<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

3年で1万円

レコードプレーヤーの下に敷いていた磁気アイソレーションボード(SAP RELAXA+2という)を売りました。
手に入れたのが3年前のオークションで、およそ「えわ千円」。それがまたオークションで、およそ「うわ」千円で売れたから、差引3年間で1万円の使用料ということになります。安いといえば、安いですね。
d0032222_934453.jpg

新品は当時「ぬぬえ」千円だったそうです。高っ!
この単純な構造と材質からすれば、今回の売値くらいが妥当かと思いますよ~。
プレーヤーをウェルテンパードに替えたので、寸法が足りずに使えなくなってしまいました。
プレーヤーを浮かすか、ガッチリ固定するか、好みが分かれるところです。
私は浮かせたほうが、音像の定位がよくなったので使いました。ハウリングマージンはほとんど差がなかったように記憶しています。
次はプレーヤー(PRO-JECT RPM9)を売り払います。

↓これね。
d0032222_22112100.jpgPRO JECT RPM9はよくできたプレーヤーでした。5年前にヤフオクで程度のいいものを、定価の半額以下で入手。
キャビネットもダストカバーもなく、ベルトドライブでモーターは完全分離。アームは軽くて丈夫なカーボン製。
音質最優先・機能性重視のアナログプレーヤーですね。デザインはともかく・・・。
ただ、ヘッドシェル一体型のアームはカートリッジの交換が大変です。ステレオとモノラル、MCとMM・・・というように、カートリッジをとっかえひっかえ聴くようなことができません。
プラッターの周囲が何もないので、どうにかしてユニバーサルアームをもう1本追加したかったのですが、実現する前に手放すことになりました。
そして次のアナログプレーヤー(ウェルテンパード)も、アームはヘッドシェル一体型。
ですが、ものは考えよう。カートリッジで「あれでもない、これでもない」と悩まずに済むから、これでよしとします。
by tama_photo | 2010-08-30 09:46 | Music & Audio | Comments(2)

にょろにょろ

「クワズイモ」という観葉植物です。娘が育てています。
あまり日に当てたらいけないそうで、かといって室内にばかり置いていると…。
EOS5D-MkII,EF50mm f1.4
d0032222_22533658.jpg

どう見ても、モヤシです。。。ヽ(  ̄д ̄;)ノ

にょろにょろの思ひ出


d0032222_2321121.jpg私が小学校2年のころ、学校で植物を育てることになり、それが何だったかは忘れましたが、1人に1鉢があてがわれたのでした。
ふだんは朝から水をやり、外に出して日光を当てておりました。休みの日は教室の中へ移動させていました。
私はとても大事に育てていたので、鉢を戸棚の中に入れて戸を閉めました。
月曜日に戸棚を開けると、自分の鉢植が大きく成長していることに気づきました。
「こらエエばい。。。」と、私は外に出すのをやめ、ずっと戸棚の中の暗闇で育てることにしました。
毎日毎日、茎だけがにょろにょろと伸びていきました。
で、とうとう花の咲かないまま、枯れてしまったのは言うまでもありません。(;д;)

このクワズイモを見て、ふとそのことを思い出したのでした。
by tama_photo | 2010-08-23 23:01 | others | Comments(2)

赤外線感知式照明

「センサーライト」という、限りなく日本語英語に近い名前の照明が壊れました。
玄関の土間につけて4~5年使ったと思います。わが家の玄関には照明のスイッチがありません。玄関から上がって部屋をひとつ抜けて居間にまで行かないと、その間ずっと真っ暗なので仕方なくセンサーライトをつけたのでした。
そのライトの照明が点きっぱなしになって消えないのです。
センサー部分を分解してみましたが、電気オンチの私に分かろうはずもありません。(T.T)
ホームセンターへ行くと、一時期ほどの品数はありませんでした。照明器具売り場はいま、LEDだらけです。
一番コンパクトなやつにしました。1,980円です。LED電球1個分くらいかな?
PENTAX I-10
d0032222_23333574.jpg

壊れたのはOHM電機製でMade in China。今度のはELPA製で、えーっと、あぁこれもMade in Chinaですね。
OHMのがいくらだったか忘れましたが、センサーの反応はOHMのほうが敏感でした。電球もOHMが汎用性の高いねじ込みソケットのレフ球なのに対し、ELPAは差し込み式ハロゲン球です。パッと見も、ずいぶんコストダウンしたなと思わせる外観です。
でもまぁ、安かったからよしとしましょう。
by tama_photo | 2010-08-20 23:50 | ショッピング | Comments(2)

虚弱体質?

蚊ァに刺されると必ず痕が残ります。で、よく刺される。周りが刺されなくても、自分だけはよく刺されてしまう。。。

山中にある自然の家でのイベントに、写真係として駆り出され、森の中で30分ほど写真撮影。終わってから手に痒みを感じました。
「ヤブ蚊にでも喰われたか・・・」と、それほど気にも留めなかったのですが、翌日になって少し腫れ、翌々日になるともっと腫れ、点だった刺し傷が水ぶくれのように肥大してきました。
こりゃマズイと皮膚科の病院へ駆け込みました。
d0032222_20473693.jpg

「地元の人が『セセリ』なんて呼んでる害虫がおるらしい。それかな?」と老医者。
塗り薬と飲み薬ともらってきました。
腫れが手の甲全体に広がったようで、拳をぎゅっと握るのに少々抵抗を感じます。これじゃあバイクのクラッチ操作は厳しいかも。
そんなわけで貴重な休日を音楽鑑賞で過ごしました。
d0032222_2058663.jpg

ウェルテンパードにして、CDよりもLPのほうが多くなりました。(^^;

追記:VERY GOOD
ここ数日、LPばっかり聴いてます。今夜はドゥービーブラザーズを続けざまに、「トゥールーズ・ストリート」→「スタンピード」→「ドゥービー・ストリート」と3枚聴きました。もちろん両面すべて。
前のプレーヤー(RPM-9)だと、古いLPは録音の悪さが気になってあまり聴く気になれなかったのですが、ウェルテンパードは不思議なプレーヤーです。違う音を導き出してくれるような気がします。
惜しいかな、小音量でしか聴けないのであまり大きなことは言えませんが、生きた音が出ているような、LPの情報を余すところなく引き出しているような感じです。
by tama_photo | 2010-08-14 20:59 | Music & Audio | Comments(3)

大物

ひさびさに、オーディオ系の大物登場。
ウェルテンパードというレコードプレーヤーです。
ずっと前から欲しかったのです。オーディオショップで見て、一目惚れしました。音も聴いてないのに・・・。
d0032222_1273050.jpg

このプレーヤーの「キモ」は、オイルバスでフローティングされたアームでしょう。
アームのつけ根部分に見える黒い筒には、粘度の非常に高いシリコンオイルが入っていて、樹脂製の浮きがシリコンオイルに半分浮いています。アームはその浮きの上に乗っています。重さで沈まないように、細いテグス2本で吊ってるのですが、この写真で見えますかどうか・・・。
ターンテーブルのトーンアームといえば、精密なベアリングを使ったり、ダブルナイフエッジ方式にしたり、ピンポイントで支えたりと、ここが腕の見せどころとばかりに各社とも工夫を凝らしています。しかし、このようなフローティング方式は他にありません。
d0032222_129449.jpg

超ネバるシリコンオイルは2時間かけて注射器で入れ、アームの調整にまた一苦労どころか、二苦労しました。
はじめに、タンテと一緒に付いてきたDL301を聴いてみましたが、ちょっと歪みっぽかったので、これまで使っていたDL103にチェンジ。こっちのほうが芯が太いですね。
d0032222_1452553.jpg

カートリッジの取付方法も変えました。説明書によると、こっちのほう(ネジ1本でアームに取り付ける)が音がいいらしいのですが・・・。
ダストカバーも付いてました。ただし、ヒンジ(蝶番)式ではなくて、単に上からガバッとかぶせるタイプ。
オイルバスにゴキブリでも入ったら困りますからね~。
d0032222_2043.jpg

音は・・・、ウ~ム、分かりません。(ノ_ _)ノ
セッティングに5時間もかかって、大きな音が出せない時間になってしまったのです。
Project RPM-9よりも音がどっしりした感じがして、S/N比もいいように思います。床の振動にも強そうです。
お盆のお楽しみにしておきましょう。

追記 その他の特長
◆モーターと本体は完全に分かれていて、振動が伝わらないようになっています。
◆スピンドル(回転軸)は固定されておらず、底と横を支えているだけです。ベルトでモーター側に引っ張っているので、よく見るとプラッターが左に傾いているのが分かります。

どこか外国の工学博士が考案したプレーヤーらしく、当時はかなり脚光を浴びました。
ここしばらくは新製品もまったく見なくなっていましたが、うれしいことに復活したようです。
アマデウスという固有商品名がついて、アームの支えに本物のゴルフボールが使われています。
アームを吊り下げている糸を切ると最悪だ(素人で修理できないし国内代理店もない)と聞いていたのですが、国内販売も再開されたようなので、たぶん大丈夫でしょう。
by tama_photo | 2010-08-12 01:56 | Music & Audio | Comments(2)

リム組みをしました。その前に前後ハブを塗ったんですけど・・・。
「ああ、猛毒の・・・」ってそれは沖縄の蛇だろーがっ。(ノ_ _)ノ

簡単な前輪から―といっても作業がまったく初めての初心者にはハードル高いですぜ。
組む→調整する→規定トルク(勘)で全部締める→ゆがむ→調整する・・・の繰り返しです。
で、案の定、緩めるべきところを締め、締めるべきところを緩めていたワタシ。。。
「みなさんよく間違えます。何度も繰り返していると必ずと言っていいほど」という校長の説明に、「私はそんなおバカぢゃな~い」と内心鼻で笑っていた私も「おバカ」でした。m(_ _)m
d0032222_225382.jpg

まず前後の歪みを修正して真円にし、それから左右の振れとオフセット(この車両は±0ミリ)を調整します。誤差は無いのが理想ですが、私の腕だと1ミリ以内かな。
こんなふうに(写真左)小さな鳶口のような金具を置き、リムを回転させて振れを見ます。
修正しようとする部分の両端にマスキングテープで目印を付け、その間のスポークを緩めて締めて・・・を繰り返します。
d0032222_2391698.jpg

なかなか思いどおりになってくれなくて、8時過ぎまでかかりました。いつもは6~7時で下校するんですけど、今日の帰り道はもう真っ暗でした。
そうそう、遅くなった原因のひとつがニップルの品質不良です。(>_<)
規定(勘)トルクの7~8割締めたところで「パキン」とねじ山がダメになってしまうのです。そのたびに交換。ダメになったニップルの山が右の写真です。
最後には以前発注してあった残りを使いました。これは頑丈でした。
注文先を変えたのが原因だそうで、外国のパーツメーカーはこれだからアテになりません。
いやはや、くたびれました。
by tama_photo | 2010-08-10 02:46 | トライアンフ | Comments(2)

失敗、失敗、失敗

ギヤボックスを組み立てて、カバーを閉じる手はずだったのですが・・・。
d0032222_2156117.jpg

写真の左側の部分にカバーを取り付けると、なぜかギヤシフトが渋くなってしまうのです。
都良男のギヤは1down-3upの4速。この状態ではスムーズなんですが、カバーを組み付けると、downしたレバーが元に戻らないし、upしたレバーも元に戻りません。
シフトペダルのシャフトを受けるメタル部分を研削して遊びを多くとってみましたが、ボルトを締め上げていくと渋くなるのです。きっとセンター(中心線)が出ていないのでしょう。
なんだかんだで、3回もやり直しました。それでもダメ。(>_<)
接合面を脱脂して、液体ガスケットをきれいに塗って、それから組み付けですから、けっこうな手間なんです。
機械って正直ですね~。人間がどんなに苦労しても、どんな事情を抱えていようと、ダメなものはダメなんです。
タイムオーバーになったので、スクールの主任さんが紙ガスケットを入れてくれることになりました。紙ガスケットの厚みの分だけ、締め込みが緩くなるわけです。
今度こそ都良男くん、こらえてちょんまげ。m(_ _)m
by tama_photo | 2010-08-02 22:14 | トライアンフ | Comments(2)

くじ運

職場の近くであった夏祭りに行ってきました。1枚100円の抽選券を10枚購入。毎年、必ず何かが当たります。去年はラーメンとお茶の2つが当たりました。
でも今年はなかなか当たりくじが出ません。抽選会も終盤になって、やっとお米10kgが当たりました。
発表されていた番号から推測するに、3千枚弱販売して当たりが280本。率からいけば約1割という高い当選確率ですが、一緒にいた人の結果はこうです。
Aさん(男)20枚買って3本当たり。
Bさん(男)20枚買って3本当たり。
Cさん(女)10枚で0本。
Dさん(女)15枚で0本。

こうやってみると、「くじ運」ってあるのかなと思います。
EOS5D-II,EF70-200mm f2.8L IS II USM,430EX-II
d0032222_109586.jpg

そうそう、スピードライトが届いたのでした。
シンプルで使いやすいのですが、機能面ではニコンにかなり遅れをとっていますね。
上の写真は上方90度、天井にバウンスさせたものです。
by tama_photo | 2010-08-02 10:16 | カメラ・写真 | Comments(3)