<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アルバム

引き出しからちょっと黄ばんだ古い写真を発見。

d0032222_8533241.jpg

サービスサイズのプリントの、左4分の1くらいをスキャンしました。面積としてはハーフサイズのそのまた半分ですから、画質はご勘弁。カメラはたぶんカミさんのティアラズームでしょう。
これは父の7回忌がお開きになった後、集まった親戚の人を見送って実家に戻る途中です。
子どもが生まれてしばらくは定期的にアルバムを作っていましたが、だんだんと億劫になり、撮りっぱなし状態がもう何年も続いています。ビデオに至っては録画するだけで、ほとんど再生もしません。もっとも私は動画があまり好きではない・・・と言い訳。
日付が「94 11 5」と入っていました。デート機能は嫌いだけど、あればやっぱり便利ですね。
私40歳、娘2歳。私は今よりも髪の毛が多く、娘は驚くほど小さい。13年の時の流れを感じます。
by tama_photo | 2007-09-21 09:07 | カメラ・写真 | Comments(4)

ボケ

D40x Ai-Nikkor50/1.2s開放 ISO:800
d0032222_19171296.jpg

とあることから「ダカフェ日記」というHPの存在を知りまして、そこにアップされた写真に少なからぬ衝撃を受けました。
包み込むような光と背景のやわらかなボケが、もうなんともいえないのであります。もちろん、父親の視点で描き出されたお子さんたちのかわいい表情やしぐさも素晴らしいのですが。。。
銀塩のときに当たり前だったこと(背景の美しいボケ)を、デジタルになってからはすっかり忘れてしまっていました。

Nikkor 50mm/f1.2sでボカす
D40xにAiレンズだと、当然マニュアル撮影になります。でもデジタルはその場で露光の具合が確認できるので、露出に関してはそれほど不自由ではありません。問題はピントと画角です。
ピントは手動で合わせますが、これが非常に分かりづらい。D70より改良されたとはいえ、D40xのファインダーは銀塩カメラと比べて倍率がまだまだ低く、ピント合わせは早い話が勘に頼るほかありません。
(フォーカスエイドがあることを後で知りました)(^^;
オートブラケットという多段階露出のように、手前から奥まで多段階ピントでシャッターを切ります。
それと画角が1.5倍、75ミリ相当になるのでこれも不満ですね。
ちなみにダカフェ日記の写真はEOS5Dに50/1.4だそうです。一度ご覧になってください。ホントきれいです。
by tama_photo | 2007-09-16 19:43 | カメラ・写真 | Comments(2)

D40x

デジタル一眼を買いました(買い増しました、か?)。D70、D2xに次いで3台目です。
今年中にはD3の発売が予定されていますが、D2xの大きさに少々手こずっていたので、小さくて画質のいい(お財布にもやさしい)D40xにしました。レンズは手持ちのAF-Sが数本あったので、購入はボディのみです。


廃船金冨丸 レンズ:シグマ10-20mm
d0032222_10383947.jpg

1000万画素を超える画質に文句はありません。シャッターのレスポンスやAFの精度もよく、なんといってもコンパクト・軽量さがよかとです。撮影会にも、余分にレンズを1本持って行けそうです。


桟橋 レンズ:DX-Nikkor VR18-200mm
d0032222_10475226.jpg

D2xを使っている友達がいますが、彼もその大きさに辟易し、普段撮りはパナソニックのFZ-50(一眼レフタイプ)です。
その彼がD40xには驚いていました。FZ-50よりも小さいのですから。
D2xを使うシチュエーションは、動きが早くて枚数をたくさん撮るような場合ですね。航空ショー、自動車やバイクのレース、スポーツ、鉄道etc。私の場合は運動会ぐらいかな。

ムツゴロウ レンズ:DX-Nikkor VR18-200mm
d0032222_1123952.jpg

ボディが小さいので、これまでのレンズが大きく感じます。あと6千円ほど出せばAF-Sの18-55mmがキットでついてきたのですが、18ミリからのズームはD70についていた18-70mmがあったので節約しました。
しかし、定価2万円のレンズがカメラと一緒なら6千円で買えるって、なんだか紳士服のセールみたいだなぁ~。(/_;)
by tama_photo | 2007-09-08 11:22 | カメラ・写真 | Comments(3)

ライカで長崎

歌の文句じゃないけれど、今度の長崎は初日が雨でした。
d0032222_11411349.jpg

カメラはライカM6TTLとエルマリート28ミリ。カメラ1台、レンズ1本。
自分でも「いさぎよい」と思えるほどの装備で(じつはコンデジ持って行くのを忘れた)、まぁ仕事だから、あまり荷物がかさばってもマズいのです。
ライカはAEのついたM7もあるんですが、なぜマニュアルのM6にしたかというと、最近とんと使ってないから。
これはレンズも同じで、M7はファインダー倍率0.85倍をセレクトしたため、28ミリ枠がなくてエルマリート28ミリもとんと出番がなかったのです。たぶん、ここ4~5年はまったく使ってないと思います。
それで、冷や飯食いコンビの出番となった次第。こういう機械モノは使ってやらないと、ホントに壊れてしまいますからね。


眼鏡橋
会議の会場から近かった眼鏡橋へ足を伸ばしました。小学校の修学旅行以来だと思います。ということは40年ぶり?
その間に、水害で一度は流された橋が、ちゃんと元どおりになってきれいな姿を見せてくれました。
今回の長崎は1泊2日でカラーネガ36枚撮りを2本使いましたが、満足できる写真は1枚もなかったなぁ。
暑くて撮影に集中できなかった。夏は写真にとって不幸な季節です。
d0032222_1151519.jpg

発見と紛失
久々にM6を使ってみて気づいたことがいくつか。
電池が消耗すると、ファインダー内のLEDが点滅します。点滅といってもON/OFFではなく、明るさが変わるんです。明/暗と。だからちょっと分かりにくい。はじめは露出補正の警告かなと思いました。
それから、メインスイッチをOFFにしていてもシャッターが切れます。このときのシャッター速度はB(バルブ)。M7はメインスイッチを切るとシャッターボタンがロックされるんですけどね。
失敗がひとつ。銀一のレリーズボタンを無くしてしまいました。たぶん市電の中だったと思います。だれか拾ってくれたのでしょうか。拾ってもそれが何だか分からないでしょうね。買うとけっこうするんだな、これが。
by tama_photo | 2007-09-03 12:18 | カメラ・写真 | Comments(2)