

d0032222_2254329.jpg


だまされたと思って続きを見る
by tama_photo | 2013-10-31 22:55 | うまいもの | Comments(2)

食欲の秋

夜はカミさんの知人が勧める日本料理店に行きました。
夜の街をウロウロすること30分。大分市のビルは熊本と比べて背が高い。           α77 18-50mm/2.8

d0032222_1433695.jpg


続きを見る
by tama_photo | 2013-10-15 14:22 | うまいもの | Comments(2)

舌が変?

ここ数日、続けてマズいものを食わされたので、メモしておきましょう。
まず昨日。珍しく昼食を外食しました。
長崎ちゃんぽんの某チェーン店に入り、暑かったので「夏とく冷やし麺」を麺2倍(+100円)の黒酢黒ゴマだれで注文しました。

d0032222_20254537.jpg

待つことしばし。店員さんが「お待たせしました。よくかき混ぜてお召し上がりください」と言ったので、そのとおりにタレがまんべんなく回るようかき混ぜて食べました。
・・・がっ
なんだこの塩味!!!???

とんでもなくしょっぱい!
黒酢のすっぱさとは明らかに違います。これはです。

2口3口はそのまま食べたものの、あまりの塩辛さに麺の先端を口にくわえ、箸でしごくように黒酢黒ゴマのたれを落として食べました。それでも自分の「辛さものさし」の倍くらい塩辛いのです。
麺2倍にしてこのありさまですから、等倍だったらさらに恐ろしいことになっていたでしょう。
味見してんの? 舌がおかしいんじゃないの?
さっそく本社に苦情メールを送っておきました。
もしもまた、これを食べることがあれば「麺2倍、たれ4分の1」と注文します。

塩の次は砂糖

江戸の兄から蒲鉾が送ってきました。
小田原といえば蒲鉾の名所。ワクワクしながら「板わさ」で酒の肴にしました。  EOS 5D-II EF50/1.4

d0032222_20404563.jpg

オエッ・・・!!!
なに、これ?
この甘さは?

包装紙を見てみると、原材料の中にあるある「砂糖、みりん、還元水あめ、魚介エキス、アミノ酸等・・・」。
こんなのカマボコぢゃないっ!
おまえはさつま揚げかっ?\(=。。=)

気を取り直して笹カマを食べましたが、これもまたとんでもない甘さ。
原材料のマズさを甘味料や添加物でごまかしているとしか思えません。もしくは作ってる人の舌がバカ。
こういうものを作っておいて、食べた人が喜ぶとでも思っているのでしょうかねぇ。

何年か前に長崎で市長の就任祝いをしたとき、全国から集まった元広報担当者らが、地元のおいしいものを持ち寄りました。
このとき食べた自家製の揚げカマボコが忘れられません。
たしか福岡県のどこかの漁村のものでした。
漁師のおっさんが朝捕ってきた魚をおばさんがすりつぶし、油で揚げただけのものですが、とんでもなくうまかったなー。
調味料はたぶん塩だけですよ。
「これ、また食いたい。送ってくれ」と頼みましたが、自家消費しかしないものを無理矢理もらってきたものだから、それは無理と断られたのです。
旨いものってそういうのが多いですね。
たとえばうちのカミさんの婆ちゃんが作っていたコンニャク。
醤油も味噌もつけずに、そのまんま食べておいしかった。もちろんすべて手作り。こんにゃく芋も自家栽培でした。その作り方はもうだれも知りません。
どこででも、だれもが食えるようなものに、本当に旨いものはない気がします。
by tama_photo | 2013-07-05 21:01 | うまいもの | Comments(6)

大ざる

レンズの写り具合はさておき、おなかが空いたのでざるそばを食べに出かけました。
2日連続で飲み会だったんで、胃腸がややお疲れモード。こんなときは脂肪分の少ないうどんか蕎麦がいいですね。
スズメさんを見送った後、美里町方面へトラを走らせました。阿蘇でもよかったのですが、私は車がより少ない美里町や山都町方面が好きです。
新しい物産館を見つけました。蕎麦もありそう。      PEN E-P3 14-42mm

d0032222_16195822.jpg

大ざる750円を注文しました。出てきたのはコレ。ちょっと色白かな。

d0032222_16263439.jpg

麺は超シコシコ、つゆはやや薄味(許容範囲)、量は少なめ。おにぎり1個(100円)追加したほうがよかったかも。

腹が膨れたところで、さてどこへ行こうかな・・・っと。
最初の予定どおり通潤橋へ行ってもいいけれど、その後の帰り道がたいくつなので、甲佐方面へ曲がることにしました。
狭い山道をゆっくり走ります。緑川の支流沿いに出ました。

d0032222_1632525.jpg

しかし、今の季節、バイクがホントに気持ちいいですね。あんまりゆっくり走っていたので、この狭い山道をライトバンがビュンと抜いていきました。事前にクラクションくらい鳴らしてよねー。

廃屋とトラ。トラにはハイオク。\(-。。-)

d0032222_16362783.jpg

甲佐町に出てからは、緑川の左岸を帰りました。信号はないし、車は少ないし、花は咲き乱れています。
ハーレーのトップギヤは70キロ以上でないと苦しいけれど、トラは40キロでも大丈夫なんです。
で、また50キロくらいでチンタラ走っていたら、今度は軽乗用車にビュンと抜かれて、また驚きました。(^^;
景色でもながめながら、ゆっくり走ったらいいのにと思います。
本日の走行、ちょうど80キロでした。「ツーリング」とは言えない距離。
by tama_photo | 2013-04-09 17:06 | うまいもの | Comments(6)

今日からパン屋

明日はホワイトデー。
去年はアロマディフューザーを買ってあげた。今年はどうするか悩んだ挙句、ホムベにした。
ホームページではないっ。ホームベーカリー。そう、家庭用パン製造器なのだ。
見かけはこんなもん。縦長炊飯器?角型ポット? PEN E-P3 14-42mm

d0032222_2336225.jpg

ホームベーカリーの話題は、もう何年も前からあった。「買ってあげる」と言っても、ヨメは首をタテに振らない。
パン好きなのに、おいしいパンを求めてどこにでも行くのに、なんでかな?と考えた。
どうやら、自分が作ることになるのがめんどぷ~んのようだ。
いわゆる「ものぐさ」なのである。
仕事が忙しいこともあるが、2013年は台所に10回も立っていない。今朝は、昨夜からコタツで寝ていた。
オレが朝食をとって出勤するまで、とうとう起きなかった。

粉を入れる。(x_x) ☆\( ̄。 。 ̄#) ハナシヲカエルナ

d0032222_23413849.jpg

水を加える。

d0032222_234217.jpg

ドライイーストを投入する。

d0032222_23423432.jpg

スタートボタンを押したら、完成予想時間が0時53分だった・・・。
・・・シマッタ。

d0032222_23433883.jpg

眠れない・・・。
by tama_photo | 2013-03-13 23:48 | うまいもの | Comments(6)

いまきん食堂

前日の不完全燃焼ガスを燃やすべく、2日連続のツーリングに出かけました。
午前中は所用のため、出発はお昼過ぎ。なので、そんな遠くには行けません。
前に一度行って(2度かも)断念した「いまきん食堂の赤牛丼」を食べに行きます。
阿蘇市宮地までの距離は65キロほど。
1時間半くらいで着きました。・・・が、いやな予感。
平日の月曜日というのに、もう1時を回っているというのに、順番待ちの客が店の外にたむろしています。 RICOH GX200

d0032222_1953895.jpg

前回はこれを見てあきらめたのですが、今日は初めからココと決めていたので、ダメモトで突入することにしました。
信用金庫の駐輪場にバイクを止め、食堂に入って予約すると、きれいなおねいさんが「何名さまですか?」と尋ねます。
「おひとりさまです」
「ここでよろしければどうぞ」
入口近くのカウンター席を勧めてくれました。
こ、これってとってもラッキー!でないかい?
一も二もなくそこに座り、お目当ての赤牛丼1,200円を注文しました。
キターッ! ヽ(・∀・)ノ  iPhone4S

d0032222_2023156.jpg

うわさには見聞していましたが、実物の赤牛は本当においしそうな色をしています。
焼きはほぼレアに近いミディアム。上に載った温泉卵をつぶしていただきました。
赤牛の下には葉物野菜と千切り大根が少々。薬味は甘辛い味噌とワサビ。それにカウンターにあったニンニク唐辛子を少し加え、あせる気持ちを抑えつつ、味わいながらいただきました。
ん~、んまい!6((((≧▽≦))))9
やさしい味付けです。日ごろコンビニやスーパーの惣菜を食べている私には、薄味に感じました。でも薄味がワタシは好みなんです。
味噌汁と漬物も一緒に完食。
器を重ねて、ごちそうさま。(-人-)

d0032222_20145551.jpg

赤牛丼は数量限定ではありません。店頭で予約表に書き込めば必ず食べられます。

d0032222_21181293.jpg
それから、+100円で大盛りもできるそうです。
こういう張り紙があるってことは、バイカーも多いのでしょう。
値段も良心的ですね。
店内は5人の女性が忙しく動き回っていました。厨房にもっと人がいたかもしれません。
味もいいしスタッフの対応もおもてなしの気持ちがこもっていています。賑わうはずだと思いました。


さて、次はどこ行こうかなっと。
遠くにかすむ涅槃像。

d0032222_2142869.jpg

せっかく阿蘇に来たのだから、阿蘇パノラマラインを走ります。
往生岳(たぶん)をバックに写真を撮っていたら・・・

d0032222_2154966.jpg

白いレクサスLSが止まり、おじさんが話しかけてきました。「おじさん」と言っても、私より年下に見えましたけどね。
トラに乗っていて声かけられるのは久しぶりです。
いきなり「これ、なんていうバイクですか?」ときたもんだ。
えっトライアンフば知らんとや?という驚きを隠しつつ、車名と年式を教えました。
「私のCB750とほとんど同じ頃のバイクですね」ですと。
砂型のK0を、うわわ万円近く出して手に入れたそうです。それ、ボラれたんじゃ?
まぁ、LS460買う財力があるなら、大したことないっしょ。
エンジン音を聴かせてあげて、お別れしました。たぶん県外ナンバーだったと思います。

草千里の横を抜けて、火口をバックに記念撮影。

d0032222_21141722.jpg

火口までは行かず、途中で右折して南阿蘇村へ下りることにしました。
まだあちこちで昨年夏の水害の復旧工事をしていました。
寒いなぁと思ったら、このとおり。寒いはずです。w( ̄Д ̄;)w

d0032222_21261328.jpg

高森峠を越え、旧蘇陽町に入りました。
こんな場所で写真を撮れるのも、ソロだからこそ。
タイトル:目細なオイラ by iPhone4S ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

d0032222_21294941.jpg

道の駅清和文楽邑でトイレ休憩。
雑誌ふうに撮ってみましたが、背景がマズかったなぁ。おまけに日陰だし。

d0032222_21324594.jpg

このあたりでエンジンが息をつきはじめました。タンクをリザーブにしたものの、たぶん熊本までもつだろうと給油はしませんでした。
ところが、いつも利用しているガソリンスタンドまであと2.2キロの所でエンスト。
完全なガス欠です。あちゃー。。。Σ(|||▽||| )

d0032222_21374027.jpg

幸い友人(スクーターマン)宅のそばだったので電話をして、ガソリンを少し持ってきてもらいました。
ごめんな~。
本日の走行は176キロ。ガソリンを少しもらったので正確ではありませんが、25キロ/ℓは走ったと思います。

d0032222_21513017.jpg

by tama_photo | 2013-03-05 22:12 | うまいもの | Comments(8)

矢部の検知器

車検が近いので、ディーラーでハーレーを整備してもらいました。
工賃が安くないので、必要最小限で済ませます。
といっても、前後ブレーキパッド交換、ブレーキフルード交換、排ガス検査です。
しめて47,840円。3時間近くかかりました。
もう2時近かったので、これから遠くには行けません。あっそうだ、矢部の検知器を買おう!

矢部(現在の山都町)は高冷地なので、雪が心配です。でも国道は除雪してあるだろうと電光掲示板は無視。
iPhone 4S
d0032222_18582270.jpg
途中、陽の当たらない北向きの斜面や屋根、細い里道にはまだ雪が残っていました。道路は一部濡れていましたが、凍結状態ではありませんでした。
1時間ほどで到着。雪の上に駐輪。
d0032222_1914356.jpg
「検知器」ではなくて「ケンチキ」なんですが、これを食べたことのない人間は「バカ野郎」だと言われるほどのおいしさだそうです。
d0032222_1935644.jpg
ワクワクしながら、モモとムネとネックをそれぞれ3本ずつ買いましたよ。
モモ1本350円、ムネ1個280円、ネックは3つ買ったら840円(グラム売り)。トータル2040円ナリ。
ちょっと高く感じますが、1つのボリュームがあるので袋がズッシリしてます。
d0032222_19101052.jpg
おなかが空いてきたけど、ケンチキは夕食に取っておくことにして、近所の丸福ラーメン(左)に入りました。
右隣の洋館らしき建物は、その昔、何屋さんだったのでしょうか。 Nikon D40x 18-200mm
d0032222_191250100.jpg
中に入ると、やさしそうなばぁちゃんが2人で切り盛りしていました。
ラーメンは、大600円、中500円、小400円と3段階。中を中文、いや、注文。 iPhone4
d0032222_19144211.jpg
うわぁ~、なんだかとっても懐かしい味。特にスープが、豚骨ベースだけどアベックラーメン(熊本のローカルなラーメン)を思い起こさせる風味です。
麺は細くてかなり硬め(私好み)。
スープを最後まで飲み干したかったけど、血圧が高いので我慢して残しました。ごちそうさま。

せっかく矢部に来たので、通潤橋を見てみましょう。ついでにトイレも。
平日だから閑散としていますが、それでも観光客が橋の下に小さく2人写っています。
日陰はまだ雪が残っていますね。天気はいいけど、風が冷たい。 D40x
d0032222_1924475.jpg
古民家ふう資料館。
写っているのはワタシではありません(こんなに薄くはないと思ふ)。
d0032222_1926594.jpg
かやぶき屋根も真っ白。
d0032222_1927269.jpg
手水鉢の水はカチンコチンに凍ったままでした。
d0032222_1928218.jpg

これでワタシも「バカ野郎」を卒業ですね。まだ食ってないけど・・・。(^^;

よく効き 鳴き止まる
ブレーキパッドを交換したら、鳴きが止まりました。交換前は停止寸前に派手な音がしていました(とくにFブレーキ)。それがスーッと無音で止まります。
効きも全然良くなりました。以前は強く握っても、ある程度効き出してからそれ以上の制動力が出なかったんです。ブレーキがなんだか滑ってるようなフィーリングでした。
今はブレーキレバーを握る力に正比例して、ストッピングパワーも増していく感じ。安心感があります。
アイドリングが低かったので排ガスを心配しましたが、NOxもCOもらくらく基準値内でした。
あとは自分で光軸を調整するだけ。21日が車検の有効期限なので、今度は余裕をもって受けます。
by tama_photo | 2013-01-28 19:41 | うまいもの | Comments(8)

不味っ

「ふみっ」じゃなくて「まずっ」と読んでね。( ̄ω ̄)

ひとつめは、この発泡酒。「糖質ゼロ」の文字に惹かれてワンカートン(6本)購入。
晩酌で飲むも、おれはいったい何を飲んでるんだろう、と思うほどの味でした。
コクもなければキレもない。旨みなし、苦味なし、泡立たず。
たぶん、二度と買わないでしょう。 α77 16-50mm/f2.8
d0032222_21223317.jpg
次はうがい薬。
「イソジンと同成分でこの価格!」につられて購入。
イソジンの半額くらいの激安でした。
さっそくうがいをしてみたら・・・オェッ。
強烈な刺激。舌がしびれそうです。
うがい薬のスーパードライと言えるほど甘みなし。
500mlもあるから、全部使った頃は真夏かな?
d0032222_21231673.jpg
でもこのうがい薬、慣れてくると慣れますよ。(・_;☆\(-_-)
案外、甘いイソジンに戻れなくなったりして・・・。
でも、上の発泡酒は何十本飲んでも慣れないと思います。

さて、明日は日曜日で天気がよさそうでお休みです。♪♪♪♪Happy (ノ^^)乂(^^)ノHappy♪♪♪♪
大分さ行くだ。臼杵さ行くべ。
by tama_photo | 2013-01-19 21:31 | うまいもの | Comments(2)

家族のイブイブ

23日、家族で外食しました。
和食が食べたいということで意見が一致。郷土料理で有名な店を予約し、創作料理コースをオーダーしました。
店は最近、改装されて今ふうのモダンな和風になっていました(といっても昔がどうだったのかは知りません)。
PEN E-P3 14-42mm/f3.5-5.6
d0032222_020568.jpg
掘りごたつ式の個室に通され、タイミングを見計らって次々に料理が運ばれてきます。
生ビールを1杯飲んだ後は、日本酒を冷やで2種類いただきました。
料理はどうかというと、まぁ、可もなく不可もなし。「創作」を謳う割には初めて食べるようなものがなかったし、「うまい」と思ったのが最後の雑炊というのは少々寂しい気がします。
最初の刺身は、種類は多かったけれど、もっと鮮度にこだわってほしかったですね。刺身だけに限って言えば、先週行ったホテルのカンパチがよっぽどうまかったです。
by tama_photo | 2012-12-25 00:24 | うまいもの | Comments(2)

美味なカレーと美しい音

グルメツーです。
いつものスクーターヲヤヂとは別の、アナザー・スクーターヲヤヂⅡと南阿蘇へ行きました。
俵山トンネルを抜けて6キロほど走ると、左に「あそ望の里くぎの」があります。先日、ピースライド2012が開かれたところですね。
そこを通り過ぎて500メートルほど行くと、信号機のある交差点があります。ここを右へ。
飛ばし屋さんならよくご存じ、阿蘇グリーンロードの入口です。
グリーンロードを1キロほど進むと、アスペクタ(グリーンピア南阿蘇)の入口があります。そっちへ曲がります。
目のいい人なら、このT字路で看板を見つけるでしょう。
看板に従って、植林された杉林の中の一本道を進むと、まもなく見えてきます。「カフェ山猫軒」
よくもまぁこんな山奥に建てたもんだと思うくらい、周りは杉林しか見えません。
道はコンクリートで舗装されてはいるものの、デコボコがけっこうあって普通車は離合できないでしょう。
このコンクリート里道の先には家が3軒しかなく、その真ん中が山猫軒です。
カフェらしくないドアを開けて中に。
吹き抜けのある2階建。広いフロアーに広い窓。窓の外ではお犬様がはしゃいでいました。
野菜カレー+肉カレーをいただきました。ドリンク付きで1,000円。
iPhone 4S
d0032222_2005894.jpg

家庭でも作るようなごくフツーのカレーからすると、とても異端。だけど、とてもおいしい。
スパイスの香りが全然違います。辛さは中辛程度。
ごちそうさまでした。m(_ _)m

B&W802
もうひとつの目的は「美しい音」。
B&Wの802がデーンと据えられていました。
d0032222_2015764.jpg

ウ~ム、ソフトの数がすごいぞ。うちの4倍くらい、いやもっとありそうです。
他のお客さんが帰ってオレたちだけになったので、802を鳴らしてもらいました。
マスターが「何聴きますか?」と言うのでジャズボーカルをお願いすると
「女性しか置いてないんですよ」とお断りした上で、ホリー・コール・トリオをかけていただきました。

d0032222_2019226.jpg
たぶん、このCDだったかと思います。
スピーカー全体を床から持ち上げてあるので、ちょっと高めの椅子に座って聴きました。
B&Wのスピーカーは90度交差のセッティングがいいという話が一時期ありましたけど、結局だれもが普通の二等辺三角形セッティングに収まるようです。ここもそうでした。
ボーカルがやや左に定位しますが、抜けがいいし、どこにも誇張された部分がなくて聴きやすい音でおます。
レンジの広さは十分。ふだんJBLあたりを聴いてる人にはパンチが足りないと感じるかもしれません。
アンプはイタリアのオーディオアナログ製プリメインアンプ。CDはエソテリックでした。

帰り際、801を使っていることを告げると「それはまたすごいじゃじゃ馬ですね」と言われました。
そうかなぁ。801はムチを当てても走らない「駄馬」だと思います。(TωT)
トラでちょうど100キロ走行。やや寒ぅ。
by tama_photo | 2012-11-12 20:51 | うまいもの | Comments(2)