<   2012年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

マッチング

近ごろCDを買っていないので、聴きたいのがない。サラッと聴き流せるアルバムはないか、戸棚を物色して見つけたのがビリー・ホリディのCDだ。
12曲中7曲がモノラル録音。安いオムニバスなのでレコーディングの期日や場所が記されていない。ビリー・ホリディは1959年に44歳で亡くなっているから、たぶん録音当時のマスターテープはほとんどモノラルではないだろうか。近代になってリマスターされて擬似ステレオになったのだろう。
こういう古い音源には古いスピーカーと真空管アンプが合うだろうと、ふだんあまり使わないSP-LE8Tを自作のEL34ppで鳴らしてみた。
Nikon D700 Micro-Nikkor 105mm/f2.8
d0032222_2215534.jpg

音量を抑えてBGM風に、隣の部屋で聴いたのだが、これがまたピッタリコニカ、じゃない、ぴったしカンカン!
思わずウットリして聴き入ってしまった。
やっぱり「相性」ってぇのが機械モノにもあるんだべし。
ナローレンジの曲は、ナローレンジのシステムで鳴らすに限る。スーパーワイドレンジのN801がビリー・ホリディを奏でたって、録音の古さだけが気になってこんなに感動はしない。
モノラルCDをもっと増やそう。いい勉強になった。
by tama_photo | 2012-06-28 22:10 | Music & Audio | Comments(4)

純正回帰-再び

またマフラーを替えました。というか、戻しました。OVERの迫力2in1から、静かな純正に。
今日もシトシト雨だったので、屋根つき車庫へ移動させ、OVERをちょちょいのチョイと外しました。
d0032222_23019100.jpg

外す前に写真を撮り損ねたので、以前撮ったやつを・・・。
d0032222_2354941.jpg

このマフラー、迫力ある低音が出ます。

マフラー交換のとき、用心するのがエキゾーストのスタッドボルトです。
一番最初、サンダンスボマーに交換しようとして、ネジ切ってしまいました。ナットが完全に固着していたのです。
そのときの修理代が56,500円。(T_T) 交換したのはネジ1本なのに・・・。
またサビが出ているみたいです。
ここのネジは前輪のハネがモロにかかる場所なので、どうしてもサビついてしまいます。
私のような悲劇にならないためには、何らかの対策をとりましょう。たとえば、カバーをつけるとか…。
d0032222_2434028.jpg

連結管に排気漏れ防止のリングをはめ忘れて、作業をやり直しましたが、なんとか完成。
d0032222_2451673.jpg

これまでにマフラーを何回替えたのか、記録を調べてみると・・・。
①2009年6月  純正からサンダンスボマーへ
②2009年7月  純正に戻す
③2009年12月 OVER 2in1
④時期不明   純正に戻す
⑤2012年2月  純正後期型に交換
⑥2012年3月  OVER 2in1
⑦2012年6月  純正後期型に戻す
われながらよくやったなぁ(何やってんだ)と思いますね~。
試走がてら、行きつけのバイクショップへ。
あまりの音の静かさに「スクーターを買ったのかと思いましたよ」と店長。(_д_)
そりゃねぇべ。
OVERのように抜けがよくないせいか、2,000rpmあたりでちょっとモタつきます。それからもっと回せば、あまり気になりません。
スカッと晴れないかな~。。。
by tama_photo | 2012-06-26 03:03 | ハーレー | Comments(6)

エコの嵐

経済産業省の呼びかけで、メーカーは白熱電球の製造を今年中にやめるそうな・・・。
わが家の照明は、最初は全部白熱球でした。全部で30個近く100ワット球が使ってありました。これは設計した人が「電磁波嫌い」だったからです。
でも白熱球はすぐ切れるので、そのたびに電球型蛍光灯に替えていったら、いつの間にか全部、蛍光灯になってしまいました。(F先生、ごめんなさい)
まぁ、白熱球は確かに短命で電気も大食いだけど、なんといっても安価です。そしてノイズが出ないので、照明をあえて白熱球にしているオーディオマニアもいらっしゃいます。
なので、白熱球はそれなりに存在価値はあると思うのですよ。なにも、製造を断たなくても・・・。

一方、蛍光灯は白熱球に比べると消費電力が少なくて比較的寿命も長いのですが、電磁波や紫外線を出します。また製造段階で有害物質を使うらしく、今では他の埋立てゴミとは別に回収しています。
だからつまり、白熱球も蛍光灯もやめて、LEDにしなさいってことでしょうか。
なんてったってLEDは優等生ですもの。電気は食わない、紫外線も電磁波も出さない、そして驚きの長寿命。欠点は「高い」だけ。ウ~ム、なんだか照明業界のプリウスみたいでイヤだなぁ。
そのせいか、うちは階段の2個と懐中電灯しかLED化が進んでいません。
白熱球の照明の下、真空管アンプで音楽を聴いていたら、経済産業省のおエラいさんはどんな顔するでしょうね。

d0032222_22464024.jpg

巷間にはハイブリッド車が溢れかえり、コンビニの照明はいつの間にかLED。
あぁ、どこもかしこもエコ・エコ・エコ。エコの嵐が吹き荒れています。

エコエコ言うなら車に乗るなよっ。
自称貧乏単車おやじさんの一言です。
by tama_photo | 2012-06-23 23:10 | others | Comments(2)

リモコンの掃除

ブルーレイディスクレコーダーのリモコンがベリー不調になりました。
リモコン中央部の大きな円いボタンは、上下左右の4ヵ所を押すことができるのですが、こいつがどうにもこうにも反応しません。リモコンの筐体がギシギシきしむくらい力任せに押して、やっと動くのです。
d0032222_1750427.jpg

このボタンは、録画一覧から見たい番組を選ぶときに必ず使うので、毎回イヤな思いをしていました。
リモコンは案外壊れます。エアコンのリモコンは一昨年、買い換えました。
これもそろそろ買い替えどきかなぁと思案していた矢先、技術屋さんのブログに同じリモコンが同じ症状で登場しました。そしてその修理方法が―。
以下は、そのブログに従ってやってみた作業です。
まず電池を抜いてネジを6本外し、リモコンを分解します。上下がはめこみになっているのでちょっと力を加えると外れます。
赤丸部分が不調キーの病巣です。円形の金属板には、透明の粘着テープが上から張られています。破らないようにゆっくりとはがします。
d0032222_17533963.jpg

粘着テープを取ると基盤が現れます。綿棒に金属磨き(ピカール)をほんの少し含ませ、基盤の接点部分=赤丸の5ヵ所を軽~く磨きます。「磨く」というより「なでる」感じですね。
d0032222_181602.jpg

それでも綿棒は真っ黒に汚れました。
磨きすぎたら壊れるそうです。
ピカールには油脂分が含まれているようで、この後精製水で拭き取ろうとしましたが、うまくいきませんでした。
d0032222_180611.jpg

それで、綿棒にレンズクリーナーを含ませてやったところ、きれいに拭き取ることができました。
レンズクリーナーには界面活性剤が入っているので、油は溶けます。乾いてしまえば残留成分はほとんどないと思います。

3~4回拭き取って接点をきれいにし、リモコンを組み立てて使ってみると・・・。
あ~ら不思議。今までの不調がウソみたいに軽いタッチで作動します。
買い換えずに済みました。Rifleさん、ありがとう。m(_ _)m
by tama_photo | 2012-06-23 18:12 | others | Comments(4)

点検

A3を12ヶ月点検に出しました。
6ヶ月点検はしないし、車検はユーザー車検なので、せめて年に1回はディーラーに持ち込んで、つながりを保とうと考えているのです。もっともワタシのような小市民ユーザーはディーラーから完全に忘れ去られているでしょうが・・・。
代車はオペル・ヴィータと聞いて楽しみにしていたのに、出てきたのはサーブ93。
A3よりも小さなハッチバックに乗ってみたかったのだ総理・・・は命がけ。\(-_-)
そうそう、1枚目のこの写真はiPhone4sで撮ったもの(他はRICOH GX200)。ケータイも今はあなどれませんね~。
d0032222_14542751.jpg

なんでも、ヴィータの調子が悪かったそうで、残念です。
A3と比べたら、同じ5ドアハッチバックでもサーブは少し長いようです。荷室かかなり広く、全長はフツーのセダン並みです。
d0032222_15541.jpg

ダッシュボードはやや高めで、ウッドが張られて高級感を出しています。シートはヒーターつき。大きくて座り心地はとてもいいのですが、ホールド感少なし。シートの感触はボルボ850とよく似てます。
初年度登録が平成12年なので12年落ち。その割にはきれいですね。走行距離は58,000キロと少なめです。
d0032222_14571812.jpg

エンジンキーはコンソール部分にあります。
d0032222_1513376.jpg

小雨の中を走ってみましたが、舟みたいにユラユラします。これはダンパーが抜けているわけではなく、A3のハードなサスペンション(ビルシュタインBTSキット)に慣れてしまっているからでしょう。
エンジンはバランサー内蔵の4気筒2,000ccターボつき。
「ターボ」に期待してアクセルを床まで踏んづけてみましたが、タービンの音もしないし、トルクの盛り上がりも感じられないし、おとなしいエンジンでした。NAのA3のほうがパワフルに感じられます。
ターボが本当についているのか疑わしく思ったので、ボンネットを開けてみると・・・。
d0032222_15154749.jpg

おお、たしかにありますね。エンジンブロックの前部にタービンが隠れています。タービンで加圧されたエアは、この太い銀色のパイプを通ってインジェクション部へ回されます。
このサーブ93、けっこうお高いクルマだったのでしょう。ヘッドライトワイパーまでついていました。
d0032222_15202483.jpg

エンジンブレーキはほとんど効かず、惰性でどこまでも走りそう。古いトルコンはみんなこんな感じなのか。アストラもこうでした。
同じスウェーデン育ちだからか、どことなくボルボと似た雰囲気があるように思いました。キビキビとは無縁の、重くて鈍重・・・とはちょっと違う、そうそう「重厚」な北欧テイストですか。(^^;
そろそろサーブは中国製になっちゃうんですね。

さて点検を終えたA3ですが、ドライブシャフトのブーツが破れていたそうで、左右交換しました。FFのウィークポイントですなぁ。
点検の料金は4万1,789円。オイル・部品代が16,589円+技術料25,200円。やっぱりクルマは金食い虫だ~。
by tama_photo | 2012-06-15 15:33 | クルマ | Comments(4)

THIS IS YOUR LIFE

HOLSTEEは衣料や小物雑貨を扱っている会社。そこのマニフェスト。

d0032222_21382567.jpg

これはあなたの人生です。
自分が好きなことをやりなさい。
そして、どんどんやりなさい。
何か気に入らないことがあれば、それを変えなさい。
今の仕事が気に入らなければ、やめなさい。
時間が足りないのなら、テレビを見るのをやめなさい。
人生をかけて愛する人を探しているなら、それもやめなさい;
その人は、あなたが好きなことを始めたときに現れます。
考えすぎるのをやめなさい、人生はシンプルです。
すべての感情は美しい。食事を、ひと口ひと口味わいなさい。
新しいことや人々の出会いに、心を、腕を、そしてハートを開きなさい、
私たちは、それぞれの違いで結びついているのです。
自分のまわりの人々に、何に情熱を傾けているか聞きなさい、
そして、その人たちにあなた自身の夢も語りなさい。
たくさん旅をしなさい;
道に迷うことで、新しい自分を発見するでしょう。
ときにチャンスは一度しか訪れません。しっかりつかみなさい。
人生とは、あなたが出会う人々であり、その人たちとあなたが作るもの。
だから、待っていないで作りはじめなさい。
人生は短い。
情熱を身にまとい、自分の夢を生きよう。


d0032222_21385443.jpg


ただいま自問自答中。
by tama_photo | 2012-06-11 21:41 | others | Comments(3)

絶好調! 中畑?

バイクショップのTくんにキャブを調整してもらって以来、スポが絶好調であります。
1200ccあるけど、1200ってこんなに力強いものだったのかと、スロットルをひねるたびに感心しています。
きっとこれまで、十分なガソリンを与えずに走っていたんでしょうねぇ。それほど違います。
d0032222_21414264.jpg

これでロングツーリングがもっとラクにできたら・・・と思うのは、欲?
d0032222_21435213.jpg

ビューン・・・と、1日で千キロくらい走りたいなぁ。
d0032222_2144587.jpg

ストレスなく。

Sportster XL1200S 232kg
FLHX Streetglide 345kg
FLD Switchback 330kg
Bonneville T120R 176kg
by tama_photo | 2012-06-08 21:45 | ハーレー | Comments(2)

30年ぶりそうめん流し

鹿児島へ行ってきました。例によって、いつものスクーターヲヤヂと2人です。
いつも私は6時半起きなので、目覚ましを6時にかけて寝たら、5時に目が覚めてしまいました。(^^;
バイクをチャチャッと磨いてチェーンルブをひと吹き。7時前に家を出て、ガソリンスタンドで空気圧チェック。前2.0、後2.1です。リヤタイヤはそろそろ換えどきだなぁ。

行きは一般道と無料の自動車専用道を走りました。鹿児島県に入って出水の「クレインパークいずみ」で休憩。
鶴の博物館です。冬に来れば、近くの田んぼで鶴が見られることもあります。
敷地が半月形をしていて、見ようによっては鶴が羽を広げたようにも・・・。たぶん、それを狙って造ったのでしょう。
CoolPix P7000
d0032222_20172510.jpg

鹿児島市内に入ると、すごい降灰でした。何日か前に「ドカ雪」ならぬ「ドカ灰」が降ったそうです。
市電や車が灰を巻き上げて走ります。街全体にイオウのにおいがしました。
屋根つきの車庫でなければ、バイクも車も故障しそう・・・。大変だな~、鹿児島県人は。
d0032222_20213519.jpg

錦江湾沿いを南下します。そうそう、今日の目的地は池田湖の近く、そうめん流しが有名な唐船峡(とうせんきょう)です。
はい、着きました。
d0032222_20243967.jpg

ここには30年ほど前に来たことがあります。指宿に遊びに行ったとき、専売公社に勤めていた同級生が連れて行ってくれました。それ以来ですから、たぶん30年以上経っていると思います。
d0032222_20264074.jpg

入口も店内も、記憶がまったくありません。店は改装され、私は回想できません。ヾ(-Θ-:)

流しそうめんと鯉の洗いとおにぎりがセットになった定食を注文。千円。
鯉って苦手な人が多いですね。というか、川魚と聞いただけで拒絶反応を示す人がいます。
一緒に行ったスクーターヲヤヂもそうです。まぁ、川の魚はだいたい身が淡白ですから、海の魚と比べると味は単調です。歯ごたえと風味を楽しみましょう。食べもせずに拒否することは、食文化の否定になります。
d0032222_2032770.jpg

食堂に隣接した建物に、面白いものが展示してありました。
d0032222_20334243.jpg

96,018本のつまようじで作った篤姫像です。近寄ってみると・・・
d0032222_20352863.jpg

土台に赤とか白とか黒とか、色を指定した文字が見えます。この部分に指定された色のつまようじを刺していったんですね。コンピュータが指図して、作業は人間・・・。ウ~ム。

最南端の駅
おなかが満たされたところで、もうひとつの目的地である西大山駅へ。鉄ちゃんならご存じでしょう。日本で一番南にある駅です。
悲しいかな、鉄ちゃんではない私たちは、タッチの差で列車を撮り逃してしまいました。バイクを駐車場に入れてるときはまだ列車のお尻が見えていたのに、急いでホームへ走りましたが、残念。あと1分早く着いていれば。。。
んだば、なにもない風景を1枚。
開聞岳がきれいですね。こんなきれいな形の山は熊本にないので、つい見とれてしまいます。
d0032222_20413192.jpg

さぁ帰りましょう。
特攻平和記念館とかお茶で有名な知覧。そこまでの道がまた気持ちのいいワインディングロードです。寄せる波のような形をした茶畑が見渡す限り広がっています(写真はナイ)。 m(_ _)m
バックミラーに目をやると、開聞岳が豊かな裾野を広げて、私たちに別れを告げているかのようでした。
鹿児島も市町村合併で、名前がずいぶん変わりました。薩摩川内(さつませんだい)市とかいちき串木野(くしきの)市のように、旧名称が入っているとだいたいの場所が分かりますが、南さつま市、南九州市、日置市などはなかなか覚えられません。
それと、賛否両論あるでしょうが、市町村名にはむやみにひらがなを使ってほしくない。

熊本に入ってからは高速を利用。旧車にとって130km/hは少々きつい速度です。エンジンはいいのですが、フレームが限界超えです。スクーターマンくん、あんまり飛ばすでねーよ。
コースは鹿児島県内だけの表示です。全行程480キロ。燃費は26.1km/L。休憩・昼食含めておよそ12時間かかりました。
d0032222_20522633.jpg

by tama_photo | 2012-06-04 21:06 | トライアンフ | Comments(6)

気持ち 届く

夕方、クロネコさんから荷物が届きました。
差出人は加賀藩のnakaさん。なんでしょね?
d0032222_22203730.jpg

いそいそと袋を開けると、キーホルダーが2つ入っていました。
d0032222_22224950.jpg

手前の黒いのは、中央に50セントコインが輝くベルトループ式キーホルダー。
もうひとつのキーホルダーにはメッセージが添えられていました

鉄馬乗りの友人に
古来アメリカインディアンは馬の調教時に落馬しないようにターコイズ(トルコ石)を身に着けてお守りにしたそうです。
故に、鉄馬乗りのあなたにターコイズをあしらった自作キーホルダーを進呈します。

d0032222_22343857.jpg


これ、2つともnakaさんの手作りなんです。上手ですね~。
ベルトループはこうやって使うんです、きっと。
d0032222_22302296.jpg


nakaさんとはハーレーダビッドソンのコミュニティページで知り合いました。まだ一度も、会うどころか電話さえしたことがありません。しかし、バイクのほかにオーディオやこういうレザークラフトが趣味で、なんとなく「波長」が合ってしまったんです。
で、「たくさん作ったからもらって」との申し出があり、謹んでお受けしたわけですが、まぁ、こんなに素晴らしいものだとは予想していませんでした。

nakaさん、ほんとうにありがとう。ずっとずっと大事に使います。(o^∇^o)ノ
by tama_photo | 2012-06-01 22:39 | others | Comments(2)