コケちゃいました

d0032222_071639.jpg
じっとしとけばよかったものを・・・。
スポの調子を見るためにちょっと出かけたら、エライこっちゃでございますよ。(≡д≡)
場所は天草の田舎道。はみ禁の直線道路。
前に2台の車が走っちょりました。2台目がセレナみたいなワンボックスなので、先頭の車はよく見えません。
55キロくらいでチンタラ走っておりました。
あまりにいい天気なので、真っ青な空とか、まっ緑の山とか\(-_-#...
つい、よそ見をしてシマッタのですね。

そしたら、視界の端っこに、なにやら物体がその大きさをどんどん大きくしてくるではありませんか。
ハッと正面を見ると、そのワンボックス!
ヤバッ!・・・と急ブレーキ。暴れるフロント。瞬間、握った手を緩める。ワンボックスが迫る。再び急制動!
ロックしたフロントタイヤは左に流れ、車体は右へ。
道路に投げ出され、ヘルメットの右側が路面にガツン。

d0032222_23125248.jpg「あぁ、やっちゃった」というのが最初の感想。
けっこう大きな音がしたのでしょう。近所の老夫婦が走ってきて、バイクを起こして路肩に寄せるのを手伝ってくれました。
右足は少し痛かったけど激痛が走るわけでもなく、自分で歩けたので「救急車を呼びましょうか」という奥さんの申し出をていねいに断りました。
バイクの具合を見てみると、ナンバープレートが左を向き、ウィンカーも外れそう。
ハンドルが少し曲がり、右バックミラーは真っ二つに割れ、マフラーは2本とも派手な擦り傷がついてしまいました。
ワンボックスには追突することもなかったので、車はもうどこにもいません。
エンジンをかけたら、タペットを打つ音がしばらく出ました。
たぶん、転倒したときオイルラインにエアーが入り、油圧タペットに不具合が出たのでしょう。しばらくしたら音は消えました。

転ぶ瞬間、私は見ました。先頭の車が左ウィンカーを出して曲がろうとしていたのを。
だからワンボックスが減速したのです。
その道は本当に一直線で、わき道もあまりないので、ちょっと油断したんですね。
まさかこんなところで曲がる車はいない、出てくる車もいないだろうと。
その油断が、わき見を誘引したのでしょう。

バイクのとき、車間距離は2秒を目安にしています。〇〇メートルじゃなくて、2秒です。
時速50キロだと秒速14メートルだから、28メートルになります。
これより長く取ると、かえって危ないのです。割り込んでくる車が増えるのです。
これは、白バイ隊員が言った話で、私も習って、そのようにしています。
でも、よそ見をしていい距離じゃないですね。(^^;
ゆっくりした速度だったので、車間をけっこう詰めて、2秒なかったように思います。
わき見で何度もヒヤッとしたことがあるのに、ホント懲りないオヤジであります。

家に帰ってよく見てみたら、ウェアの右肩は破けてるし、手袋もブーツもかなりこすっています。
ケースに入れてベルトで腰にとめていたカメラもこのとおり。幸い、この部分は交換できるので元どおりになるでしょう。
Gパンは破れなかったけれども、膝はご覧の擦り傷。(白く見えるのは、親切なおばさんが貼ってくれたシップ薬の残骸)
そのほか、手は左親指と右小指が突き指したみたいで、右親指も先端に鋭い痛みが走ります。
でも、一番のダメージは右足首です。もしかしたら、道路とバイクで挟んだのかな?
転倒当日と次の日までは、歩けませんでした。
とくにカカトに体重をかけると激痛がしたのです。でも、3日目の今日は痛みもほとんどなくなりました。
「捻挫や突き指は、じつは骨折だったってこともあるので、きちんと診てもらいましょう」という知人のアドバイスを受け止め、今日は外科医院でレントゲンを撮ってもらいました。
骨折はありませんでした。よかったー。(* ^^)v


じつは竜洞山展望所(旧新和町)へ行こうとしていたのです。
コケてからはもちろん引き返しましたがな。
だから・・・その・・・今日、行ってきました。
リベンジですね。( ̄∀ ̄;)ヤメトケ
d0032222_001319.jpg
航跡を描いているのは鹿児島県長島諸浦港と熊本県天草市中田港を結ぶ天長フェリー。
今日は「わき見」せず、安全運転で無事帰りましてごじゃります。m(_ _)m
by tama_photo | 2011-09-27 00:15 | ハーレー | Comments(16)

維持

バイクに乗るなら、定期的にオイルを換え、エアフィルターを掃除し、チェーンの遊びを調整します。
パソコンならディスクのクリーンアップにデフラグ、ソフトのアップデート。
家庭にあってはエアコンや乾燥機のフィルター掃除、洗濯機のドラム洗浄、レンジフードの清掃、etc。
モノゴトには、なにかとメンテナンスがつきまといます。
しか~し、これらをまったくしない人類もまたいるわけでして、そーゆー人類と生計を一にするまともな人は、時として大変な目に遭うのでありまつ。(≡д≡)

ガスレンジの上に、汚れた油滴がぽつんと落ちていることが、たまにありました。
よく観察してみると、レンジフードの上からしたたり落ちているぢゃないか!!!

8年分の汚れ
家を建ててまる8年。その間、レンジフードを掃除していたカミさんの姿を見たことはナイ。
自分もやったことはナイ。使いっぱなしの汚れっぱなしがわが家のスタイル。
説明書を読んでみたら「フードは1ヶ月に1回程度、掃除しましょう」と書いてあります。
月イチ×8年=96回
つまり、フツーの汚れの96倍、8年分の汚れがここに凝縮されているわけなのね~。
今日は休みで雨だから、いっちょうやったろうと決心しました。

手袋をしてフードを外すと、それはもうものすごい状態でごじゃりました。
ベタベタのニロニロのドロドロのぐちゃぐちゃの \(-。。-#モウエエ
写真を撮る気にもなれなかった・・・。

第1弾:ぬるま湯と中性洗剤
説明書ではアルカリ洗剤やシンナー系は不可だったので、書いてあるとおりにぬるま湯につけて中性洗剤で落とそうとしました。
惨敗。

第2弾:アルカリ洗剤とお湯
次にしつこい油汚れ用の洗剤を使いました。マジックリンです。
取れないこともないけど、落ちた油は流し台にベットリくっつくし、タワシや歯ブラシや手袋も油でベトベト。このペースでいったら明日になりそ。。。

最終兵器:苛性ソーダ
こりゃいかんとネットでググると、苛性ソーダで落とす方法が「ベスト・アンサー」として紹介されていました。
d0032222_939690.jpgレンジのフィルターがスッポリ入るタッパーをホームセンターで買い、薬局で苛性ソーダを買いました。
苛性ソーダは劇物なので、買うときは印鑑がいります。
使用目的も書かされます。「油汚れ落とし」と書いたけど、「8年分」を書き加えるべきだったかなぁ。(^^;
値段は安くて、これで210円。
ゴム手袋は、ふだんバイク整備のときに使っている厚手のものです。


タッパーに熱いお湯(50~60℃)を10リットルほど入れ、そこに苛性ソーダを加えます。
分量はスプーンに10杯くらいでした。
「ゴー」という音が聞こえてきました。お湯に溶けていると言うより、化学反応を起こしているようです。
音が収まったところでフィルターを漬けます。
10分ほど置いてから、漬けたまま歯ブラシでこすると・・・。
あのベタベタ・ドロドロ・ニロニロ汚れが、落ちるのではなく、どんどん溶けていきます。m(;∇;)m
調子に乗って手荒にやると、しぶきが飛ぶので用心。強アルカリだから気をつけましょう。
さすがに超強力薬剤。歯ブラシでこすると黒い塗装まで一部落ちてしまいます。でも仕方ありません。
まず表をゴシゴシこすってきれいにします。裏返すと、表側で半分溶けた油が裏側にしがみついています。裏側もゴシゴシこすってきれいにします。また表を返すと、わずかに油の残骸があるのでまた落とします。
こうやって、1枚のフィルターを表→裏→表と、3回ずつ歯ブラシで掃除したのですが、かかった時間は1時間ほどでした。

d0032222_1042023.jpg
汚れを落とすのは当然として、その前に汚さない工夫も大事と、ベスト・アンサーに書いてありました。
なので、こうやって使い捨てのフィルターを装着。
1枚600円くらいです。


全作業にかかった時間は朝10時から昼3時まで、およそ5時間。ずいぶんと回り道をしましたから・・・。
掃除が終わったら、換気扇の吸い込む量がずいぶん増えました。
メンテをサボると、そのうちドドーンとツケが回ってきますね。
今の日本もそうだけど、後世にツケを残さない暮らしをしたいものでつ。
最後までお付き合い、ありがとうございました。m(_ _)m
by tama_photo | 2011-09-23 10:17 | others | Comments(4)

で、日は過ぎて9月18日。
降水確率が鹿児島は30%前後だったので、バイクを引き取りに行くことにした。
次の日なら友人が乗せて行ってもよかバイ・・・と言うたのだが、スクーターに2人乗りで250キロは大変だし、19日の降水確率は80%と高かったのだ。
調べてみたら、鹿児島中央駅から鹿屋市へは直行バスが出ている。値段は1,300円だが、駅から鴨池港までのタクシー代より安い。これを利用しない手はない。
FinePix XP10

d0032222_17394550.jpg
7:28発の新幹線さくら。
熊本~鹿児島間はなぜか各駅停車が多い。だから、早いはずのさくらでも鹿児島中央まで1時間かかる。
各駅停車にするんなら、名前も「つばめ」にしてほしいゾ。
8:27鹿児島中央駅に到着

d0032222_17433262.jpg
ここ数日、鹿児島市は桜島の降灰がひどいのだった。
トラのチェーンが切れた12日、あの日からすごいのだ。
桜島の怒りに触れてチェーンが切れた?
「昼間でも暗かったよ」と、チェーンが切れた日の帰るとき、タクシーの運転手さんから聞いた。


d0032222_17461857.jpg
8:50の直行バスに乗る。
バスは中型。お客は13人しかいなかった。
バスに乗ったままフェリーに乗り込む。
フェリー代(440円)はバス料金(1,300円)に含まれていてお得と思う。

航空隊前に着いたのは、定刻の10:44より5分以上早かったようだ。
バスが時刻表よりも早く通過するのは、以前は道路交通法違反だった(と自動車学校で習った)けど、いまはいいのかな?

バス停からは歩き。
途中、小学校で運動会があっていた。
汗だくになり20分ほどでオートショップ野元に到着。
手土産の黒糖ドーナッツ棒を渡し、引き換えにバイクを受け取る。
(それでチャラになったわけでは決してない)
試運転がてら昼食に向かう。
話は自動的にグルメレポートに変わる。( ̄∀ ̄;)

d0032222_17522853.jpg
鹿児島名産、黒豚とんかつが食える店。
鹿屋市の旨い店をネットで調べたら、ここしかヒットしなかった。
とんかつ竹亭(たけてい)。
人気店らしく、駐車場が3つもある。
11:30の開店前から客が並んでいた。オレもその口だけど・・・。

d0032222_17544162.jpg
「脂が気になるならヒレカツがいいよ」と、オレの体型を見ておばちゃんが言うから、上ひれかつ定食1,300円にした。
特製タレでいただく。
んが、あまりにも脂身がなくて少々物足りなかった。
やっぱりトンカツは豚の脂身も一緒に食うところがいいのだ。
今度来たときは、とんかつ定食800円にしよう。(また行くのだろうか・・・?)

d0032222_1814745.jpg佐多岬へ行くのはやめて、帰ることにした。
垂水港方面へ走っていたら「コツン、コツン」となにやら異音がする。
すぐに停まって点検。
チェーンのつなぎ目の所にアルミの削れたクズがいっぱい付着していた。
(この写真は拭き取った後なので少ない)
後輪を手で回しても、やはりコツンと音がする。ドライブギヤの所でカバーか何かに当たっているようだ。

車載工具もあまりないので、ここでは修理できない。スピードを落として垂水港隣のホームセンター・ナフコまで走る。
まずスプレーグリスを買う。
これを塗っておけば、そのうちに当たっている部分が削れて、音もしなくなるだろうと思ったのだ。
そしてもうひとつアイデアがひらめいた。
チェーンをつないでいるコマを逆向きにしたら当たらなくなるんじゃないかと・・・。
それでプライヤーを買い、スナップリングを外してジョイントの向きを変えた。

d0032222_1894423.jpg
赤い矢印の部分が当たっていたと思われる部分。
スポークが邪魔になって、取り付けに少々てこずったが、なんとかできた。
音は見事にしなくなった。

これで高速走行も大丈夫・・・とは思うのだが、やはりチェーンを交換してすぐだから、しばらくは様子を見たほうがいいだろう。
てなことで、フェリーにも乗らず錦江湾沿いの国道をどんどん北上する。

d0032222_1818012.jpg
また噴火してるし・・・。
そうそう、フェリーに乗らなかった理由のひとつに、降灰がある。
バイクには怖い存在だ。
コケそう。いや、灰がたまっているところを走ったらきっとコケる。
鹿児島のらいだぁは大変だろうな。

怒れる桜島を後にしながら加治木~姶良~蒲生~出水~水俣と走り、佐敷からは高速道路に乗った。

しかし、チェーンが切れただけで、エライ散財なのだ。
JAF陸送代21,000円(15キロまでは無料だが、それを超えると1キロ700円取られる)←これが痛い!
鹿屋→垂水港バス代630円
垂水→鴨池フェリー440円
鴨池港→鹿児島中央駅タクシー代1,500円
新幹線往復12,500円
鹿児島中央駅→鹿屋直行バス1,300円
チェーン交換・修理代17,535円
スプレーグリス580円
プライヤー980円
黒糖ドーナッツ棒700円 \(-。。-#...
上ヒレカツ定食1,300円 \(-_-#...

でもなぜか、まだまだバイクに乗りたい自分なのであった。
懲りないなぁ~ orz
by tama_photo | 2011-09-19 18:54 | トライアンフ | Comments(4)

こういうこともある、ということをワタシは言いたい。いや、書きたい。
結局のところ、頼りになるのは家族でも友人でもなく、自分と自分のフトコロ(財布)なのだ。

9月12日、朝7時に出発。目指すは九州最南端の佐多岬。
佐多岬は34年前、クルマで行ったのが最初。次に行ったのは3年前。バイク(SR500)で往復570キロの旅だった。
だから、また行かなくてもよかったんだが、なんとなく遠くへ行きたくて、天気予報で雨の確率の少なかった鹿児島を選んだのだった。
d0032222_16141361.jpg
遠いので、できるだけ高速を使う。御船ICから乗った。
加治木JCTから大隅方面へ。曽於弥五郎(そおやごろう)ICまで走った。
末吉財部(すえよしたからべ)ICから曽於弥五郎間は無料。
まだ出来て間もないみたいで、カーナビにも表示されない。
もちろん通行量も少ない。

d0032222_16195327.jpg
自衛隊鹿屋基地にある航空基地資料館に寄った。
入場無料。
解説の文字が小さくて目が疲れた。


目玉は零式艦上戦闘機(つまりゼロ戦)だな。
太刀洗のゼロ戦よりもきれいに復元してある。
14気筒、排気量27.9リットルで950馬力と説明してあった。
これで乗員1人。飛行機って恐ろしくパワーがいる乗り物なんだな~。
d0032222_16263532.jpg

d0032222_1627364.jpg
外では古いハーレーを撮影していた。
たぶん許可をもらってのことと思う。
カメラマンもプロっぽかった。
リジッドサスのジョッキーシフトに改造してあった。
1969年製のショベルヘッド。おれのより新しいじゃん。

d0032222_1632248.jpg
国道を避けて、肝属(きもつき)グリーンロードを走る。
広域農道はどこも車が少なくて走りやすい。

d0032222_1701048.jpg
「さたでいランド」という看板に誘われて寄り道してみたが、営業しているのか休眠中なのか、よく分からない施設だった。
でも、景色は最高。
錦江湾越しに見える薩摩半島の開聞岳が美しい。

雨にも遭わず、快調に走る。
降ってはいるが、降った後だったり、うまく雨をかわしているようだ。
ふだんの行いが良いと、まぁこんなもんさ。
ナビが目的地・佐多岬までの距離を「15キロ」と表示した。もうすぐだ。
左コーナーを抜けゆるい登り勾配の直線になったところでスロットルをひねる。
加速するバイク。・・・と、そのとき

「バキッ」という大きな音がしたかと思うとエンジンがストンと止まり、バイクは惰性でしばらく坂を登った。
「あっ、チェーンが切れたな」とっさにそう思った。
バイクを路肩に止め、おそるおそる下をのぞいてみると、案の定チェーンがものの見事に切れていた。

d0032222_16454694.jpg
つなぎ目のピンが外れたのかと思ったが、違った。ひょうたんの形をしたコマの部分が断裂している。
さあ、どうしよう。
どうしようもない。
バイク屋どころか自転車屋さえない・・・。

d0032222_1649713.jpg
JAFを呼んだ。
加入して十数年。呼ぶのは2度目、助けてもらうのは初めて。
トラックの横に乗せてもらって、鹿屋市までバック。
45キロも戻った。

d0032222_16512050.jpg
修理できそうな店でチェーンの在庫を確認。
「ありますよ」ということでホッとひと安心。
と・こ・ろ・が・・・である。
サイズは#530と同じでも、こいつのは幅の狭いノン・シール型。
現行のシールチェーンはドライブ側につっかえてどうにも入らないのだった。


知り合いのバイクショップに手当たり次第に電話するオヤジさん。
だが、どこにもノン・シール型の在庫はない。
やっと鹿児島市内の部品屋にあることが分かったが、どんなに急いで発送しても届くのは明日の午後になるとのこと。
「どこかに泊まりませんか?」
「いや、明日は休めないのでこれから熊本へ帰ります」

d0032222_1763344.jpg
バスの時間を調べてもらい、奥さんに自家用車でバス停まで送ってもらった。
さっき、ゼロ戦を見た航空基地のすぐそばじゃん。
しかし、西日が暑い。
周りに木が1本もないから、ジリジリと首筋を焦がす。


d0032222_1784598.jpg
やっと垂水港行きのバスが来た。
乗客がやけに多いと思ったら、そうだった、今日は月曜日なのだ。


d0032222_17114910.jpg
フェリーが来た。
窓越しの撮影なので汚くてゴメン。


d0032222_17132935.jpg
喉が渇いたので、船上でアイスを食い~の


d0032222_17125241.jpg
船上から中秋の名月を見ぃ~の


d0032222_17164729.jpg
鴨池港からタクシーで鹿児島中央駅へ行きぃ~の


d0032222_17175422.jpg
新幹線さくらに乗りぃ~の


家にたどり着いたのは夜8時過ぎ。
バイク → JAFのトラック → バイク屋の乗用車 → バス → フェリー → タクシー → 新幹線
1日でたくさん乗れて幸せさ~。。。
by tama_photo | 2011-09-19 17:27 | トライアンフ | Comments(0)

リ・マスター

デジタルリマスターされたCDを2枚。
1枚目は、バリーホワイトとラブ・アンリミテッドの「ラプソディー・イン・ホワイト」。
ず~っと昔のTV番組「ウィークエンダー」のテーマソングと言えば、ピンと来ますか?
d0032222_20343969.jpg
ああ、なつかしや。
でも、音質は期待はずれでした。
音源、音の出どころが多すぎるのでしょうか?
全体的にクリアさがありません。透明感に欠けます。
じっくり観察的に聴くと、どうもストリングスがよくなさそう。
知ってる曲は、アルバムタイトルにもなっている「ラプソディー・イン・ホワイト」と「愛のテーマ(LOVE'S THEME)」の2曲でした。
「愛のテーマ」は当時、オーディオコーナーでよくかかっていたので録音状態もよかったはずなのですが、いったいどうしたことでしょう。
こりはアナログレコードで聴いてみたくなりました。

2枚目は、スキーター・デイビスのベスト盤。
知っている曲は「この世の果てまで(The End Of The World)」1曲だけ。(^^;
d0032222_20432730.jpg
アルバムの中に1曲でも気に入ったのがあれば、つい買ってしまうワタシです。
1曲だけならiTuneストアでダウンロードしたほうが安く上がりますが、やっぱり「データ」じゃもの足りません。ちゃんとライナーのついたCDでないと・・・。
こっちもデジタルリマスターですが、期待以上にいい音でした。
1950~1960年代の、豊かでまだ素朴な米国の雰囲気がプンプンしています。
音数が少ないのが功を奏しているのか、半世紀以上も昔の音とは思えないほどクリアです。

じつは「この世の果てまで」は22年前、結婚式の入場に使った曲なんです。
ト・ツ・テ・モいい曲ですから、You Tubeかなにかで聴いてみてくださいな。
by tama_photo | 2011-09-13 20:59 | Music & Audio | Comments(0)

朝7時からバイクに乗って、午後2時半からトラックに乗って、4時40分には運転手つきの自家用車、5時5分から路線バス、6時ちょうどにフェリー、駅まではタクシー、最後のシメは新幹線「さくら」でっせ。ヽ(`▽´)/
1日で7種類の交通機関に乗ったのは初めてカモ。

佐多岬の手前で、チェーンが切れた。。。( ̄∀ ̄;)
d0032222_21523582.jpg

#530の、シールチェーンではない、ナロータイプのスタンダードのチェーンなんて
町のバイク屋さんにあるわけねッス。(T.T)
by tama_photo | 2011-09-12 22:00 | トライアンフ | Comments(0)

メンテ

日曜日、友人と鹿児島へ300キロほどツーリングをしたので、今日はメンテナンスをしました。
前回のオイル交換から1,800キロ余り走っていたので、まずはオイル交換。
まだ暑いので、シングルグレード#40にしました。量は3クォート(946ml×3=2,838ml)。
トラのオイル交換のスパンは1,500キロです。
オイルタンクとクランクケースから古いオイルを抜きます。
クランクケースからも抜いたときは、オイル交換後にカラキックを踏んで、新しいオイルを循環させます・・・って知ってました?(^^;
ついでにギヤオイルを補充。
ギヤオイル漏れはまだ修理してません。そのうちに、と思いながら半年過ぎました。

ステイン(錆)からステンレスに
それから、エキゾーストフランジを交換しました。
不具合はなかったのですが、サビがひどくて見苦しかったものですから、スクールの校長が見かねて「ステンレス製もあるアルヨ」とアドバイス。
一も二もなく交換です。
d0032222_20175244.jpg

エキパイ&サイレンサーを外し、フランジのボルトにシルバーグリス(アンチ・シーズ)を塗って締め付けました。
そこで校長のひとこと「塗りすぎです」。m(_ _)m
d0032222_2020464.jpg

グリスアップ/3,000キロ
校長「スイングアームのグリスアップはしたかアルヨ?」
ワタシ「ぜーんぜん」
校長「オイル交換2回に1回の割でするアルネ。3,000キロごとアル」
グリスガンで5~6回ポンピングして、やっとグリスがいっぱいになりました。
けっこう減っていて驚き。それもそのはず、納車からすでに9,000キロも走ってました。

テンションとオイル撒き
オイルタンクの上部からオイルがにじみ出ていたので、これを修理。
本来、チェーンに給油するメカニズムが備わっているのですが、エンジンオイルをチェーンに回すと汚れるから、このシステムは殺してあります。けど、そのオイルが止まらないのです。
油量を調整するネジを交換し、しっかり閉めました。
パイプを差し込んで、大気中に放出することも考えましたが、撒き散らしてはいけませぬ。
チェーンがユルユルだったので、張りました。遊びは5センチ。
前回、トルクロッドを緩めずに調整したのはマズかったかな?( ̄∀ ̄;)
どうりで締まらないと思った…。

夕暮れの中、熊本港まで試走。
d0032222_20373640.jpg
もしかしたら、オイル撒きは止まってない・・・かもネギ。
by tama_photo | 2011-09-05 20:42 | トライアンフ | Comments(4)

収穫

自分で育てたゴーヤを食べました。

d0032222_22292110.jpg昨日2本、今日1本、計3本を収穫しました。
ライカと比べると大きさがよく分かるでしょ。\(-_-#... ワカランゾナ
11~12センチです。

d0032222_22304484.jpgタテに切り、スプーンで中の種と白い部分を取り除きます。
左のゴーヤは種が少し赤くなっていました。
収穫時期が遅かったのです。

d0032222_22331730.jpg2ミリくらいの厚さに切って塩をふり、苦味を抜きます。
10分ほど置いて、よく水洗いします。

d0032222_22362129.jpgゴーヤチャンプルの材料はゴーヤのほかに、木綿豆腐半丁、豚小間切れ50g、ニンジン少々、卵2個です。

d0032222_22391378.jpg大さじ1の油で豆腐を炒めます。
豆腐はサイコロに切って余分な水分を抜いておきます。

d0032222_22405443.jpg豆腐に焦げ色がついたら豚肉を加え、塩コショーを少々降って炒めます。
味付けは最後にまとめてでもかまいません。

d0032222_22434251.jpgゴーヤとニンジンを加え、さらに炒めます。
ゴーヤにある程度火が通ったら、だしの素、酒、しょうゆ、塩コショーで味を調えます。
最後にとき卵を加え、しばらく置いてからかき混ぜます。


完成。(*^_^*)
D700 Tokina 28-70mm f2.8 SB-800
d0032222_22472769.jpg

店で買ってきたのとわが家で収穫したのとでは、硬さが違うように思います。
食べていても歯ごたえが気持ちいいですね。
さて、あと何本育ってくれるかな?
by tama_photo | 2011-09-02 22:52 | うまいもの | Comments(2)