<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Fun to Drive

娘が「シャコウ」に通っています。
シャコウ=自動・・・・・・なんでもかんでも略すなーヾ(*`Д´*)ノ"

免許を取ったら当然いるのが、クルマ。
軽自動車でも買い与えますか?
でもね、軽でもヒャクマンエンくらいかかります。
軽にヒャクマンエンは使いたくありません。

で、使わなくても済むように考えたのが―

娘=アウディをやる
ワタシ=30万円くらいでちゅうぶるを買う

30万でもいまの時代、こんなん買えそうです。
d0032222_23144128.jpg
軽の新車より賢くて、ゼッタイ楽しいと思います。

お金があったらこんなのも一度乗ってみたいなう。
d0032222_2382591.jpg
フォードマスタングはV8、5ℓ、418馬力。
500マンエンですが、1馬力当たり11,962円 しか しません。( ̄∇ ̄;)
「省エネ」が国を挙げて叫ばれているいまこそ、こういう化石エネルギーたれ流しのようなクルマにあこがれます。
こんなクルマで、巷にあふれるプリウス(1馬力20,707円)を蹴散らしたいなぁ・・・。

d0032222_2394116.jpgルノースポールのメガーヌは250馬力。1馬力15,400円。
面白そうですが、しょせんFFか?
FFならアルファという選択肢もあります。
FFでもアルファはいいですね。
乗ったことないけど。
(ノ_ _)ノ

そういえば、アウディは今年2回目の車検です。
5年前に1馬力2万円以上出して買いました。
まる5年経って、最近足回りがちょっと硬くなってきたような・・・。ブッシュ類が硬化してきたのでしょう。
昨日からキーレスロックの開錠が不調です。運転席のドアだけが開きません。
こりは「乗るな」「そろそろ買い替えよ」という神の啓示に違いない・・・ってば。

古いミニはいつ故障するか分からない、遠出できない、という人もいますが、機械は理由もなく故障するわけではありません。故障の原因があって初めて故障するわけで、そこをきちんと改善してやれば、止まることも壊れることもありません。
素人がいじるとなれば、いまの電子デバイス満載のクルマよりも、かえって旧ミニのようなアナログなクルマがいいと思います。
実際、最近のクルマって原因不明のトラブルが多いと思いませんか。
原因が分からないまま電子ユニットをまるごと交換してオシマイ。たとえICチップひとつ悪かったのだとしても…。
高い修理代はわれわれユーザーが支払います。
進歩してんだか退化してんだか分かりませんね。
by tama_photo | 2011-02-27 15:33 | クルマ | Comments(6)

こるまめ

d0032222_2150857.jpg「こるまめ」って知ってます?
たぶん、熊本だけの食品。
ああだこうだ説明するよりも、「乾燥納豆」と言えば一番ピッタリきます。
においも納豆そのもの。味はかなりしょっぱく、酒の肴になります。
70gで350円ですから、安くはないけど
お土産にいかが?




by tama_photo | 2011-02-25 22:12 | うまいもの | Comments(0)

4番 サード 長島

休みの月曜日、いい天気に誘われて鹿児島県は長島へ行ってきました。
筑後川昇開橋のときは朝、なかなかエンジンがかからず手こずりました。30回くらいキックして汗が流れたんです。やっとかかっても、片肺状態が止まらずに苦労しました。
今回は事前にプラグも掃除したので、キック一発でした。
左側のプラグがやや白かったので、エアーを少し絞り、届いたばかりのGERBING'S電熱グローブをはめて、いざ出発。
でも、電気で温めなければならないほど寒くはなかったんです。
「寒くなれー」なーんてね。。。( ̄∀ ̄;)

長島に架かる黒之瀬戸大橋を渡ると。。。
おわっ、橋周辺がきれいに整備されて、物産館と展望所が出来ていました。
FinePix XP10
d0032222_23595416.jpg
いきなり出来ても「だんだん市場」といはこれいかに。(-"-)
d0032222_012467.jpg
展望所は、うずしおを見るためのものです。黒之瀬戸は日本三大急潮だそうな。
この日もかなりの速さで潮が流れていました。
物産館に併設された観光案内所でフェリーの時間を調べたら、出発まで40分。港まで20数キロあるので、あわてて出発しました。
長島は島の西側が眺めもよくて、快適な走りができます。でも、西側を通ると遠回りなので、東側を諸浦港まで一気に走りました。
道はいいのですが、東側は景色がイマイチですね。
港に着いたとき、すでにフェリーの姿が沖合いに見えました。間に合った。。。
d0032222_0163893.jpg

料金は840円。ハーレーのときは950円だったので、110円安くなったわけです。
風はやや強かったものの、超快晴。
d0032222_018449.jpg
「天草」と「長島」を結ぶので天長フェリーといいます。

この便は獅子島経由でした。
けっこうな数のクルマがここ獅子島で降りました。本土へ買い出しに行ってその帰りかな?
d0032222_0203577.jpg
獅子島にはまだ上陸したことがありません。
民宿でもあれば、ゆっくり釣りでもして泊まりたいものです。

天草・中田港が見えてきました。
d0032222_0285585.jpg
この港は、ホントに何もありません。
言ってみれば天草の玄関口なのに(裏口かい?)、もうちょっとなんとかできないものでしょうかねぇ。。。

本渡から先は天草上島広域農道、松島有料道路を走りました。
三角西港で休憩。
d0032222_0323966.jpg
陽が傾いて石畳を輝かせます。
d0032222_034018.jpg


d0032222_0401097.jpg6時半に帰着。
お土産は芋焼酎の「島乙女」と、フェリーの中で買った獅子島産の甘夏。
焼酎は島美人を作っている酒造メーカーのもの。
工場が長島にあります。
長島は芋の栽培が盛んなので、きっと地産地消してるんでしょう。
島美人はどこの酒屋さんでも買えますが、島乙女は見たことがありません。

252キロ走って燃費は23.8km/Lと、これまでの最高でした。
あまり回さなかったのが功を奏したのでしょう。
でもトラのエンジンは回さないとホントにつまらないエンジンです。次はもっと上まで回してあげましょう。
でもね、飛ばし過ぎは禁物。ブレーキがあまり効きませんから。これで何度かヒヤッとしたことがあります。
この「ヒヤッ」は、いくら電熱ウェアでも暖まりません。
そうそう、電熱グローブは抜群でした。
これまで寒かった指先や指の外側がポカポカです。
手の甲は少し熱過ぎるくらい。
コントローラーを付ければ万全です。
寒くなれー。\(-。。-#
by tama_photo | 2011-02-24 01:13 | ドライブ・旅行 | Comments(4)

電熱グローブ

d0032222_15145425.jpgガービング社の電熱グローブを買いました。
バイクのバッテリーから12ボルトの電源を引いてきて、指先から暖めるというものです。
じつは1週間ほど前に届いていたのですが、サイズが大きすぎて返品。
Lサイズが昨晩届いて、セットの内容をよくよく見たら、ON/OFFスイッチも温度調整のコントローラーも付属していないんです。○| ̄|_
急きょ、別のショップにコントローラーを注文しましたが、使えるのは次の土日ですね。

説明書はすべて英文だったので(伊、仏、西もあったような)、これって米国製?
ハーレー純正の電熱ウェアをOEM供給しているメーカーだそうです。
e-Bayや個人輸入だと、もっと安くなるんでしょうけど。。。

翻訳ソフト活躍?
何が書いてあるのか気になって、翻訳ソフトに投げ込んでみました。
見づらいときは写真をクリックしてみてください。
d0032222_15305999.jpg
馬具ってバグ?
ほほー、ハーネスは「馬具」のことなのか。
パンツは喘ぐわけね・・・。ある意味、正しい。(≡д≡)
コンピュータのハードはともかく、ソフトの進歩は極めて遅いようですなぁ。
by tama_photo | 2011-02-20 15:37 | ショッピング | Comments(4)

撮影会

2月11・12日、他の写真クラブとの合同撮影会がありました。
年に1回、持ち回りでやっているんですが、今年はうちの当番。
で、なぜか計画がどんどん先送りになって、今年度も残りあとわずかになったこの時期になってシマッタのでした。( ̄∀ ̄;)
とってもさみぃーし、花は咲いてねーし、それでも文句のひとつも言わず参加してくれた他のクラブのみなさんには頭が下がります。
モデルはクラブ員の同級生で、もちろんシロート。でも周りに友達がいるというので、初めから表情はリラックスしてました。
5D-II EF70-200mm/f2.8
d0032222_0381493.jpg
だれがモデルでだれがクラブ員か分からないでしょ?

わざとらしい背景。。。
d0032222_0411782.jpg
d0032222_043540.jpg

モデル撮影はどうも苦手で、つい、よそにレンズを向けてしまいます。
d0032222_0441364.jpg


2日目は場所を水前寺公園に移して。
5D-II EF50mm/f1.4
d0032222_0461698.jpg

d0032222_0464697.jpg

雪が舞いました。こんな寒い日の撮影会は、もうけっこうです。
by tama_photo | 2011-02-15 00:52 | カメラ・写真 | Comments(2)

ひもなし

キーボードをワイヤレスにしました。
べつにケーブルが邪魔ではなかったのですが、キーの文字が消えかかっていたのです。
d0032222_224594.jpg
U、I、O、A、K、N、Mなど、ふだんよく使うキーがこの状態。
ブラインドタッチはできないので、よく打ち間違います。
FUJITSUとかNECの純正キーボードは文字が掘り込んであるんですけど、社外品はプリントだから、まぁこんなもんでしょ。
懲りもせず、またマイクロソフト製です。(+_+)

ドライバーをインストール。
(まるい写りが特長のFinePix XP10)( ̄Д ̄;;
d0032222_231142.jpg

キーボードに単3電池2本を入れて、トランシーバーをパソコン本体のUSBポートに差し込み、入れ替え完了。
d0032222_2362833.jpg

じゃまだ電器で2,980円でした。
薄型なのでストロークが浅く、静音型なのでカタカタいいません。
「前のがよかった」と娘。んがぁーっ( ̄∀ ̄;)
by tama_photo | 2011-02-12 02:41 | ショッピング | Comments(4)

構え方の〇と?

以前から気になっていたことですが、今夜のBS放送「にっぽん鉄道写真の旅」に、いい悪例(そんな日本語ってありますか?)が出たので紹介します。
d0032222_20174598.jpg
この構え方、カッコいいと思いますか、それとも変だなぁと思いますか?
フツー、左手は下からレンズを支えるようにして持つでしょ。
でも最近は、こうやって上からかぶせるようにズームリングを操作する人が多いんです。(うちの写真部にもいる…)

オートフォーカスがない時代は、左手でピントリング(とズームリング)を操作していました。
しかも、カメラをできるだけ動かさずに(ブレさせずに)操作しなければなりません。
そのためには左手の掌で鏡胴(というよりもレンズを含めてカメラ全体)を支え、ピントリングを指で回転させるのが道理にかなった方法なのです。
それがいつからか、こういう変な持ち方をする人が増えて、中にはそれがさもカッコいいと思っているような人まで出てきました。
ちなみに、ライカのようなレンジファインダー機でこんな構え方をすると、ピントを合わせることは不可能です。
ちなみに、この構え方だと、わきがの強い人は周りに迷惑かけます。( ̄∀ ̄;)
d0032222_20211276.jpg
このカメラマンがどなたか存じませんが、TVに出る人ですから、鉄道写真では名を馳せた方なのでしょう。
左目が効き目なのかな?もう一方の目は使ってないようですね。
私も本来は左目が効き目ですが、写真を撮るときはなるべく右目でファインダーを覗くように心がけています。
左目は開けて、被写体のほう全体を見るようにしています。
そのように両目を使って見ていないと、動きの激しいもの、スポーツ写真や動物、子どもを撮るときはシャッターチャンスを逃してしまうことが多いのです。
でもこのカメラマンのようにレンズを上からつかむと、左目の視界を遮ってしまいます。

d0032222_20522879.jpgそういうことからも「レンズは下から支える」という方法が正しいのは、だれが見ても明らかです。
カメラはこうやって構えましょう。
上からレンズをつかむなんて、無知をさらけ出しているようなものです。
by tama_photo | 2011-02-02 20:54 | カメラ・写真 | Comments(12)

常識

去年の9月の話ですが、アッテネーター(減衰器)の中古品をヤフオクに出品しました。
もう何年も使ってなかったので「ジャンク品」とし、500円からスタート。
ヤフオクの手数料+梱包代+手間賃くらい(3,000円程度)になればと思ったのです。
ところが、価格は見る見る上昇し、1万円を超えてしまいました。
こりゃいかん、いくら「ジャンク品」と断っていても、本当に使えなかったら落札した人に気の毒だと思い、早期終了しました。
そして、落札者に対し「あなたが入札した金額は高すぎる。とりあえず送るから使えるかどうか確認を。もしも使えたら、あなたが妥当だと思う金額を振り込んでほしい」と連絡し、横浜へ送りました。
d0032222_22291172.jpg

送ってしばらくすると、連絡がきました。「このままでは使えないので、友人に送って修理してもらうことにした」と。
それから1ヶ月以上がたって何の連絡もないので、問い合わせてみると、「友人に修理を頼んだけれど、忙しくて手がつけられないようだから、送り返してもらった。今回は残念ながらこのまま送り返したい」と返事がきました。
送ってからもう2ヶ月以上が過ぎていました。12月初めのことです。
d0032222_22371763.jpg

それからさらに待つこと1ヶ月。
また何の音沙汰もないのでメールして、やっとのこと今日、アッテネーターが戻ってきました。
落札者からのメールです。
「大変遅くなりご迷惑をおかけしましたが本日発送させていただきました。トランスアッテネータに関してはたぶん問題が無いので、6000円く らいで出品しても1万円くらいの値がつくと思われますので、再度出品 してみてください。本当に時間をかけすぎたことをお詫びします。これからもなにかの縁がありましたらよろしくお願いします。 ●○●太郎」
d0032222_22404224.jpg

すべての縁を切りたい彼からは、1円ももらっていません。
でも私は、ヤフージャパンに落札金額の5.25%(562円)を手数料として取られています。
加えて梱包の手間、発送の手間を考えれば、憤懣やるかたない気持ちでいっぱいです。
彼に「常識」というものはないのでしょう。
かけた情けがアダになりました。
次に出品するときは、いくらになろうとも最後までオークションを続けて、送った後は知らんぷりを決めたいと思っています。
だって「ジャンク品」と断っているのですから、いくら入札しようが、それは入札者の勝手ですよね。
by tama_photo | 2011-02-01 22:57 | Music & Audio | Comments(4)