テッペンカケタカ

この鳴き声を初めて聞いたのは、まだ5~6年前のことです。
夜中というか、深夜。草木も眠るくらいの午前3時頃、けたたましい鳴き声で目が覚めました。
だれから聞いたのか、自分で調べたのか、TVで見たのかよく覚えていませんが、この鳴き声の主が「ホトトギス」と分かったのはそれからしばらく経ってからのことでした。

九州でホトトギスは珍しいそうですが、わが家の近辺では毎年いまの時期によく聞こえてきます。
托卵(たくらん)といって、違う種類の鳥の巣に卵を産みつけて、抱卵・育雛させるとか。
あまり印象のいい鳥ではありません。
ホトトギス(不如帰)で連想するのは正岡子規ではなく、井上揚水の「帰郷(危篤電報を受け取って)」です。
♪季節はずれなのはホトトギス・・・
彼の故郷、福岡県ではポピュラーなのでしょうか。
by tama_photo | 2011-05-30 21:04 | others | Comments(2)

雨の日曜日

昨日から止むことなく降り続けました。
今日は日曜日。小学校の運動会・・・のはずでした。
私の住む町の小学校は、地域住民も一緒に参加するのです。もう10年以上になります。
いちおう、町内会の体育指導員をやっている自分としては、今日は早朝から夜の打ち上げまで、みっちり忙しい日曜日になるはずだったんですが。。。
この雨じゃ仕方ありません。
D700 Noct-Nikkor58mm/f1.2
d0032222_938796.jpg

1週間後に延期されたけど、その頃はもう梅雨でしょう。
ともあれ、今日はまったりと過ごします。
d0032222_9402673.jpg

by tama_photo | 2011-05-29 09:40 | カメラ・写真 | Comments(6)

アーデン

RICOH GX200
d0032222_16423894.jpg
10日前の話ですが、先輩のお宅へ、オーディオを聴きに行ってまいりました。
スピーカはタンノイのアーデン。口径38センチの同軸2ウェイが1本、バスレフ箱に入っています。
アンプはラックスのトランジスタプリメイン。CDデッキはソニー。アナログプレーヤはケンウッド、カートリッジはオーディテクニカのAT33でした。
このラックスのアンプは、MCカートリッジのヘッドアンプを内蔵しているそうです。
いまはフォノイコライザーさえ無いアンプが多いというのに、なにげにマニアックであります。古きよき時代を感じさせますね。

縁・えにし

予想以上にいい音でビックリしました。バスレフらしい豊かでゆったりした低域が出てきます。
好みです、低域は。(私だったらテレビをよそに置いて左右スピーカの間隔をもっと狭めますが・・・)
話を聞いているうちにもっとビックリしたのが、アーデンの前の持ち主。
私の友人だった故Mケンジ君でした。

故 Mケンジ

仕事の関係で仲良くなり、妙に波長が合って彼の自宅にも何度か遊びに行きました。
新しいものが大好きで、CS放送は県内で最初のユーザー。早々とプロジェクター方式の巨大TVを居間に据え、2階のオーディオルームではソナスファーベルでわけの分からない音楽を聴いていました。
アナログを聴かなくなった私は彼にヤマハのGT2000を、管球アンプをやめた彼は私にラックスのLX38を、それぞれ物々交換しました。
彼は実家がお金持ちだった(らしい)こともあって、モノに関する執着が薄かったように思います。
このアーデンも、ちょっと不具合があったということで、この先輩は最初、タダでもらったそうな。
タダはあんまりというので、いくらかのお金を渡したそうですが、だれが考えてもそれは「安い」買物でした。
このMケンジ君、若くして亡くなったんです。
ガンでした。
1周忌に近い頃、自宅を訪ねたら、私が病室で撮った彼の写真が仏壇に飾ってありました。
彼が生きていたらなぁと、いまでも思います。
オーディオの話や釣り(ルアーが好きだったようです)や、自転車の話ができたのに・・・と。
音楽の趣味だけはかみ合いませんでしたけどね。(^^;

アーデンを聴きながら、「あぁ、この音を彼は聴いていたんだなぁ」と感慨にふけりました。
この先輩がこれからも大事に使ってくれることでしょう。
お~い、ケンジ!天国でいい音聴いてるか~い?
by tama_photo | 2011-05-26 17:14 | Music & Audio | Comments(0)

御池・霧島

休みの日はなんだか早く目が覚めて・・・。
目覚ましをかけないのに4時頃起床。5時半にはバイクで出発しました。
天気がイマイチだし、行き先はとくに決めてなかったのですが、以前よく家族で行ってたキャンプ場がどうなっているのか気になって、そこまで行くことにしました。
宮崎県高原町の御池(みいけ)キャンプ場です。
300年ぶりの噴火で話題になった新燃岳から直線で8.5キロの所にあります。果たして・・・。
FinePix XP10
d0032222_1624628.jpg
新緑を映す御池。
土曜日なのに人が少ないだけで、いつもと何も違いません。
こちらは持ち込みテント用のサイト。
d0032222_18472921.jpg

管理人さんに聞いてみました。
ここ1ヵ月は鎮静しているが、火山灰と火山礫がかなり降り注いだとのこと。
掃除に追われたそうです。
d0032222_1848662.jpg
花壇の、ツツジに隠れた部分を見てみるとこんなに。
黒い火山灰と一緒に5ミリ~1センチの火山礫が降り積もっていました。

終息宣言が出るまでは、お客はなかなか増えないでしょうね。
募金箱に協力金をホンの少し、入れました。

御池を後に、国道223号を霧島方面へ走ります。道路上に火山灰はまったくありませんでした。
今の季節、緑がほんとうに気持ちいいです。
d0032222_18563291.jpg

霧島温泉を過ぎたところで「霧島アートの森」の看板を見つけ、右折。
ここは以前、家族で一度行ったことがあります。
展示が変わっていることを期待して進みます。
近くに来ると道端にも彫刻が展示してあり、駐車場入口にはこの大きなモニュメント!
シャングリラの華 作:草間彌生
d0032222_1943597.jpg

美術館の外観はこんな感じ。巨大なアルミ製弁当箱?
d0032222_198420.jpg

d0032222_198328.jpg
窓です。
手前の木と一緒に
フクロウ!(-_-;)

失礼しました。。。

入館料は300円です。

ホントは撮影禁止。ですが、1枚だけね。
許してちょ。
d0032222_19104826.jpg

これは館外なので撮影可。
大きさを比較するものがないけど、高さは2.5メートルあります。
赤い靴 作:草間彌生
d0032222_11365128.jpg
現代アートですね。よう分からんけど・・・。

朝、早かったのでなかなかお昼にならず、とうとう昼食をとらずに1時半頃、熊本まで帰ってきました。
行きが赤、帰りが青です。本日の走行、327キロでした。
d0032222_2342466.jpg

by tama_photo | 2011-05-22 19:24 | ドライブ・旅行 | Comments(0)

食い放題千円!海鮮丼

千円で食い放題の海鮮丼があるというので、はるばる来たぜ大分県。(^^;
5月15日(日)、いやしい中年3人組は朝7時半に集合して出発しましたとさ。
距離にして片道150キロあるから、往復すればどう考えてもガソリン代が2,000円くらいかかります。
でも、行くんだよね~。計算は苦手?
場所は大分県佐伯市鶴見。ふだんは水産会社ですが、土日だけ冷凍倉庫前に椅子とテーブルを並べて食堂に変身するそうな。
賑わうときはすぐになくなってしまうそうなので、あまり休憩も取らずに先を急ぎました。
その甲斐あってお昼前に到着。
FinePix XP10
d0032222_1171387.jpg

お客さんはまだまばらでした。
d0032222_0245069.jpg

千円を前払いして、これが1杯目。
もちろん、ご飯は少なめに・・・。みそ汁も付いてます。
d0032222_0254336.jpg
トッピングで隠れていますが、ウニも入ってます。ウニだけは1人1回のみ。
で、2杯目いきま~す。
刺身以外のヅケや海草、薬味を主に。。。
d0032222_02718.jpg

満足しました。(* ̄◇)=3 ゲップ
が、刺身ばかりそんなに食えるものではありませんね。

3人とも2杯ずついただきました。
しばらくは前傾姿勢がつらかったそうです。(Ninja400氏談)

海岸沿いを南下。延々と狭いワインディングが続き、こりゃ道を誤ったかと思ったトコロで、絶景の場所に出ました。
いまは佐伯市に合併した米水津村(よのうづむら)です。
近くに「空の公園」がありました。立ち寄ればよかったなぁ~。
d0032222_20451076.jpg

宮崎県延岡市まで南下して、あとは国道218号線を東へ。
日之影町~高千穂町を通って熊本に入ります。
もう何度も通った道なのでナビもいりません。
本日のコースです。370キロでした。
d0032222_0391747.jpg

by tama_photo | 2011-05-17 00:44 | うまいもの | Comments(6)

地中海料理

1日遅れで、結婚22周年のお祝いをしました。
といっても家族で外食しただけですが・・・。
地中海料理の店を予約しました。
コースで1人2,500円と、リーズナブル。味もまずまず。
しかし、3人分がひとつの皿に盛られてドーンと出てくるので、終わりのほうではやや食傷気味です。
FinePix XP10
d0032222_22491320.jpg
このパエリアが食いたくて、パエリアの入ったコースを頼んだのですが、よく考えたらアルコールのお供に「お米」は全然合わないのです。
ビールがパッタリと入らなくなりました。
d0032222_22511830.jpg
おかげで、3人合わせて1万円でお釣りがきましたけどね。。。
2次会も行かずにわが家へ直帰。
あぁ、娘をジャズ喫茶に連れて行きたかったなッス。
by tama_photo | 2011-05-14 22:55 | うまいもの | Comments(0)

22周年

5月13日は結婚記念日です。
平成元年に結婚したので22回目。
早いものです。
しかし、カミさんは残業。娘はサークルの新入生歓迎会で外食。
ひとりめし、を食いました。
カンパチの刺身と発泡酒で、孤独に乾杯。
2本飲んだところで焼酎に切り替え、レコードを聴きました。
ローズマリー・クルーニーの With Love です。
ワタシのばやい、Without Love ってか?\(-。。-#
EOS5D-II Macro-Elmarit 60mm/2.8
d0032222_0255066.jpg

だれもいないので、娘の部屋でCDを聴いてみました。
黙って入っても、娘は何も言いません。エエ子だ。
LS3/5aは相変わらずよく歌います。このスピーカーでビートルズを聴くと、ホントにいい。
中でも Come Together は白眉だと思います。
EF50mm/1.4
d0032222_0292780.jpg

JBLのようにスカッと抜けた明るい音じゃないけど、こぢんまりとまとまった、クセのない音がします。
トランジスタアンプじゃなくて、ダンピングファクターの低い真空管だと、さらにいい音がするんですよ。
d0032222_0312485.jpg

でも娘が聴くのはほとんど iPod なんです。
なんだかなー。(・ω・)?ホエ?
by tama_photo | 2011-05-14 00:45 | Music & Audio | Comments(4)

ツアラー

荷物がたくさん積めて高速を楽に巡航できるバイク。
そーゆーのが欲しい。。。とは思いませんか?(^^;
こーゆーのはいかが?
d0032222_1542469.jpg
BMWのR100RSといいます。
フルカウル。バニアケースもあって、荷物がたくさん積めます
もうかなり古いバイクなので、お値段も手ごろ。
by tama_photo | 2011-05-11 15:57 | その他のバイク | Comments(6)

ぐるっと宇土半島

ホントは昨日(日曜日)遠出したかったのですが、二日酔いで頭が上がらずに断念。
三日酔いにはならなかったので、お昼を過ぎてトラで出かけました。
今日5月9日(月)は蒸し暑い一日でした。
FinePix XP10
d0032222_21524487.jpg
必ず立ち寄るのが三角西港。
明治時代に石組みで作られた港です。
NHKのドラマ「坂の上の雲」のロケで使われた、往時の雰囲気を残す港です。
背景は土蔵を改築したカフェ&レストラン。白壁が涼やかです。
今日は写真だけで中には入りませんでした。

これはムルドルハウス。
物産館として使っています。自動販売機はなくしましょうね。(>_<)
d0032222_2158288.jpg

この背景は、龍驤館(りゅうじょうかん)。
d0032222_21595452.jpg

70キロほどの、つまらないコースでした。
d0032222_225578.jpg

頭にくるのは、この間すべてが「はみ禁」。
熊本の道路は(熊本県警はと言うべきか?)、ドライバーやライダーのことをこれっぽっちも考えていません。
標識と信号機で抑え込めば事故が減るとでも思っているのでしょうか。
今日は心が落ち着いていたから交通法規を遵守して走りましたが、だいたいはイライラがつのって途中で追い越しています。
こんだけはみ禁が続けば、しかも「譲り車線」も「登坂車線」もなければ、追い越したくなるのは当然です。
ガス抜きの区間があってもいいと思いますよ、マジに。
by tama_photo | 2011-05-09 22:13 | トライアンフ | Comments(2)

往年の名機 いろいろ

D130
d0032222_1342176.jpg

JBLの代表的な38cmコーン型ワイドレンジスピーカーユニット。
軽量タイプで浅型のコーン紙を使用しており、センターには中高域を受け持つアルミセンタードームを用いている。
ボイスコイルは直径10.2cmのアルミリボン線エッジワイズ巻。
磁気回路は5.4kgアルニコVマグネット。
フレームにはアルミダイキャストを採用。
【主要諸元】
許容入力:60W(連続プログラム)
インピーダンス:8Ω/16Ω
音圧レベル:103dB/1kHz
磁束密度:12,000gauss


・・・と、ネットでググッて調べましたが、ユニット単体での再生周波数はどんなもんでしょう。
家庭用で使う場合、大きめのバスレフ式エンクロージャー、またはバックロードホーンに入れて、広域に075ツイータやLE175ドライバーあたりを追加するという方法が王道だったようです。
D130の音は数回、ジャズ喫茶で聴いたことがあります。
とにかく明るく、張りのある元気な音でした。
低域はほとんど出ていないけれど、それを忘れさせてしまうような強烈なパンチ力が身上でした。
モノラル音源とか、古い録音のジャズを鳴らしたら抜群でしょうね。
能率がものすごく高いので、アンプは管球シングルで十分だと思います。
私もD130そのものは経験ありませんが、D130から派生した2220は使っていました。だのに、ないものねだりで低域を求めたために、今の暗くて重い801に手を出し、音の迷路に入り込んでいます。

こうやって改めて写真を見たりすると、またあの時代に回帰してシンプルな装置で聴いてみたくなりますね~。シミジミ。
SANSUI SP-LE8T
d0032222_1491571.jpg

by tama_photo | 2011-05-07 14:11 | Music & Audio | Comments(9)