カテゴリ:ドライブ・旅行( 68 )

降水確率20%

運転免許更新のため休んだのに、「即納」のはずのメガネが出来なかったので、一日ポッカリ穴があいてしまいました。
じゃぁどこかへ行こう。

降水確率は午前も午後も20%。
信じないでカッパを積み、8時に出発。
山の方はあちこちで雨が降っているようです。目で見て分かります。
旧清和村で雨が降り始めました。すぐ上がったので走り出すと、また雨。
雨やどりします。谷から雲が湧いてます。(+_+)
こりゃあ防水カメラのほうがよかったかな。。。
CoolPix P7000
d0032222_19281668.jpg

d0032222_19422889.jpg
ボーッとしていたらコンクリートミキサー車が入ってきました。運転手さんが降りてきて「これいくつ?」。
おおっ、ナンシーちゃん登場です。(^^;
以前、ホンダのNV750にキャブトンマフラーをつけて乗っていたそうな。
「音、聞かせてよ」と、親しく話しかける生コンおじさん。
「いい音だね~」とお世辞を言ってくれたけど、ワタシ的にはあまりいい音とは思っていません。
もうちょっと低くて音量が小さければいいのですが。。。
生コンに雨が混じらないようカバーをかけて(赤い矢印)、去っていきました。


雨はカラッと上がりそうにないので、下だけカッパを着て出発。
しかし、よく雨に遭うなぁ。。。雨男なのか、雨バイクなのか・・・。
高千穂町から左折して、高森方面へ。途中から農免道路に入って「きんさん杉」を目指します。
雨はやんだけど、今度は霧が濃くなってきました。視界は50メートルくらい。

いつ、だれが、何の目的で作ったのでしょうね。
d0032222_19483580.jpg
比較するものがないので大きさが分かりませんけど、空中回廊は大人が少ししゃがんで歩けるくらいです。あたしゃ何度もヘルメットぶつけたけど・・・。
今度来たら、また増築してあるかな?
造りはガッチリ・しっかりしてます。
d0032222_19515840.jpg

旧波野村から産山村を通り、満願寺温泉へ着いたら日が照ってきました。
ひなびたいい温泉郷ですね。
この川沿いの露天に入ってみたいけど、入るとしたらやっぱり夜でしょうか。
d0032222_19544929.jpg

次の目的地は、ライダーがよく立ち寄る「茗ヶ原茶寮(みょうがはらさりょう)」。
国道沿いには看板も何もなく、ナビに従って草原の一本道を数キロ進むと、やっとありました。
d0032222_19581629.jpg
インパクトありますね。駐車場のショーウィンドウ(違うか・・・)にはカワサキZ。店のエントランスにはドゥカティが鎮座しています。

もう1時半を回っていたので、おなかが空きました。チキンソテーセットです。
冷やしうどんが、とてもおいしかったです。もちろん、チキンもね。
d0032222_2025759.jpg

夫婦で経営していらっしゃるようで、古い家を買って自分たちで2年かかって改築し、開店したそうです。
「はたから見るとよさそうだけど、その2年は無収入で大変でした。貯金もなくなるし、保険も解約して・・・」と、奥さんが一生懸命に説明してくれました。

d0032222_2071223.jpg
ゆっくりとアルバム拝見。
あれ、どこかで見たような・・・。(^^;


本日の走行254キロ。
やっぱり天気のいい日に走りたいな。。。(・ω・)
d0032222_20201118.jpg

d0032222_15275325.jpg

by tama_photo | 2011-08-05 20:15 | ドライブ・旅行 | Comments(2)

夏は山

朝6時半に出発。毎度のスクーターヲヂさんと一緒に、大分・福岡一般道ツーでおます。
同級生のスクーターヲヂさんは、なにかと目標を立ててそれを完遂するのが好きなようでつ。
ホンダドリームが主催した昨年の九州道の駅スタンプラリーも、すべての道の駅を制覇し、記念品にiPodをもらったとか。。。ちなみに、九州の道の駅は100以上あり、昨年すべてを制したのは2人だったそうな。。。
今年は、またもや全制覇、やり遂げたそうでつ。。。( ̄∀ ̄;)
彼はそのほかにも、パソコン上の九州地図に自分が走った道を書き込んでいて、まだ走ったことのない道があると、大した用もないのにそこへ出かけていくのでつ。(T.T)
今回は、その道路地図を塗りつぶしたいために計画したツーのようで、すべて一般道というのもうなずけます。

1時間半で道の駅小国に到着。山は涼しい、というより、寒い。もっと厚着してくりゃよかった。
d0032222_17175253.jpg
ミラー張りの小国ドームも、まだ閉まってます。

宝泉寺温泉-玖珠-院内を通って宇佐市へ。このコースは九州でも指折りに好きな道です。
何年か前、院内で国道をわがもの顔に歩くイノシシを見ました。動物注意の標識はよく見かけますが、本物を見たのは初めてでした。走るときは用心しましょう。

宇佐から中津へは、じつに退屈な道でした。片側1車線ではみ禁。車はノロノロ。
これもスクーターヲヂさんの地図を塗るためじゃー。(`(エ)´)ノ_彡☆ウラァー!!
やっと到着、福澤諭吉旧居。
d0032222_17255043.jpg

「お土産は一万円札を1万円で売ってるのかなぁ」なんて冗談を言いながら中に入ると・・・
d0032222_1727694.jpg
とても質素な造りでした。
もちろん政府の重鎮になってからは東京の豪邸に住んだのでしょうけれど。
一万円札のお土産はなかったものの、資料館には造幣局から寄贈されたA000001Bの一万円札が展示してありました。A000001Aはどこに?

中津を過ぎれば、すぐ福岡県に入ります。
上毛町(こうげまち)、豊前市、行橋市など、名前は耳にしたことがあるものの、行ったことのない町を通り過ぎて、関門海峡を目指します。
ふと、北九州空港のことを思い出しました。
ハーレー乗りの知人がブログで「北九空港への道はとってもいい」と紹介していたのを思い出したのです。
インターコムでスクーターをぢさんに話しかけると「OK」の返事。
案内看板に従って行くと、おお、こりゃすごい道だ~。
d0032222_17381475.jpg
まるで海の上を滑走しているような気分です。(^o^)/

調子に乗って、走りながら左手でパシャ。
d0032222_1740349.jpg
スクーターヲヂさんは動画まで撮ってたようで、2人とも爽快な走りを満喫できました。

関門海峡は、歩いて渡るのが目的です。
車道とは別の場所に、歩行者、軽車両(自転車と原付)専用の出入口があります。
エレベータで60mほど下りると、専用通路が。。。
途中で福岡県と山口県の県境があって、ホレ、歩いて山口県に来ましたよ~。
d0032222_17445349.jpg
ちなみにこの通路、全長は800メートルほどあります。通路は水平じゃなく、下ってまた上るというパターン。
自転車やバイクは押して歩かないといけないので、けっこうきついかもしれません。
歩行者は無料、軽車両は20円だったっけ。

帰りも一般道です。
ワタシはもう高速でもよかったんだけどな~。
いやな予感は当たるもので、道の駅英彦山(ひこさん)を過ぎてから夕立に見舞われました。
d0032222_1757230.jpg
たこ焼き屋の軒先を借りて雨やどり。
しばらくしてハーレーが2台、雨やどりやってきました。うち、1台はとってもカワイイ女性だったと、出発した後でスクーターヲヤヂから聞いたけど、見損ねましたがや。( ̄∇ ̄;)
もう4時半を過ぎているというのに、これから日田市へ行き、小国~ミステリーロードを通って帰るというのですから、先は長い。それでも走る一般道?
濡れた身体で走る山中は、寒かったですぜい。(TдT)
午後7時過ぎに帰着。
走行距離は441キロでした。高速ナシでこの距離を走るのは、けっこう大変でした。
by tama_photo | 2011-07-25 18:13 | ドライブ・旅行 | Comments(2)

ゲージツの夏?

d0032222_0123079.jpg
さわやかな青空で気持ちよさそうですが、実際はものすごくむし暑いのデス。
土曜日、大分市美術館へ「テオ・ヤンセン展」を見にいってきました。
土曜日から始まりました。つまり「初日」です。
テオ・ヤンセン氏はオランダ出身の彫刻家。物理学者でもあるそうで、私はどちらかというと、そっちのにおいを感じました。ゲージツよりもコーガク(工学)のほうをです。

ここに動画を埋め込もうとしましたが、うまくいきません。何が悪いのやら・・・。
初日ということで、デモンストレーションもあまりうまくいかなかったので、動画はナシにしましょう。蹴り脚が滑ってしまうようです。
d0032222_0414942.jpg

9月30日までのロングランですから、どうぞ興味のある方はお出かけください。

涼を求めて
梅雨明け早々の大分も、熊本に負けないくらい暑かったです。
別府へ回って、途中の鶴見岳ロープウェイに乗りました。
標高差800mを10分で上ります。着いた頂上は標高1,100m。
ざっと計算しても、7℃は低いことになります。風が超涼しかったッス。
往復1,400円ですけど・・・。
d0032222_23365822.jpg

国道を西へ、どんどん高度を上げていくと、やがて湯布院。
雄大ですね。
d0032222_23392389.jpg

道の駅ゆふいんで遅い昼食をとり、さらに国道を西へ進むと雨が降り始めました。
金曜日は40%だったのに降らず、今日は30%でこのありさま。
軒先を貸してくれたおじちゃん、どもありがとう。m(_ _)m
役に立たない予報の気象庁も、どもありがとう。m(_ _)m
d0032222_23515461.jpg

西側はまだ降りそうな雲行きだったので、飯田高原から右折して湯平・宝泉寺温泉へ。
小国~中津江~菊池を通って帰りました。
本日の走行296キロでした。
例によって赤が往路、青が帰路です。
d0032222_16311166.jpg

by tama_photo | 2011-07-11 00:41 | ドライブ・旅行 | Comments(5)

ソロ・ツーリング

13日の月曜日、土・日でドカッと降った雨があがったようなので、天草へソロツーリングしてきました。
通院やら自動車税の納付やら、雑事を済ませたら出発は11時になってしまいました。
国道57号を西へ。
干潮だったので、御輿来海岸からきれいな干潟が見えました。
潮干狩りしてる人が左端に小さく写っています。
d0032222_1039388.jpg

教良木から広域農道へ入りました。
d0032222_223932.jpg
この道路はいつ通っても車が極端に少ないです。
少し寒かったこともあって、今日は安全運転で走ります。

峠からの眺め(北西方向)。けっこう高いところを走ります。
遠く有明海が見えているのですが、かすんでハッキリ見えませんね。
d0032222_10422622.jpg

2時過ぎに牛深港に到着。
天気予報では「くもりのち晴れ」でしたが、一向に太陽が顔を出さないので寒くて仕方ありません。
たまらずスーパーでデニムの上衣を購入、1,300円ナリ。
バイクに乗るときは、最も寒い場合を想定して身支度するのが原則・・・と分かってはいるのですが、もう何度も失敗しています。
「まぁ、よかろう」で出発すると、だいたい痛い目(寒い目)に遭います。
こうやって旅先で衣類を調達するのは、たしか3度目? いや、4度目?

ハイヤ大橋
第一の目的は、牛深ハイヤ大橋を渡ること。
牛深にはもう何度も来ているのに、まだ一度も渡ったことがなかったのです。
d0032222_10531326.jpg
港側(写真では左側)から渡ると、大きく右にカーブしながらどんどん上へ。
走っているとまるで空へ離陸しそうな感じです。

これは帰りのフェリーから撮ったもの。写真右方向に港があります。
d0032222_10555023.jpg
橋の途中に交差点(T字路)があって、そこを曲がると海水浴場のある下須島へ渡れます。

これはその下須島からの写真。
いったん左カーブして、途中から右へほぼ360度曲がって大橋に出ます。
d0032222_1058207.jpg

フェリー乗り場の喫茶店で遅い昼食を済ませて外に出ると、「これ何年式?」と、タクシーの運転手さんが話しかけてきました。
カワサキのW1系を右チェンジの時代から何台も乗ってきたそうな。
今はカワサキの250に乗ってるけど、またWが欲しい、きっと手に入れる、と言ってました。

このまま陸路を戻るか、ずいぶん悩んでフェリーの切符を買いました。
d0032222_1142434.jpg

30分で鹿児島県の長島に渡りました。
ここはもう何度も訪れているので、どこにも寄らずに家を目指します。
やっぱり陸路がよかったかな~・・・なんて考えながら。
でも、フェリーで渡った理由はもうひとつあったのです。それは
ミカエル堂(八代市)のシュードーナッツを買う
写真はHPから借用d0032222_1113764.jpg
秘密のケンミンSHOWで紹介された「シュードーナッツ」は、中にキャベツとひき肉が入ったパン。
おいしそうだったので、一度は食ってみたいと思っていました。
が、もう閉まっていました。( ̄∇ ̄;)
TVで紹介されて、爆発的に売れ出したのでしょう。
「当分の間は売り切れたら閉めます」と張り紙がしてありました。

八代からの帰り道では、後ろから来たXS650の若者から声かけられました。
「いい音してますね」と、信号待ちで二言三言、会話しただけでしたが、XSは以前乗っていたことがあるので、なつかしさで感動しました。
どこかに停車してゆっくり話したかったなぁ。
宇土付近では薄暗くなり、ライトを点灯。
ショッピングセンターの駐車場から飛び出そうとした四輪に、あやうく衝突しそうになって肝を冷やしました。
やっぱり、出発がちーとばかり遅かったッスね~。

本日のコース。
走行距離は260キロでした。24.6km/ℓ。
初めてリザーブ(補助)タンクを使いました。
d0032222_22294121.jpg

by tama_photo | 2011-06-17 11:27 | ドライブ・旅行 | Comments(6)

御池・霧島

休みの日はなんだか早く目が覚めて・・・。
目覚ましをかけないのに4時頃起床。5時半にはバイクで出発しました。
天気がイマイチだし、行き先はとくに決めてなかったのですが、以前よく家族で行ってたキャンプ場がどうなっているのか気になって、そこまで行くことにしました。
宮崎県高原町の御池(みいけ)キャンプ場です。
300年ぶりの噴火で話題になった新燃岳から直線で8.5キロの所にあります。果たして・・・。
FinePix XP10
d0032222_1624628.jpg
新緑を映す御池。
土曜日なのに人が少ないだけで、いつもと何も違いません。
こちらは持ち込みテント用のサイト。
d0032222_18472921.jpg

管理人さんに聞いてみました。
ここ1ヵ月は鎮静しているが、火山灰と火山礫がかなり降り注いだとのこと。
掃除に追われたそうです。
d0032222_1848662.jpg
花壇の、ツツジに隠れた部分を見てみるとこんなに。
黒い火山灰と一緒に5ミリ~1センチの火山礫が降り積もっていました。

終息宣言が出るまでは、お客はなかなか増えないでしょうね。
募金箱に協力金をホンの少し、入れました。

御池を後に、国道223号を霧島方面へ走ります。道路上に火山灰はまったくありませんでした。
今の季節、緑がほんとうに気持ちいいです。
d0032222_18563291.jpg

霧島温泉を過ぎたところで「霧島アートの森」の看板を見つけ、右折。
ここは以前、家族で一度行ったことがあります。
展示が変わっていることを期待して進みます。
近くに来ると道端にも彫刻が展示してあり、駐車場入口にはこの大きなモニュメント!
シャングリラの華 作:草間彌生
d0032222_1943597.jpg

美術館の外観はこんな感じ。巨大なアルミ製弁当箱?
d0032222_198420.jpg

d0032222_198328.jpg
窓です。
手前の木と一緒に
フクロウ!(-_-;)

失礼しました。。。

入館料は300円です。

ホントは撮影禁止。ですが、1枚だけね。
許してちょ。
d0032222_19104826.jpg

これは館外なので撮影可。
大きさを比較するものがないけど、高さは2.5メートルあります。
赤い靴 作:草間彌生
d0032222_11365128.jpg
現代アートですね。よう分からんけど・・・。

朝、早かったのでなかなかお昼にならず、とうとう昼食をとらずに1時半頃、熊本まで帰ってきました。
行きが赤、帰りが青です。本日の走行、327キロでした。
d0032222_2342466.jpg

by tama_photo | 2011-05-22 19:24 | ドライブ・旅行 | Comments(0)

黒木町~星野村 またも

友達Ninja400と福岡県の黒木町、星野村へ行ってきました。
市町村合併で、いまはどちらも八女市になっています。
黒木町はカミさんにソックリの・・・\(-。。-# ウソツケ 黒木瞳さんの出身地。
星野村は星野仙一監督の出身地・・・なわけない\(-。。-#
玉露の産地で有名な山深い村です。

黒木町の大藤は、樹齢600余年。
FinePix XP10
d0032222_0355953.jpg

去年のGWは家族で出かけましたが、時期が少し遅くて、もう散りかけていました。
今年は冬が寒かったせいか、ちょうど今が満開。
空が見えないくらいに咲き誇っています。
d0032222_040204.jpg
花のシャンデリアだ~。
ツツジやサツキみたいに鮮やかな色ではないけれど、ほんのりと、ジンワリと、語りかけてくるような美しさがありますね。
あぁ、藤の花のような女性(ひと)に会いたい・・・。(-"-)

私らは年に1回、フラッとやってきて見るだけ。でも維持管理は大変なんでしょう、きっと。
d0032222_047611.jpg
大藤祭りの最中だったので、テント村でバザーのセリご飯と焼きそばを食べて、星野村で玉露をいただきました。

じつは先週、26日にも黒木町と星野村を訪れました。
今日はまったく予定外だったのですが、友人が「明日が仕事になった。今日しかバイクに乗れない。どこか連れてってくれ」というもんですから、近場で彼がまだ行ったことのない場所、ということでここにしました。
黒木の藤棚も星野村の玉露も初めてだったようで、満足してくれました。
オレ、星野村はもう7回くらい行きます。。。

Ninja 400R
d0032222_12252579.jpg
玉名市からの広域農道は友人に先を走ってもらいました。
慣らしが終わったNinja400のパフォーマンスがどれくらいか、確かめてみたかったこともあります。
結論は、速い!
ついていくのが精一杯、というか、上り坂での加速では置いていかれます。
Rの緩やかな高速カーブは、トラだとフレームとサスの弱さから「怖い」と感じる速度で、Ninjaはスイスイ走っていきます。
きついカーブでやっと距離を縮め、立ち上がりでまた離される―というパターン。
Ninja400はMade in Thailand とか。
現代バイクのすごさをかいま見ました。

追伸:賢い選択
400ccでフルカウルとなると、意外にも他にライバルはいません。
ちょっと大きくなりますが、CBR600RRなんてのがあるものの、これは完全な「走り屋」バイクできつい前傾姿勢。
なので、ツーリングには向きません。
機能、性能、スタイル、価格。
ツーリング好きにとってNinja400Rはグッドチョイスです。

本日のコース。
d0032222_16393217.jpg

by tama_photo | 2011-05-05 00:57 | ドライブ・旅行 | Comments(0)

30日、カミさんが行きたいという場所(阿蘇)へ行ってきました。
ふだんの休みというと、私は家族がまだ眠っている時間からバイクで出ていく困ったヲヤヂなので、たまには家族孝行しないとね。
まぁ、天気予報も「夕方から雨」だったので、バイクで出かけるには不安な状況だったということもあります。

フォークスクールへ
南阿蘇村の「フォークスクール」は、廃校になった小学校校舎を再利用してNPO法人が活動しています。
活動のメインは「創作」。
数年前のイベントで作った黄色い手が出迎えてくれました。
D700 AF50/1.4D
d0032222_14445055.jpg

この日は大学生らしい若者が数人で下駄箱を塗装していました。
これはカッパ? 魚? それとも宇宙人?
d0032222_1446922.jpg

昔の教室がそれぞれ「工作室」「イベント室」「資料室」「えほんの部屋」などとして使われています。
d0032222_14473844.jpg

昼食は学校のすぐ隣の「たにやま」。オーナーの苗字が谷山さん。
古い牛小屋を改装したものだそうです。
d0032222_1450136.jpg
赤牛定食をいただきました。コーヒーまでついて800円は安い。
写真は撮るのを忘れました。

遅咲きの水仙が一輪。
d0032222_14535590.jpg

金属細工のVESPAを1台購入。
これで6輪態勢だ。ヾ(ーー )ォィ
d0032222_1459487.jpg

春の阿蘇路はバイクが多かったですね。
街中でも後ろにキャンプ道具を満載したバイクをたくさん見かけました。世間はGWです。
帰りはグリーンロード南阿蘇を通りましたが、大型バイクが何台か抜いていきました。途中から降り出した雨に遭わなかったらよいのですが・・・。
by tama_photo | 2011-05-01 15:08 | ドライブ・旅行 | Comments(4)

開聞岳へ

4月24日(日)、薩摩半島南端の開聞岳へ行ってきました。
天気予報では、福岡や熊本は雨だったのですが、南の鹿児島・宮崎は「晴れ」のはずでした。
できれば身軽な格好で行きたいところ、嫌々ながらお土産収納のためにシートバッグを装着。
d0032222_22234548.jpg

今回もスクーターの友人と2人です。
彼は今年も九州の道の駅全制覇を狙っていて、今日は4カ所を回る予定。
福岡方面なら1日で20カ所も回れるそうな。鹿児島は少ないんですね。

見事なハズレ予報
八代を過ぎたあたりから、雨がポツポツ・・・。
そんなにひどくはありませんが、予報が「晴れ」だっただけにショックが大きい。
しかも、かなり暖かいだろうと思って軽装できたのがアダになりました。寒~い。。。
さて、雨があがったころ着いたのが薩摩川内市。
いま、話題が集中していますね、原発に。
川内にもあります。この川の下流側。
緊急点検で全国の原発はストップして、なかなか再開できない状況なのかな。
どこといって特徴のない橋ですが、初めて渡る「川内川大橋」です。
d0032222_22293733.jpg

これって珍百景?
今回のツーリングの目的のひとつが、このトンネルです。
開聞岳の麓、西側にあります。
道がだんだん狭くなってきたところで、このトンネルが現れます。
なんとなく不気味なのよね~。照明もないし・・・。
d0032222_22394884.jpg
とにかく狭い。
自動車は、たとえ軽でも離合できません。
照明のように見えるのは天窓から差し込む自然光です。
d0032222_224234.jpg
じゃあトンネル掘らなくてもいいじゃん・・・と言いたくなりますが、土砂崩れが多いのかな?
数カ所に離合場所がありましたが、よくこれで文句が出ないものだと感心しました。きっと交通量が少ないのでしょう。
独りで入ると、かなり怖いと思います。

目に青葉 胃袋に初カツオ
d0032222_2247741.jpg
昼食は長崎鼻近くのレストランで、カツオのたたき定食をいただきました。
薬味のニンニクがおいしかったです。けっこう匂いますけど、バイクだからいいか。
友人は黒豚トンカツ定食。
かごんまは まっことうまいもんが ごわんど。

薩摩半島最南端の長崎鼻へ行きました。
長崎鼻灯台は昭和32年の完成。
小さなタイルがビッシリと張ってありました。
d0032222_23191747.jpg

長崎鼻から臨む開聞岳。通称「薩摩富士」です。
きれいな稜線。登ると相当きついそうです。
ヌケが悪かったなぁ。春は仕方ないですね。
d0032222_2337815.jpg

土産はかるかん
錦江湾沿いを北上して鹿児島市内へ。
土産はかるかんにしました。
明石屋という店です。さんまは関係ありません。
ここのは高いけど、おいしいのです。
前回は空港の売店で求めましたが、今日はデパートの横の本店。製造所でもあります。
すごく風情のある店構えでした。
写真は店の中から撮りました。
d0032222_22521526.jpg
シートバッグにちょうど、まるで計ったかのようにピッタリ入りました。

回った道の駅を紹介します。
1 南さつま市の「きんぽう木花館」(看板だけですが・・・)
2 南九州市の「川辺やすらぎの郷」
3 指宿市の「いぶすき彩花菜(さかな)館」
4 鹿児島市の「喜入」
d0032222_23171289.jpg

このツーリング中にサイクリストをたくさん見かけました。
この人は長崎鼻灯台の所まで、自転車を乗り入れてました。
バイクは入れませんが、自転車だとけっこういろんな場所にまで行くことができますね。
まぁ体力勝負ですけど。。。
ご苦労さまです。
d0032222_23241479.jpg

今回の走行は496キロでした。
d0032222_23302724.jpg

60キロ前後でおとなしく走ると、燃費は25~26キロ/ℓ。
高速を100キロオーバー、4,000回転キープで走ると、20キロ/ℓまで落ちます。
アップハンドルなので、高速は苦手です。
by tama_photo | 2011-04-25 23:36 | ドライブ・旅行 | Comments(4)

伊王島

天気に恵まれ、友人らと長崎の伊王島へツーリングしてきました。
島をつなぐ伊王島大橋が、先月開通したばかりなのです。
集合場所は長洲港フェリー乗り場。熊本から港まで30数キロあります。
忍者部隊月光参上!\(-。。-# ソンナギャグ ダレモシランテ・・・
d0032222_21154234.jpg
友人のSくんは新車のNinja400。まだ慣らし中。
Kawasakiといえば明るいグリーンがイメージカラーですが、黒もあるのね。
私が譲ったSR500からの乗り換えです。

多比良港から広域農道を通って諫早へ。車の多い長崎市内を抜けて伊王島へ着いたのは昼近くでした。
Mくんは黒のフォルツァ、Uさんは白のスカイウェイブ。どちらも250。
d0032222_21241493.jpg

団体様お断り
橋が開通したばかりだったので、たくさんの車とバイクが島に押し寄せていました。
食堂は50分待ち。島を一周しようとしたら、通行止め。
交通整理していた人に聞いてみたら、「この先に灯台と公園があるけど、駐車場がないので島民以外は進入を遠慮してもらっている。進入禁止ではない。大勢でなければ行ってもいいよ」とのこと。
ほんじゃぁと、バイク4台で灯台へ。
d0032222_21334191.jpg
海がとてもきれいでした。
d0032222_21403036.jpg
灯台の近くに灯台記念館があったので、中に入りました。
昔はここに燈台守が寝泊りしていたようです。
洋館で、暖炉があったり、けっこう豪華な造りでしたよ。
昔の石油式白熱灯や蓄電池、レンズのカットモデルなどが陳列されていました。
入場無料。

伊王島は10年ほど前、家族旅行で訪れたことがあります。
もちろん船で渡って、レンタカーも何もないので、スペイン風のリゾートホテルで2泊ほどして、ホテルのプライベートビーチとプールでチャプチャプ水遊びしただけですけどね。
そうそう、ここはレゲエの大きなイベントが毎年開かれていたのでした。最近は聞かないから、もうやめちゃったのかな?
橋ができて観光客がドッと押し寄せて、島はまだ受け入れの準備ができていない、そんな印象でした。

なぜに?長崎ちゃんぽんリンガーハット
そういうわけで、伊王島での昼食は無理だということが分かり、長崎市街地に入ってすぐのリンガーハットで長崎ちゃんぽんをいただきました。
リンガーハットはウチのすぐ近くにもあるので、どうせ同じ味だろうと写真は撮りませんでした。
しかし、食べてみると、これがビミョーに味が違うのです。
熊本の店と比べると、ちょいとアッサリ風でした。
見た目は一緒ですから、写真がなくても、まっいいか。

道の駅そとめ
乙女大橋を渡って角力灘(すもうなだ)をながめつつ北上。着いたところは道の駅そとめ。
外海と書いて「そとめ」と読むようです。
ここに来るのは、たしか3回目。
すぐ近くに遠藤周作文学館があるのですが、一度も入ったことがありません。
だって、本読まねぇし。。。
なぜかパノラマ風に道の駅。
d0032222_2152452.jpg

d0032222_2243780.jpg
ここはライダーのたまり場でした。
30台くらいいたかな。
8割はハーレー。ボスホスという超弩級のバイクもいました。
コテコテに改造したバイクも多く、みんなバイク談議に花を咲かせているようでした。
ちょっと走って、あとはおしゃべりを楽しむのが好きなのかな。
私らは、ただひたすらに走ります。
この後、桜が満開の西海橋を渡って佐世保に入り、大塔ICから高速でびゅ~んと帰りました。

ベストシーズン
いまの時期がバイクに乗るには一番だと思います。
朝と昼の温度差はありますが、我慢できないような冷たさはもうないし、昼は汗ばむほどの陽気です。それに日が長い。
また、景色もいいですね。
花が咲き乱れ、堤防沿いを走ると菜の花のにおいが漂ってきます。
途中、何度か桜吹雪の中を走りました。もう最高!
本日の走行380キロでした。
分かりづらいですけど、コース図。
行きが赤と青(フェリー)、帰りが緑です。
d0032222_11145558.jpg


おまけ「ポロリ事件」
高速を走行中にエアクリーナーが脱落。紛失してしまいました。
じつは朝方フェリー乗り場に集まったとき、すでに一度、落ちたんです。
最初の写真をよく見てください。右側のキャブがエアファンネル状態になっています。
ん~で、エアクリーナーはどこかというと、ギヤボックスの上に。。。
緩んで外れて、奇跡的にギヤボックス上に残っていました。
こりゃいかんバイと、取り付けてホースバンドをマイナスドライバーで締め付けたのですが、まだ緩かったのでしょう。
帰りの金立SAで気づいたときには、エアクリーナーはなくなって消えていました。
「落ちてもいいように、次は名前と電話番号を書いとけよ」とMくん。( ̄∀ ̄;)

ほんで今日、レストアスクールで購入。
6.3kでした。
今度はゼッタイ落ちないように、スパナで締め付けましたよ。
左側も緩かったッスね~。両方落とさなくてよかった。。。(^^;
by tama_photo | 2011-04-11 22:10 | ドライブ・旅行 | Comments(6)

佐賀関・臼杵・原尻

土曜日(2月26日)、友人のスクーターマンと2人で大分へツーリングしてきました。
日曜日が雨の予報だったので、仕事の予定が入っていた彼を
「明日(土曜)しかなかバイ。日曜は雨バイ」
と、無理矢理誘ったのです。
友人は誘いにすぐ引っかかります。^m^

ここのところ暖かい日が続いていたので、下はヒートテックに防風ジーンズという、やや軽めの服装で出たのが失敗でした。
道の駅波野の気温は5℃。
さ・ぶ・い・・・。
電熱グローブのおかげでなんとか九州山脈を越えて大分へ入ることができました。
目的地のひとつ「道の駅さがのせき」です。
FinePix XP10
d0032222_23505075.jpg
前回訪れたときは、建物にシロアリの被害があることが判明して閉鎖中でした。
写真右側の黒っぽい展望台はそのままですが、左側は立て替えられたばかりです。
ん~、建築費をかなり抑えたようでつね。。。(-"-)

豊後水道の青い海には、関アジ・関サバがおりますが、前回食べたのでパス。
d0032222_23571290.jpg

佐賀関港フェリー乗り場。
3月下旬に行く予定の四国には、ここから渡る予定でおます。
d0032222_23581744.jpg

第2の目的地は臼杵の石仏群。
あの有名な、まるいお顔の石仏を、ワタシは教科書や観光パンフで見たことはあっても、実物をまだ見たことがなかったのです。
友人も数十年ぶりに来たとのことで、以前とはずいぶん変わっている(整備された)そうな。
d0032222_02274.jpg
土産物店が並んでいます。
周辺も公園化されているようで、工事のブルドーザーやダンプが動いておりました。

これが「石仏」と称される「大日如来坐像」です。
d0032222_035649.jpg
人間と比べると、大きさが分かりますね。

屋根が作られて照明もついてますが、以前はこのように頭が地面に落ちて野ざらし状態だったのです。
d0032222_052910.jpg
「昔のほうが趣があってよかった」と友人。
なんたって「国宝」ですから、朽ち果てていくのをそのまま見過ごすわけにもいかんのでしょう。
平成2~3年頃に修復されたようです。

ついでに、原尻の滝も見学。
ここは柵も何もありません。
こうやって滝の先端まで行けます。飛び込みだってできる鴨よ。\(-。。-#
d0032222_01032.jpg

道の駅三重にも立ち寄りました。
大分なのに、なんで「三重」なんでしょう。
d0032222_014595.jpg
でもここは高台にあって、見晴らしは抜群です。

思わぬトラブル
熊本の街中に入って渋滞に巻き込まれていたら、ETCのパイロットランプが点いたり消えたりしました。
あれっ、どうしたんだろう? と様子を見ると、アイドリング状態でランプが消え、スロットルをひねると点きます。
もしかしてバッテリー上がり?
急きょカメラのキタムラの駐車場にバイクを入れて小休止。
アイドリングではウインカーも点きません。
スロットルをあおると、ライトの明るさが大きく変わります。
電熱グローブの結線を外し、ノロノロ運転のときはヘッドライトを消して走ることにしました。

後日、スクールでそのことを報告したら、やはりバッテリー上がりとのこと。
電圧を測ったら、エンジン停止状態で10ボルト台しかありませんでした。
10ボルトというのは、ボイヤー(電子点火装置)がプラグに火を飛ばす限界状態だそうです。
元々バッテリーの容量が少ないうえにヘッドライトがハロゲン、わずかとはいえETCに電気を送り、加えて電熱グローブを使いましたから、渋滞に巻き込まれて一挙に放電過多になったのでしょう。
この年式のバイクには、走行中のヘッドライト点灯の義務はないそうなので、危なくないときは消して走ることにします。
d0032222_0302463.jpgつなぎっぱなしでいい充電器も買いました。
オークションで5kほど。
バッテリーにソケットをつないでおけば、ラジコンカーへの充電のように、家で簡単に充電できます。
それにしても、エンストせずによかったです。
by tama_photo | 2011-03-03 00:38 | ドライブ・旅行 | Comments(2)