EC

EC(イーシー)といえば、みなさんは何を思い浮かべるのだろうか。
英会話? そりゃECCじゃろ。ゞ( ̄∇ ̄;)
私は「エリッククラプトン」。これホント。なぜかというと、ギターのエリッククラプトンモデルを持ってるから。
000-28ECというこのモデルは、000の型番で分かるようにボディは小ぶり。でも、アルペジオがやりやすいようにナット幅がドレッドノートシリーズより広くなっている。(じつは000-28ECの前にD-28を買ったのだが、ナット幅が狭すぎてうまく弾けなかった)
弾きやすいけど、全然弾いていないのは自己責任以外のなにものでもないのだけれど。。。(T_T)
EOS5D-II Macro-Elmarit 60mm/2.8
d0032222_225353.jpg

もうひとつのEC
あるところには、ある。
これは、フェラーリのSP12 EC。
d0032222_2273316.jpg

エリッククラプトン様がフェラーリ株式会社(ホントか?)に注文して「ワンオフ」で作らせたスポーツカーがこれ。(◎_◎)
最新型の458イタリアをベースに、デザインはまったく別モノ。エンジンはクラプトン様の要望でV8からV12に換装されているらしい。
意外にも彼はフェラーリ好き。中でもとくに512が好きで、過去3台も乗り継いだそうな。
クラプトンといえば、日本びいきで毎年のように日本にやってくる。
ステージはテレビでしか見たことないが、ものすごく地味。なんの仕掛けもハッタリもない。安そうなスニーカーとジーンズをはいて、上着は真っ白なコットンシャツ1枚だった。
それでも数千人の観衆を引きずり込む。
そういう神様みたいなクラプトンが、クルマ好きが昂じて自分だけのフェラーリを作らせた。。。っていうのは、なんだか神様がじつはただの人間だったっていう気がしてならない。
by tama_photo | 2012-05-30 22:28 | クルマ | Comments(11)

今週は金曜日が休みでおます。その代わり、土日は仕事です。
土日のことを考えると、家でやっておくべきこともあるんですが、イヤなことはパッと忘れて遠くへ出かけましょう。。。現実逃避?とも言う。(^^;
宇土半島の旧不知火町に広域農道があると聞いたので、そこをまず走りました。きれいな道ですね。  RICOH GX200
d0032222_016497.jpg
しかしこの道、まだ「半完成」で、ゴルフ場を過ぎたたところで、いきなり通行止めでした。ウ~ム、とりあえずゴルフ場のために作ったみたいだなぁ。。。

長島 やめて 島原
家を出るまでは、天草→長島→出水→水俣→熊本 というコースを描いていたのですが、天草の海を見ていたらガツガツ走るのがいやになって、近道することにしました。
天草市は「タコ街道」をPRしています。これは道の駅「リップルランド」の近くにあるモニュメント。なにげにリアルであります。
d0032222_02805.jpg

リップルランドで昼食を済ませ、鬼池港から島原の口之津港へ行くことにしました。鬼池港の待合所がきれいになっていました。
d0032222_0315218.jpg
バイク+ライダーで1,150円。750以上だとプラス260円です。

30分で長崎県は口之津港に到着。ここからは国道389号、山の中を縫って走ります。初めて走る道路です。
途中、諏訪の池で休憩。天文台や野営場がありました。子どもが小さければすぐにでもキャンプに行くんだけどなぁ。
d0032222_0361480.jpg
d0032222_0362676.jpg

雲仙温泉に着きました。あちこちから温泉の蒸気が吹き出ています。ここはある程度の高地なので、明治・大正期は欧米人の避暑地として栄えたそうです。そのせいか、洋風の建物が多いように感じます。
d0032222_0415920.jpg

ここから仁田峠へ上れば満開のミヤマキリシマが見られたでしょう。でも行きません。今日は夜7時半から運動会の打ち合わせ会があるので、あまりゆっくりできないのです。逃避していた現実が、だんだん近づいてきました。( ̄∀ ̄;)
山を下りて島原港へと向かいます。

またフェリー
島原港から熊本港まで、またフェリーに乗ります。バイクは1,650円。割引されている軽自動車と150円しか違いません。ちなみに750cc以上は1,970円で、軽より高くなります。…ってか、やっぱりおかしい。運賃は重さで決めるべきですよ。
d0032222_055398.jpg


さて、本日のルート。200キロほど走りました。例によって赤が往路、青が帰路、緑はフェリーです。
d0032222_10263761.jpg

by tama_photo | 2012-05-19 01:02 | トライアンフ | Comments(6)

最近ハマッているのが大瀧詠一。その流れではっぴいえんどなどもよく聴いている。
まだ20代のころ、友達が好きだったのでよく聴かされた。当時は「なんやこれ?」と、そのよさに気づかなかった。それどころか、その友達の音楽的センスを疑ったほどだ。
けれど、いま聴くと、懐かしいのはもちろん、少しも古さを感じさせない。歌も演奏もどこか力を抜いたようなところがあって、ちょっとふざけていて、だけど全体のアンサンブルとしては非常にすばらしく、日本のPOPS界ではトップレベルのセンスがあると思う。
今日、アマゾンからナイアガラトライアングルが届いた。他の3枚は持っていた。
音質はそれほど良くないだろうからiPodやiPhoneで聴くことにしよう。

d0032222_21553250.jpg

by tama_photo | 2012-05-14 21:55 | Music & Audio | Comments(2)

スマホデビュー

そうそう、携帯をスマホに替えました。ほんの少しの電話と、わずかなメールを送るだけなので、必要性はほとんどなかったのですが、ヨメと娘が同時にスマホに替え、家の光を微々句から英雄光にした(する)ので、月々の基本料金が1台あたり1,480円割引になるのです。それも、2年間。
ケーサンしてみましょう。1,480円×3台×24ヶ月=106,560円!!!
大したものです。しかしこの数字に惑わされてはいけません。値引額の数倍、使用料を払わねばならないのです。
説明では、だいたい毎月6千数百円になるそうな。これまでのケータイは3千円前後でしたから、およそ2倍ですね。考えてみたらバカらしいお金ですよね~。
d0032222_17273817.jpg

無用の長物にならないよう、使い方をせいぜい勉強します。(・ω・)
by tama_photo | 2012-05-14 17:28 | others | Comments(2)

23周年

d0032222_21191433.jpg
今日、23回目の結婚記念日でした。
平成元年、1989年。どんなことがあった年か調べました。
天皇陛下が亡くなって手塚治虫さんが亡くなって、消費税が導入されて・・・と、明るい話題がありませんね。
でも私たちは幸せだったのです。(過去形なのがちょっと問題)
早いな、時のうつろいは。。。
by tama_photo | 2012-05-13 21:24 | others | Comments(2)

またまた危ういソロツー

今週は木曜日が休みでした。降水確率0%となると、遠くへ行かないはずがありません。
6時起床。7時出発。ふだんは6時40分起床、7時40分出勤ですから、我ながら気合いが入っていると思います。
本日の目的地は、大分県米水津(よのうづ)にある空の公園。去年、千円で食い放題の海鮮丼を食べて、その帰りに立ち寄らなかったところです。行き当たりバッタリが多い私にしては、珍しく明確な目的地があります。

阿蘇へ向けて第2空港線を走りましたが、朝のラッシュで流れは最悪。まんま57号線のほうがよかったかな。
立野のコンビニと道の駅すごうで休憩。スポはカーナビがつかないので、充電式のナビをポケットに入れ、時々止まって道を確認することにしました。
そうそう、時計をつけたんです。豆粒くらいの小さいやつを、ヘッドライトのひさしの部分に。 RICOH GX200
d0032222_23155114.jpg
スピードメーターとタコメーターの間から、チラッと見えます。

竹田の街中に入りました。悪夢の自転車商会はどうしているのだろうかと思いつつ走っていると、突然エンジンがプスプスと息をつきはじめ、エンストしてしまいました。さては自転車商会の呪いかっ?Σ(・ω・ノ)ノ
コックをリザーブの位置にしてもエンジンはまったくかかる気配がありません。たぶんガス欠でしょう。仕方なくガソリンスタンドまで押します。・・・アラ、10メートル先にスタンドがありました。なんてラッキー!
満タンにしたら、何事もなかったかのようにすぐエンジンがかかりました。リザーブの位置でかからなかったのは、たぶんコックにゴミが詰まっているのだと思います。
このエンスト事件であわてたのか、竹田から右折して豊後大野市へ行くはずが、そのまま国道57号をまっすぐに走ってしまいました。
引き返すのもシャクなので、大野インターのところから県道26号線に入りました。すると「沈堕の滝」の看板が。
名前は何度も耳にしたことがあるけど、ここにはまだ一度も行ってません。時間も早いし、寄ることにしました。
d0032222_2324427.jpg

「豊後のナイアガラ」と呼ばれる名勝です。雪舟が絵に描いたとか、いろいろと説明した看板がありましたが、私が一番知りたかったのは、なぜ「ちんだ」なのか、名前の由来を教えて欲しかったぞなもし。
雪舟の絵では「鎮田瀑図」とあるそうなので、元々はなにかしら別の意味だったのでしょう。「沈」も「堕」も、あまりいい意味はないと思うし、この見事な滝にそぐわない字だと思います。

滝の下流に発電所跡があって、遊歩道を降りていくと建屋の中に入ることができました。
d0032222_23292574.jpg
明治42年の完成ですから、103年前の建物。入口や窓のアーチに西洋を感じます。
ここに発電機が座っていたのですね、きっと。
d0032222_23321988.jpg

丸い穴は導水管の跡でしょうか。
d0032222_2335367.jpg

天空の城ラピュタを思い出しました。
d0032222_2335504.jpg

上流へ歩いて沈堕の滝です。人が作ったかのような柱が見えますが、これは柱状節理。高さ20メートル、幅はおよそ100メートル。
d0032222_23425219.jpg

珍しく、独り記念撮影。ストロボをたいてもあまり効果がなかったようで。。。
しかし、スポにこのジャケットは合いませんね。オイルドコットンのベルスタッフ・トライアルマスターです。
d0032222_23462437.jpg

ここからまたしばらく走って佐伯市に入り、海沿いの道を通って鶴見湾に出ました。
千円で食い放題海鮮丼の一心太助はお休みで~す。もちろん知ってました。ここは土日しかやってません。
d0032222_2353219.jpg

近くの寿司屋が開いていたので、今日はこちらに入ります。トレーラーの荷台を改造して店にしてあります。
にぎり定食をいただきました。1,500円はちょっと高いかも。
d0032222_23571641.jpg

次はいよいよ今日の目的地「空の公園」です。少し走ったら着きました。
d0032222_014188.jpg

抜けがよかったら言うことなしなんですけど、今の季節はかすむ日が多いですね。
d0032222_023892.jpg

海は広いな、大きいな。それが実感できます。船が点のように見えました。
d0032222_041914.jpg

さて、あとは帰るばかりですが、ここから延岡までが大変でした。
距離的にはもっと近いルートがあったものの、どれも「8m以上の車両通行禁止」の看板が出ていたのです。
じゃぁこっちのほうが道幅が広いんだろうと、海岸沿いの県道122号を選んだのが大間違い。もううんざりするほどのカーブの連続。しかもとんでもなく狭い。
ヘトヘトになって延岡市に入り、高千穂経由で熊本へ。
途中、ガソリンがダダモレするトラブルがありましたが、ガソリンコックをSTOPにしてしばらく走り、そしてONにする―を何回か繰り返したらガソリン漏れは止まりました。
たぶんキャブのフロートチャンバーにガソリンを送る孔にゴミが詰まってオーバーフローしたのだと思います。
いずれ燃料系統をクリーニングしようと思います。でないと安心して遠出ができません。
本日の走行、404キロでした。
d0032222_016337.jpg

by tama_photo | 2012-05-13 00:30 | ハーレー | Comments(4)

トラスポ 復調

あぁ、中型連休も終わってしまいました。不規則勤務でカレンダーどおりの休みは取れないため、私にとっては「中型連休」です。今年は連続3日(4/29~5/1)が最高でした。
新入社員に多い5月病の原因は、GWではなかろうかと思います。
だってやっと仕事に慣れた頃の連休でしょう。会社に行きたくなくなる気持ち、よ~く分かります。
オレも行きたくなかったッス。

さてと、写真はバイク用品店にあった国産旧車。車名はなんでしょう?このブレーキドラムだけで分かったら、あなたは弩(ど)エライ。 RICOH GX200
d0032222_22173399.jpg

フロントブレーキのリンケージは各社独特なので、ここ見ただけで分かる人には分かるんです。でも、ワタシの記憶の中には、こんなんじゃなかったような・・・。エアインテークなんてなかったし、社外品をはめてるんじゃないかと思ったのでした。

もう1枚、いってみましょう。スピードメーター。
d0032222_22234285.jpg

これはますます分かりにくくなりました。だってこれは純正ではなく、おそらく白バイ用のスピードメーターですよ。
普通のバイクのメーターが、こんなに細かい目盛なわけありません。スピード違反した人を納得させるために、1キロ刻みの目盛があるのです。で、メーターの針を止めるボタンがついていて、捕まえたドライバーにこのメーターを見せ「ホレ、78キロも出てたよ」と証拠を突きつけるのです。(なんか経験者みたい)
ということは、白バイに使われたことのある旧車???

最後の休みだったおとといと昨日(5/6・7)は、バイク修理に費やしました。
6日はトラ。走行中にエンジンが突然死します。しばらく置くと復活、そしてまたエンストの繰り返し。
原因を探していたら、ウィンカーケーブルの断線を発見してもらいました。
微量な電気がここからリークし、CDIのイグナイター、通称「ブラックボックス」をパーにしたようです。
イグナイターは再生のとき新品にしたのですが、校長が「正常かどうか疑わしいものは交換しましょう」と、新品にすることを薦めたのでした。なるほど、こういう理由だったのですね。
ウィンカーのリード線をつなぎ直し、バッテリーケース下のイグナイターを交換したら直りました。

さて、3枚目はエンブレム。これでメーカーが特定できました。
d0032222_22244996.jpg


7日はスポ。2,500rpmから上が全然吹け上がりません。ディーラーに出す予定でしたが、どうも対応がよくなかったので、BSA乗りのTくんがいるバイク用品店に押しかけました。
燃調がかなり薄かったのでメインジェットを1番手あげてもらい、プラグも指定と微妙に違うやつがついていたので交換。キャブのチャンバーにはサビではなく、ゴミがたまっていたそうです。
Tくんありがとう。おかげさまで5,000rpm超まできれいに吹け上がるようになりました。

そのバイク用品店にあったのがこれです。
d0032222_22255123.jpg

カワサキ650W1-S。ツインキャブですから「S」がつきますね。シフトがリンケージを介して左に、ブレーキが右になっていました。ということはW1-SAかとも推測できますが、本当のところはナゾです。
by tama_photo | 2012-05-08 16:44 | その他のバイク | Comments(2)

カミさん孝行も大変

5月4日、カミさんが「行きたいところがある」つーんで、阿蘇は内牧温泉へと出かけました。
「早く出ないと混むよね」などと言っておきながら、出発は10時。。。(-"-)
阿蘇へ行くルートはいくつかあるのですが、わき道をクネクネ走るより幹線道が案外早いカモ・・・と、国道57号を進みます。
よりによって一番混雑のひどい時間帯でした。菊陽町の手前からすでに渋滞。そのうちに流れ出すだろう、そのうちに・・・と期待しつつ、内牧に到着したのは午後1時。50キロを3時間もかかってしまいました。

目的はこれ「阿蘇で創る工芸展」。1日から5日までの5日間、阿蘇で活動している12人の合同作品展です。 PEN E-P3
d0032222_845228.jpg

会場の表は新しそうですが、中は150年前の民家を改築してありました。木工、ステンドグラス、陶芸、写真、竹細工、鉄器、花などが飾られていました。
d0032222_12184143.jpg

私は職場で使う湯のみが欲しかったので、ここのを1つ買いました。他の職員に洗ってもらうからあんまり高くてもいけません。
d0032222_850733.jpg

カミさんはこの時計が気に入ったようで、この後、工房まで出かけていって注文しました。
見本はタテヨコ20センチですが、25センチの大きさにしてくれるように依頼。
値段は「同じでいいですよ。手間は変わりませんから」と工房の主。ちなみに6,000円です。
d0032222_8524613.jpg

遅い昼食を「農家レストラン山ぼうし」でとりました。「こちらへ1キロ」の看板に従って1.9キロ走ったらありました。(^^;
d0032222_8554812.jpg

今の季節、緑が目にしみます。
d0032222_8565857.jpg

d0032222_8574848.jpgこれは菖蒲? そうだ、菖蒲湯に入らなきゃ・・・。

疲れたドライブでした。。。
by tama_photo | 2012-05-05 09:02 | ドライブ・旅行 | Comments(0)

行き当たり阿蘇ツー

凝りもせず、今日は独りで出かけました。(^^;
写真部の後輩Wくんが大津町で写真展を開いているというので、まずはそれを見学。彼はめきめき腕を上げてきました。別の写真サークルに入って、プロの写真家から習っているそうです。何の努力もせずに惰性で撮ってるワタシとはずいぶん違いまんがな。

大津町まで来れば阿蘇はすぐそこなので、大観峰を目指しました。外輪山へ上がると気温が急に下がり、雲が垂れ込め、風も強くなってきました。時おり霧雨のような雨粒がシールドに当たります。
そんな天気にも関わらず、大観峰駐車場はクルマとバイクがいっぱいでした。CoolPix P7000
d0032222_2045405.jpg

最初の予定じゃ波野村へ行くはずだったのですが、空模様が怪しかったので波野はあきらめ、外輪山を下りることにします。
途中、乗馬体験の人々に遭遇。野焼きでまっ黒だった原野が、輝く新緑になっています。きれいだー。
d0032222_2049443.jpg

このまま帰るのはもったいないし、おなかも減ってきたので、中岳登山道路を通って久木野方面へ行くことにします。波野で食べるはずだったそばは、久木野にもありますから。
しかし今日は悪天候ながら、ものすごく抜けのいい日でした。これは草千里の展望所から撮ったものですが、なんと有明海(赤い囲み)が見えました。こんなことはめったにありません。
d0032222_20534534.jpg

南阿蘇谷です。抜けがいいと、とても近くに感じますね。この谷へ下りていきます。
d0032222_2055518.jpg

d0032222_20571628.jpg

山へ上ると雨、谷に下ると晴れ、というめまぐるしさ。
阿蘇望の里・久木野で昼食。そばはやめて、赤牛の牛丼を注文しました。
味は・・・、ウ~ム。


町に戻って給油後、エンジンがかからないというトラブルに見舞われましたが、1,200メートル押したらオーナーの努力を認めてくれて直りました。
トラには自己回復力があるのです。( ̄∀ ̄;)

コース
凡例・・・赤は実際に走ったコース 青は計画していたコース 緑は押したコース
d0032222_10235011.jpg

by tama_photo | 2012-05-01 21:09 | トライアンフ | Comments(7)