情けない音

娘の高校の卒業式で、式典が終わり、卒業生が退場するとき、吹奏楽部がある曲を演奏しました。
聴いたことのある曲。けれど、だれの曲か知らないし、曲名が分からない。しかし、その旋律にえらく感動してしまいました。
後で娘に聞いてみたら、それが「いきものがかり」の「YELL」だということが分かりました。
どうせなら、いきものがかりの他の曲も聴きたいと、2枚組のベストアルバム「いきものばかり」をアマゾンで買いました。
d0032222_22563762.jpg
そうそう、この曲だ・・・と、聴いてはみたものの、なにこれ? この録音?
まるでソノシート(赤いペラペラのレコード、知ってますか?)みたいな、AMラジオから流れてくるような音質。
まったく透明感のないボーカル。うるさい演奏。とくにストリングスの音なんて、音場を濁しているだけの最低レベル。
がく然としました。これがJ-POPの実態か・・・。
こんな音質で今の若者は満足しているのかなぁ、よくも文句が出ないものだと思いました。

いい音の定義
いい音のCD(音源)には、音にすき間があります。すき間を感じます。
楽器から出る音や声の向こうが見通せる。音と音の間の『無音』がハッキリと感じられて、その無音は限りなく透明でなければなりません。「静寂」と言ってもいいでしょう。
この「限りなく透明に近い静寂」を再現するために、音響メーカーはテクノロジーの粋と膨大な物量を投じ、アンプやCDプレーヤーなどのコンポーネントを開発・製造しているのです。
そしてレコーディングエンジニアもまた、そういう再生音を目指して録音技術を磨いているのだと思います。

こいつも「ダメだし」したい録音。ユーミンのアルバムはどれもそれほど悪くないのですが、これは別です。
ペラッとして立体感の感じられないボーカル。大きすぎるバックミュージック。これでよくもまぁ松任谷正隆がOKを出したものだと思います。
d0032222_23163430.jpg

こんなCDを聴くくらいなら、1950年代のモノラル録音盤や60年代ステレオの黎明期のほうが、うんといい。
思うに音の良し悪しは録音機器の優劣ではなく、プロデューサーやエンジニアの耳とこだわりの差なのだと。
実際、国内録音盤でも、とんでもなくいい音のCDがあります。たとえば・・・
d0032222_2321445.jpg

これは「いい音」がウリのCDなんですけど、アナログレコードも出ていて、これがまたいいんです。
演奏者の位置関係、左右はもちろん前後まで、ハッキリと再現されます。
ジャケットにはプロデューサーとミキサーのほか、カッティングの担当者まで名前がクレジットされています。
機会があれば買って聴いてみてください。たまげます。

これもいい。
d0032222_23244967.jpg

「いい音」のするCDもまた日本のCDなんです。
こんないい音のCDが作れるんだったら、みんないい音で出してよ・・・というのが私の言い分です。

いきものがかりの曲は、メロディラインがきれいで、私はけっこう好きです。これからもずっと歌い継がれていくと思うのですよ。
だからぜひ、未来のために「いい音」で残していってもらいたいのです。
ほんとに情けない。。。
by tama_photo | 2012-02-29 23:45 | Music & Audio | Comments(8)

新文字

なんと読む?
d0032222_1547429.jpg


             かなあみ     ヾ(≧▽≦)ノ

「あみ」は糸へんで「網」と書きます。この文字ができた頃に針金はなかったのでしょう。
で、その針金を編んでできたのが「金網」。
そのときに字も作ってしまえばよかったのにと思います。
by tama_photo | 2012-02-28 15:29 | others | Comments(0)

クラッチ調整

スポスタのクラッチを調整します。
ちょっと切れが悪いのです。エンジンが暖まってくると、だんだんひどくなります。
このスポには、MRCクラッチという操作が軽くなるものを入れています。外そうかとも思いましたが、その前にきちんと調整してみる価値はあります。
RICOH GX200
d0032222_13572681.jpg
まず、クラッチワイヤーの途中にあるアジャスターを目いっぱい緩めて、クラッチレバーに大きな遊びを与えます。
ところが、このロックナット(赤い矢印)、役に立ってませんが・・・。( ̄∀ ̄;)
ネジの切ってある部分は下のナットと一心同体、つながっているんです。
つーことは、どう考えてもロックナットは上(青い矢印)でしょう?
ディーラーがクラッチを調整したという確かな証拠はありませんが、ディーラーに整備に出すたびに、なんかおかしくなって返ってきます。
前回は昨年5月に、オイルのにじみを直してもらいました。工賃は4万円ちょい。そのときクラッチワイヤーの取り回しがフレームに沿ってきれいに直されていました。けど、調整したかどうかは不明。もしかすると、オレが自分でクラッチケーブルを交換したときにやったのかもしれません。
けど・・・一目見て分かる凡ミスですよ、これは。オレ、こんな失敗はしないと思うけどなぁ。


d0032222_14162693.jpg
次に、クラッチインスペクションカバー(ダービーカバーともいう)を外します。
このとき、車体を垂直に立てます。ハーレーはセンタースタンドがないので、サイドスタンドにゲタを履かせたりします。
これをしないと、ミッションオイルがダダモレします。じつはダダもらししました。(^^;
あわてて柱に立てかけました。
97年式スポは、トルクススクリュー4本で締めてあります。最近のは6本。ビッグツインまで含めると、年代ごとに3本、4本、5本、6本と、ネジの数はいろいろとあります。

d0032222_14292762.jpg
ご開帳。
こんなんなっています。クラッチプレートとかはもっと奥のほうにありますが、調整はこの部分だけでできます。
たしか、MRCクラッチへの交換も、インスペクションカバーを開けただけ、この状態でやったと思います。


d0032222_18164.jpg
調整方法

①クラッチワイヤーのアジャスター部分は一杯に緩めておきます。この記事の1枚目の写真の部分ですね。

②スプリングとロックプレートを取り外します。手でも外れます。


d0032222_18371911.jpg
③調整スクリューをマイナスドライバーで反時計方向に回します。ここは逆ネジになっています。

④抵抗を感じるまで回して、そこから1/4回転戻す(時計方向に回す)。

⑤ロックプレートをはめる。このときアウターランプの六角穴と合わないときは、調整スクリューをさらに時計方向へ回します。

⑥スプリングをはめ、クワッドリングを車体側の溝にきちんと入れてインスペクションカバーを取り付けます。


d0032222_1825771.jpg
⑦クラッチワイヤー途中のアジャスター部分を伸ばして、遊びを減らしていきます。


d0032222_1842038.jpg
マニュアルでは、この黄色い線の部分、クラッチレバーの遊びが1.6~3.2ミリになっています。


とまぁ、マニュアルどおりにいけば何の苦労もありません。
さっそくエンジンをかけて試乗しようとしました。
ところが、ローに入れるとき、ガリガリガリッと派手にギヤ鳴りがします。明らかにクラッチが切れていません。
当然、ニュートラルも出にくい。
アジャスター部分で遊びを減らしますが、それでも切れがイマイチよくありません。
急がば回れで、インスペクションカバーをまた外し、①からやり直します。
今度は調整スクリューの戻しを必要最小限にしました。たぶん1/6~1/8回転くらいしか戻しませんでした。
そしてレバー部分の遊びもほとんどゼロに。
ウム、これで良くなりました。ギヤ鳴りなし、ニュートラルも一発。問題はクラッチが滑らないか、ですね。
小雨の中、10キロほど試走してみました。体感できる滑りはありませんでした。
ああ、遠くへ行きたい・・・。
by tama_photo | 2012-02-25 15:17 | ハーレー | Comments(0)

クリーンディーゼル

CX-5はすごいなぁ。
d0032222_2082235.jpg
ちゃう・・・て。
こりはリコーのデジカメ。( ̄∇ ̄;)

マツダが売り出したSUVのCX-5でんがな。
d0032222_20101063.jpg
これに載る新型エンジンがすごい。
トルクがなんと42.8kg-m/2000rpmでっせー。\(゜ロ\)(/ロ゜)/
V8の4リッターガソリンエンジンに匹敵するといいます。
直列4気筒2.2リッター、ツインターボのクリーンディーゼルで、馬力は175psなのにね。

ヨーロッパではディーゼルエンジンが人気で、ホンダはシビックに2.2リッターのターボディーゼルを搭載しています。そのシビックがアウトバーンを200km/hオーバーで巡航するそうな。
ディーゼルエンジンといえば25年ほど前、ゴルフⅠのディーゼルに乗っていましたけど、ノンターボの1.5リッターでしたから動力性能は推して知るべしです。鹿児島から高速で帰ると、上り坂で100km/hを維持できませんでした。〇| ̄|_

そのころ、職場にデリカワゴンのターボディーゼルが1台あって、その力強さに驚きました。
エンジンの回転数は上がらないのに、車速だけが異様に伸びていく。まさにトルクで走る感じでした。
このフィーリングがワタシは好きなのだソーリ。\(-。。-#
やっぱり、ディーゼルエンジンにはターボですよ。ターボのないディーゼルなんて、〇〇〇のない〇〇〇みたいなものです(〇に好きな言葉をどうぞ)。

このCX-5もデリカのような感じなんでしょうね。きっとそれ以上にカッ飛びそう。
デザインはともかく、最近のマツダは意欲的で積極的です。ロータリーがなくなるのは寂しいけれど、このメーカーからしばらくは目が離せません。
by tama_photo | 2012-02-22 20:24 | クルマ | Comments(11)

いつもはDIYでやってしまうのですが、今回はバイクショップに持ち込みました。
レストアスクールの忘年会で知り合った青年が勤めている店です。ハーレーもやるようになったと聞いたものですから(以前は外車お断りだった)「今度、行くよ」と約束していたのです。
が、その青年は不在。休みかな?辞めたのかな? 聞かずじまい。
いつも使っているレヴテックの鉱物油20W-50を3本、ギヤオイル(80W-90?)を1本、オイルフィルターを1個買って、交換作業をお願いしました。
辛抱ばかりしてたんじゃ、景気も良くなりませんからね~。
RICOH GX200
d0032222_23551215.jpg
店の休憩所からガラス越しに作業を見ることができます。
エンジンオイル@840円×3本+ギヤオイル945円+フィルター1,890円+工賃3,150円=
8,505円でした。

バッテリーがちょいと弱り気味ですが、他は快調そのもの。マフラーを替えたので、ジェントルに町を疾走します。
あと、やり残したというか、整備したいところは、①ウィンカー ②エアクリーナーカバー ③クラッチ かな。
ウィンカーとエアクリーナーカバーはともに傷があるので、交換するなり塗るなりしようかと。
クラッチは、MRCクラッチの切れがイマイチなんです。これはいろんな人がそういう感想を書いています。純正とほとんど変わらない仕組みで軽くなるんだから、なにかネガティブな現象が出て当たり前なんですよね。
バイクに3年乗って握力がついたみたいで、この左手ならノーマルのクラッチでも行けそうです。
MRCクラッチにしたのもDIYだったので、元に戻すのも自分でやります。たぶん。

帰りにカラスの大群と遭遇。500羽くらいいました。
そういえばこのハーレーもカラスの濡れ羽色だなぁ。
d0032222_010753.jpg

by tama_photo | 2012-02-21 00:13 | ハーレー | Comments(2)

5ヶ月ぶり

スポーツスターを修理しました。
9月に転倒して、これまで壊れたり傷ついたりした部品をコツコツと交換してきました。それも今日が最終回で、うまくいったらバイクショップでエンジンオイル、オイルフィルター、ミッションオイルを交換する予定でした。

マフラーは先週の月曜日に交換しました。ほとんど無傷のきれいなのが、エキゾーストとヒートガードまでついて、なんと1マンエンで落札できたのです。業者だと、無傷モノはマフラーだけで2マンエンします。
今日はハンドルグリップを純正に戻して、ガソリンタンクを交換します。
まずはバッテリーを充電すっぺ。部品を交換している間にバッテリーを充電すれば無駄がありません。
PEN E-P3 14-42mm/f3.5-5.6
d0032222_1956486.jpg


タンクを外しました。ガソリンがダダもれするかと期待していたのに、まったく漏れません。燃料コックをONにしてもリザーブにしても、ガソリンは1滴たりとも漏れないのです。
まぁ、作業はラクでしたけど、どうしてなんだろう?
下のタンクが、転倒してへこんだタンク。向こう側(右側)にハンドルバーによるへこみキズができました。乗る分には何の問題もないのですが、タンクといえばバイクの「顔」みたいなもので、キズはやっぱり気になります。気になりだしたらもう居ても立ってもおれません。
上がオークションで入手した無傷のタンクです。15Kでした。
同じように見えて、じつは若干の違いがありました。負圧ホースの出口の位置が違っていました。負圧ホースも向こう側にあります。(^^;
まったく同じデザインなのに微妙な違い。こういうところ、ハーレーはディープです。
タンクは長いボルト2本で前後をとめてありました。申し訳程度にラバーマウントされています。

d0032222_19575712.jpg


発見!締め忘れ
タンクを外したところで、2本のネジがまったく締められていないのを発見!ネジははまっているものの、ガタガタ。手で締められほどです。
ここは前後のシリンダーヘッドとフレームをつなぐ部分です。これってとても大事なとこじゃない?
d0032222_2014371.jpg
ガソリンタンクをはめると、この部分は燃料コックで完全に隠れてしまいます。
昨年5月、オイル漏れの修理に出したとき、整備士が締め忘れたのでしょう。危ないったらありゃしない。
「ここが締めてなかったからコケた」と言っても無理だろーなー。\(-。。-#クレーマーカイ?
トルクスレンチできっちり締めました。

さて、ハンドルグリップを交換します。
転倒によるダメージはなかったのですが、社外品のため滑りやすかったので、純正品(中古)をオークションでゲット。2本で1.1k。これも安い!
こうやって並べてみると、作りが違うのがよく分かります。
左の写真はクラッチ側。右の写真がスロットル側。グリップも左が社外品で右が純正。やはり社外品は手抜きしてありますね。
d0032222_2120535.jpg

スロットルケーブルを外していたら、タイコが1個落ちて行方不明になりました。
ずいぶん探したのですが見つからず、仕方ないので「ボルトを締め忘れたHDディーラー」( ̄∀ ̄;)へ買いに行きました。
こんなちっこい部品が1個800円もします。
スロットルケーブルは開くほうと閉じるほうと2本あるので、矢印のように装着します。これってけっこうめんどプ~ンなんです。とくに、オレみたいに指のデカい人間には・・・。
d0032222_20365827.jpg

ガソリンは マズい!
古いタンクのガソリンを、どうやって新しいタンクに移すか?
ちょうど手元に耐ガソリンの黒いチューブがあったのでそれを使い、サイホンの原理で上から下へ流すことにしました。
古いタンクをハンドルバーの上に置き、給油口からチューブを差し込んで、まず口で吸います。飲み込むとヤバいので、チューブの途中を指で挟んで、ガソリンが通るのを指先で感じながら・・・オエッ!いきなり口に入ってきたッ!〇| ̄|_
チューブが細かったので、少し吸っただけで口まで到達したのでした。写真はありません。
ガソリンは、マズいですよ。ビリビリします。よい子はゼッタイまねしないようにしましょう。

いよいよ始動
なんだかんだで作業に2時間ほどかかりました。もうバッテリーもずいぶん充電できたことでしょう。
ガソリンコックをONにしてチョークを引いて、スターターボタンを押します。緊張の瞬間。
ゆっくりとクランキングするものの、エンジンはウンともスンともいいません。3度、4度と繰り返すうちにセルモーターが弱々しくなってきました。
いったん小休止。また充電器につなぎ、オイラは散髪へ。時間は有効に使わなきゃ。

1時間後、再挑戦。一瞬かかろうとしたけれどもそれが長続きしません。
バッテリーが弱ってしまったのだろうと判断し、ブースターケーブルで車のバッテリーとつなぎました。そしてクランキングすること数回。
やっとこさVツインが息を吹き返しました。5ヶ月ぶりです。
d0032222_2055264.jpg

エンジンがかかって気づいたことがひとつ。それは排気音が静かになったことです。
今回交換したのも同じ純正マフラーだったので、音も同じものだと思い込んでいました。しかし明らかに静かなのです。
まぁ、爆音好きじゃないのでいいけど、それにしても拍子抜けするほどの音量です。
エンジンが暖まったところでいよいよ試走。
ガソリンを満タンにして港まで走ってきました。
d0032222_20584126.jpg

これはケータイで撮った写真なので、画質の悪さは許してちょ。
ときどき雪が舞う寒さでしたが、久しぶりのハーレーは楽しかったです。純正のグリップは手に吸いつく感じで非常に具合がいい。振動も、心なしか以前より少なくなったような・・・。気のせいかもしれません。
そうそう、風防も一緒に取り付けたのでした。まだしばらくは寒いので、役に立つことでしょう。
予定していたオイル交換はできませんでした。次の休みにでも。
by tama_photo | 2012-02-18 21:35 | ハーレー | Comments(2)

カスタマイズ

少し古い話ですが、ハーレーのデモライドで見かけたバイクです。
「袖ヶ浦」ってどこよ?
EOS 5D-II EF50mm/f1.4
d0032222_21235340.jpg

ナンバーはさておき、サビが出てますね。
それも「わざと」というか「あえて」出してる感じ。
タンクは鉄のまんま。何も塗ってないんじゃないかな。
エンジンはビッグツイン。タンクはスポーツスターの小さいやつにしています。
軽量化?されたリヤフェンダーもサビサビ。(タイヤはもう替えようね)
d0032222_21271026.jpg

ピカピカに磨くのが普通のハーレー乗りだけど、こういう乗り方も、あっていいと思います。
けっこうお金はかかってるんじゃないかな。
d0032222_2129445.jpg
矢印がバックミラー。たぶん1個1万円くらいする。
でもね、ミラーにそれだけお金かけるくらいなら、クラッチレバーを替えてほしいな。
ハーレー純正のレバーは使いにくい。4本で握るしかない。
普通、バイクは3本指で握ります。親指と中指は常にハンドルグリップを握っていたほうが、とっさの場合にコントロールしやすいから。
でも、この純正レバーでそれをやると、人差指がレバーに思いっきり挟まれます。
写真では人差指の「逃げ」の部分があるみたいに見えるけど、実際はほとんどありません。
まぁ、個人の趣味の問題だから、どう飾ろうと勝手だけどね~。最近は無改造のオリジナルが一番いいと思うようになりました。
by tama_photo | 2012-02-16 21:39 | ハーレー | Comments(6)

器とストーブと

安物ですが、色違いの切子グラス。
いつもこれでビールをいただいています。
容量は120mlくらいなので、缶ビール1本を3杯で、泡を楽しみながら飲むことができます。
5D-II Macro-Elmarit 60mm/f2.8
d0032222_22494999.jpg

今夜の肴はスーパーの惣菜。どうせ独りなので、作ろうという気になれません。
貧しい食事です。値段がどうのこうのじゃなくて。。。

せめて気分だけでもリッチになりましょう。
Kiss X5 EF 50mm/f1.4
d0032222_225623100.jpg

アラジンは快調です。
再生にあたり、いろんな方のブログを見て回って見つけたのが貧乏単車おやじさん。貴重なアドバイスをいただきました。
遅くなりましたが御礼申しあげます。m(_ _)m
SR400、SR500がお好きということで、SR500がリターンライダーの事始めだったワタシには、なにか不思議な縁を感じるのでありました。
この方のブログ中「アーリーアラジン」のロゴをクリックすると、古いアラジンが山のように出てきます。
音楽でも聴きましょう。
5D-II EF70-200mm/f2.8L IS II
d0032222_23114480.jpg

by tama_photo | 2012-02-15 23:15 | others | Comments(2)

盗難車情報

千葉県の方ですが、長く乗ってきたハーレーが盗難に遭ったそうです。
どなたでもけっこうです。もし見かけたら情報をください。
以下はオーナー様からの情報です。
d0032222_204646.jpg
盗難日時2月上旬、千葉県松戸市内の自宅駐輪場から盗難。
ハーレーダビッドソン51EL改
ナンバー:品川え3702
フレーム職権打刻 :神[42]912609神

フレーム、エンジン、ミッション、パンヘッドアーリー純正
フロント2インチオーバー21インチ
前後サンリム
アップスィープ&ディキシーサイレンサー
マスタング2、2ガロン
ステンレスサイクルフェンダー
ワンオフキング&クイーン
M-74B
点火オートアドバンス、デスビキャップ手動進角タイプ
12ボルト装換
ICカットアウトリレー
オープンプライマリー
VLテール
リアガイドマーカージューンブランド赤レンズ
ノンロッカークラッチ
ジョッキーシフト、アンティークガラスドアノブ
ミスミ7インチドックボーンライザー
スパーバーインナーアクセル 等

「パンヘッド」と呼ばれるとても古いハーレーです。
2重、3重のロックをしていたそうですが、くくりつけていた鉄柱をぶった切って盗んでいったとか。
素人が出来心で・・・じゃなさそうです。
早く見つかりますことを祈ります。
by tama_photo | 2012-02-13 20:52 | ハーレー | Comments(3)

Top Gear と CGTV

TVはあまり見るほうじゃありませんが、毎週録画して必ず見ている番組がひとつ。
英国BBCが作ったTop Gear(トップギア)です。
クルマのインプレッションと、芸能人のタイムアタック、それに企画モノの3部構成です。
企画モノは毎回アホらしくなるような内容ですが、文句なしに楽しめます。

d0032222_12503487.jpg
先週は自動車を改造して列車にするというものでした。
その発想だけでも驚きますが、実際に使われている鉄路を走らせるのですから、本当にすごいと思います。
会話も乱暴で、「ペ*ス」「*液」「クソ」など、日本の放送では言わない(言えない)単語がポンポン出てくるし、クルマに対する批評も歯に衣着せぬもの言いです。
d0032222_13312185.jpg
企画編では、キャンピングカーを連結した客車が、最後に普通列車に跳ね飛ばされました。
撮影の間、列車は止めるんだろうか?
衝突で列車に傷がついたらどこが弁償するんだろう?
・・・などと、見ているほうの心配をよそに、番組はどんどん進みます。
インプレッションではジャガーXKR-SとスカイラインGT-Rがガチンコ対決。
ゲストはミスター・ビーンでおなじみのローワン・アトキンソンでした。


d0032222_1311736.jpg
かたや日本の自動車番組、カーグラフィックTV。
土曜日放送の「ドイツ御三家小型スポーツカースペシャル」を見ましたが、まぁ退屈といったらありゃしない。
編集長の田辺氏がハンドルを握って隣に松任谷正隆氏が座り、なんの変化もない道路を会話しながら運転するだけの内容。あれでクルマの何が分かるというのでしょうか。
途中で眠ってしまいました。


カーグラは民放、トップギアのBBCは国営放送ですよ。
縛りの少ないはずの民放なのに、なんでもっと辛口ではじけたのができないんでしょうかねぇ。
ホントにつまらない。
ためいきばかり出る休日でした。
by tama_photo | 2012-02-12 13:28 | クルマ | Comments(4)