日和

常套句というものがある。
辞書では「同じような場面で決まって用いられる文句。決まり文句。常套語。」と説明してあった。
どんなものがあるだろう。
「おいしい料理に舌鼓を打つ」
「季節はずれの雪で震え上がる」
「再会して旧交を温めた」
などかな?
どれも新鮮味のない陳腐な表現だ。

近ごろ気になる常套語は、プロ野球のクローザーを称して言う「守護神」。
「神」というからには100%押さえてほしいが、そこまでいかない。
でも「神」が各チームに1人、全部で12人もいる。
神の安売りはやめてほしい。 (-人-) アーメン

天気予報では、週末が晴れだと「絶好の行楽日和」、平日なら「絶好の洗濯日和」。
土日に休めない自分にとっては、カチンとくる。洗濯も、うちは乾燥機だから晴れでも雨でも関係ない。
「明日は絶好のシラス干し日和です」なんて気の利いたコメントを言える気象予報士はいないのか。
d0032222_12445530.jpg
2月末では遅いかもしれないけど「絶好の大根干し日和」とか・・・
d0032222_12502277.jpg
雨だって言いようがある。「絶好の田植日和」・・・これは晴れてるけどね。
d0032222_137725.jpg

漆を塗るというか、漆が固まるには湿気が必要って知ってた?
d0032222_1372912.jpg
「明日の熊本地方は雨で、絶好のうるし塗り日和でしょう」なんてアナウンスが流れたら、うれしくて気絶するかも。

そんなことをウダウダしゃべっていたら
「シラス干す人なんて少ないから、洗濯や行楽の話になるんじゃない?」とカミさん。
んだすなぁ。( ̄▽ ̄;)
by tama_photo | 2013-02-27 12:57 | others | Comments(2)

ぬわわヲジさん

月曜日、ツーリングに行った。
BMW/R1100RTに乗る職場の先輩(もう退職している)と。
どこに行くか考えといてと言われたので、眠い目をこすりながら6つのコースを設定した。

①牛深~長島~出水のツル(昼は海鮮丼)
②日田市豆田町(昼はひつまぶしの老舗)
③人吉ひなまつり(昼はうなぎ)
④呼子(昼は活きイカ)
⑤阿蘇(昼はひばりカフェのホットドッグかいまきん食堂の赤牛丼)
⑥巨人軍宮崎キャンプ(昼は出店のB級グルメ)

食い物優先である。
とりあえず阿蘇を通って別府へ行こうということになった。
別府は6つのコースには入っていない。(T_T)
この先輩、飛ばし屋である。ワタシの感覚から言うと。。。
スピードメーターに目をやると、一般道なのに「ぬわわ」キロを超えている。
まず、大観峰で休憩。
休憩しながら思った。『今日から先輩を、ぬわわヲジさんと呼ぼう』
やまなみハイウェイを、ぬわわオーバーで走り、前が車の列でふさがると、また休憩。  CoolPix P7000
d0032222_22293592.jpg

やっぱり別府は遠いし、何も見るところがないということで(そんなことはないと思うけど)、由布院の手前でUターンし、やまなみハイウェイを引き返す。
山の頂上はもちろん、日陰の路肩もまだ雪が残っていた。
いつ通っても、長者原のこの眺めは最高だな。
d0032222_22383387.jpg

うきは市においしいうなぎの店があるというので、そこへ行くことになった。
ぬわわヲジさんとしてはワインディングが連続する阿蘇ファームロードを通るつもりだったんだが、なぜか入り口を見過ごしてしまい、杖立温泉~松原ダムへ来てシマッタ。
しかし、そのおかげで旧大山町の梅まつり会場に立ち寄り、おいしい梅干を買うことができた。

梅干とうなぎは、昔の言い伝えでは「食い合わせ」なんだよな。でも今はそんなことを言う人はいない。
先輩はうなぎが好きなようだ。前に宮崎へ行ったときも昼はうなぎだった。
トリは苦手らしい。別府の名物はトリ天。なるほど、それで別府をやめたのか。

筑後川の近くに、その店はぽつんとあった。
d0032222_224135.jpg
女将が1人で切り盛りしているらしく、先輩が事前に電話を入れておいた。
定食2,400円を注文。
d0032222_2247919.jpg
うなぎが1匹まるごと入っている。しかもデカい。
肝吸いの味は独特。肝を焼いて入れてあるので、おこげの香りがする。
うなぎはとても柔らかく焼けていて、これはうまかった。たれは薄味。
近くに来ることがあれば、また寄ってみたいと思わせる味とボリュームと価格だった。

女将が「行ってみんしゃい」と勧めた恵蘇(えそ)八幡宮へ行ってみた。
d0032222_2255036.jpg
漏刻(ろうこく)という水時計のレプリカがあった。
d0032222_2256620.jpg

山頂には、斉明天皇の御陵といわれる前方後円墳があるそうだ。

歴史にはとんと疎いワタシであるが、説明文によると第35代斉明天皇は百済救済のため、661年5月9日にこの地を訪れ、橘広庭宮(たちばなのひろにわのみや)に皇居と大本営を遷した―とある。
しかし斉明天皇は同年7月24日に崩御されたので、その期間はわずか2ヶ月余。
長い歴史からすればほんの一瞬のことでも、日本の中心がこの朝倉の地にあったということを、ここに住む人々は誇りに思っている。まぁ、知らない人が多いようではあるが・・・。
朝倉橘広庭宮跡。
d0032222_2393542.jpg
ここをウロウロしていたら、4人の女性が軽乗用車でやってきた。\(^^\)(/^^)/
で、斉明天皇のことなど、ぬわわヲジさんが話しかけたら、向こうも歴女だったようで、身を乗り出して話をしてくれた。
熊本から来たと言うと、こんな場所を訪れる人間は珍しいと思ったのか、お茶とお菓子を差し出し、干し柿までくれた。
ちなみに4人のうち3人は姉妹。
88歳、84歳、82歳。Σ(|||▽||| )
もう1人は長女の娘さんらしい。たぶん60代だろう。
ウ~ム、60年前のみなさんに会いたかったゾ。(写真はない。撮っときゃよかった)
d0032222_22191215.jpg

帰りは朝倉ICから高速。平均ぬふわキロくらい、Maxぬえわキロで走ってきた。
本日のコース。行ったり来たりが多い。371キロ。燃費は20キロをわずかに割ってしまった。
まぁ、いろんなバイクの楽しみ方があるもんだなぁ。
d0032222_2320951.jpg

余談
今日は走っていてガソリンのにおいがした。特にスタートとするときにプ~ンとにおってきた。
先を走るぬわわヲジさんのRTかと思っていた。もう12年選手だからな。
d0032222_23504137.jpg

熊本に帰ってガソリン補給のためセルフのスタンドに入ってフィラーカバーを開けると・・・



なんと、
タンクキャップが・・・無い
ガソリン臭の原因はオレだった。
昨日ガソリンを入れた別のセルフスタンドへ急いだ。
店番のおじさんに落し物がなかったかどうか尋ねたら、あった!
よかったなぁもう。
キャップの閉め忘れ、じつは2度目である。1度目はクルマだった。
このときはすぐに気づいて30分後くらいにスタンドに戻ってきたのだが、無かった。届けてもなかった。
若い店員が「これ、合うならどうぞ」といってトヨタかなにかのキャップをくれたのだった。
そしたらピッタリ合ったので、そのまま今も使っている。
タンクキャップは国際規格なのか?

トラみたいにキャップがむき出しだったら、ゼッタイに忘れない。
だからやっぱりトラはいい。
by tama_photo | 2013-02-25 23:59 | ハーレー | Comments(2)

新型シールド

新しい風防を買いました。 PEN E-P3 14-42mm/3.5-5.6
d0032222_20585412.jpg
たぶんポリカーボネート製。
ハーレー純正の57164-10ウィンドスプリッター・ウィンドシールド7インチスモークという品名。
21,420円。なんでこんなに高いのか、ワケ分かりませんが、取り付けてみました。
これが車検用のウルトラスクリーン。
d0032222_213202.jpg
スクリーン下端にあるネジを3本緩めると、簡単に外れます。
新しいウィンドスプリッター・ウィンドシールド。
d0032222_215055.jpg
どれくらい違うか、比べてみましょう。
これ、2枚の写真をフォトショで重ねてます。
d0032222_2153145.jpg
この少し曲がったフォルムが、風の流れをうまくコントロールし、低い割にライダーへの風当たりをかなり軽減するとか。
風切り音も小さいそうな。
試走したかったけれど日没順延。明日、日曜日も仕事。(T.T)
by tama_photo | 2013-02-23 21:10 | ハーレー | Comments(2)

気になるクルマ

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4ロードスター。
名前が好き! 画像はWEB CGから拝借
d0032222_1071957.jpg

性能も好き!
6.5リッター60度V12
700ps/8,250rpm 70.4kgm/5,500rpm
0-100km/h 3.0秒 最高速度350km/h
d0032222_1073640.jpg

価格はきらい!
4660万3200円
d0032222_1013346.jpg

by tama_photo | 2013-02-23 10:13 | クルマ | Comments(0)

リストウォッチ

腕時計を買いました。
英国陸軍のルーツをもつ耐ショック性能の高い手巻き、アンティークです。
やっと探しました。
気になるお値段は、509,000円。  PEN E-P3 KERN-MACRO-SWITAR 50mm/1.8
d0032222_22129.jpg
あ、間違えた。5,090円です。
ホントはいい時計が欲しいんです。
そう、あの日もオメガの古いシーマスターを買おうと思ってオークションサイトをくまなく探していたのです。
しかし、古くてきれいなものがなかなか見つかりません。まぁ「古い」と「きれい」は反比例しますからね。
そんな中でふと目に止まったのがこれ。
1,000円スタートの売り切りでした。
新品です。
英国陸軍御用達というのは、たぶんかなり昔の話でしょう。
しかし、プロが撮った写真は上手ですね。どんな照明を当てているんだろうと思います。
で、ピントピッタリ。
d0032222_22204725.jpg

腕時計にウン十万円は出せないワタシです。(^^;
by tama_photo | 2013-02-20 22:09 | ショッピング | Comments(3)

メンテ

土・日働いたので、月・火は休みさ~。
天気はどっちも雨さ~。
うれしいなぁ。
涙が出ちゃう。。。(TдT)
何もすることがないので、実家の格納庫へ。トライアンフの様子伺いです。
カバーを取ってみたら、クランクケースのアルミに白いポツポツが出ていました。
じわじわと腐食が進んでいるのです。
まだひどくなかったので、ウェスで拭いたら取れました。そのうち磨きます。

次にエンジンをかけました。キック2発でお目覚め。相変わらずの爆音。
左右キャブの同調が取れていないようです。
エアクリーナーを外してサクションピストンの動きを調べてみたら、左右バラバラでした。
左が2ミリくらい動いたところで、やっと右が動き出します。
スロットルワイヤーアジャスターで完璧に調整しました。うむ、完璧です。( ̄∀ ̄ )/

そうこうしているうちに雨も上がったので、遠出も考えましたが時間もないし、今日はメンテナンスの日と決めて、いつものバイクショップへ。エンジンオイルが交換時期を過ぎています。
今回は化学合成オイルにしました。一緒にギヤオイルも換えます。 FUJI FinePix XP10
d0032222_18152083.jpg
エンジンオイルはYACCOの15W-50を3リットル。ギヤオイルはアマリーの80W-90、0.5リットルです。

これはドレンボルト。
こんなの見せたってしょうがないけど、左がエンジンオイルタンクのドレン。右がギヤオイルのドレンです。
ギヤオイルドレンのチューブは、これ以上に入れたオイルが外に流れるような仕組みになっているそう。
d0032222_18232261.jpg
ギヤオイルはレイシャフト中心部まで。それ以上入れてはなりません。

そういえば、ギヤオイルは換えた記憶がありません。「汚れてなきゃ換えなくていいよ」とだれかに言われた気がします。
いいえ、間違いなくだれかが言いました。言いましたとも。
今日からは、半年に1回替えることにしました。m(_ _)m

港まで試走しました。
調子は、悪くはありません。劇的に良くなった・・・とは感じませんでした。
低回転域のツキがいまひとつ・・・かな?回すとよどみなく吹け上がります。
d0032222_19101036.jpg
それにしても、天気がパッとしませんなー。
d0032222_1911350.jpg
ナビの位置を変えて、左のタコメーターが見やすくなりました。
右はイカメーター・・・( -_-)_┏━ ★チュドーン
d0032222_19115282.jpg
写真だときれいに見えるんですよ。
実物は宮崎のスズメからつつかれそうなくらいサビサビです。
d0032222_1913165.jpg
ああ、遠くへ行きたい・・・。
by tama_photo | 2013-02-19 19:14 | トライアンフ | Comments(2)

19,680円

バレンタインデーにハーレーをユーザー車検してきました。
その費用が19,680円です。安いっしょ?
事前の準備として
①マフラーをノーマルに
②前後ブレーキパッド交換
③排気ガスチェック
④ヘッドライトのノーマル化と光軸調整
以上、4点をやりました。②と③はディーラー任せで、この費用は含まれていません。

陸運事務所の車検場は、午前中2ラウンド、午後2ラウンドの1日4ラウンドの検査があります。
私は最後のコースを予約しました。予約はインターネットからします。
第4ラウンドは受付が14:00~15:30、検査が14:30~16:00です。

陸事へ行ってビックリ。すごい行列ができていました。 FinePix XP10
d0032222_18262243.jpg
「今日は多いなぁ」「朝からずっとこうだ」と、整備工場やディーラーのメカニックとおぼしき人たちの会話。
ユーザー車検は4回目ですが、こんなに多かったのは初めて。これで午後4時までに終わるのか、心配になってきました。
ところが、歩いて検査場へ行ってみると、2輪の継続検査ラインはガラ空きでした。
列をすり抜けて2輪のレーンへバイクを進めます。
d0032222_18282212.jpg
まずは打音検査から。
検査官が左手に持っているハンマーは、柄がとっても長くて驚きました。専用の工具なのでしょう。
ブレーキ周りをじっくり調べていました。
d0032222_18294217.jpg

それからウィンカー、ホーンなどの検査があって、外寸のチェック。
幅・・・OK。高さ・・・おや?、車検証に記載された145センチを大きく下回っています。
「高さが違います」と検査官。
「風防を低いのに替えたんです」と私。
検「変更しますか?それとも元のシールドに戻して受け直しますか?」
変更検査を受けるには、あの行列の最後尾に並ばないといけません。
私「いいえ、元に戻します」
検「それでは、ひととおり検査を受けてください。それから風防を取り替えて高さを測り直しましょう」
私「再検査は何時までに来ればいいですか?」
検「4時です」

とりあえず検査レーンに入って、最初に排出ガスの測定。なんなくクリアしました。
次にフロントブレーキの検査=OK。
リヤブレーキの検査=OK。
スピードメーターの検査=OK。
最後にヘッドライトの照度と光軸検査=これもOK。
オレンジ色の小屋(行けば分かる)に検査票を出してスタンプをもらい、急いで家に帰ります。
タイムリミットの午後4時まで、あと1時間15分しかありません。陸運事務所から自宅まで、12キロあるんです。

チョチョイのチョイと風防を交換。ビス3本を緩めるだけで交換できますから、その点は楽です。
しかし、この風防は高さがあり過ぎて、どうにもおっさん臭い。まぁ、自分も立派な「おっさん」ですが・・・。
d0032222_20154554.jpg

3時40分に車検場に戻り、別の検査官が来て高さを測ってめでたくすべて合格。
このとき、一度確認したはずの車台番号を、もう一度確認していました。つまり「すり替え」を疑ってるってこと?
d0032222_20241573.jpg

車検場の片隅に、白バイ隊が集結していました。これから集団車検?まさか。
推測ですが、一般車がいなくなったところで、スラロームの訓練をするんじゃないかと思います。
警察も陸運事務所も県の施設ですからね。
d0032222_20214352.jpg

再びオレンジ色の小屋に検査票を提出して合格印をもらい、同じ敷地内にある自動車税事務所で重量税を払い、自賠責に加入しました。
そして③番窓口に全部の書類を出します。
d0032222_2025186.jpg
5分ほどで新しい車検証を出してくれました。
d0032222_20364091.jpg
d0032222_20261354.jpg
それで、今回の車検費用ですが
書類一式   70円
検査費  1,700円
重量税  3,800円
自賠責 14,110円
これで全てです。合計19,680円。
2年に1度、この金額で済むのなら、大型二輪に乗らない手はないと思いますよ。
by tama_photo | 2013-02-14 20:38 | ハーレー | Comments(8)

代替品

ソニーα77が案外電池食いなので、予備バッテリーを購入しました。
純正はお高いのですが(1コ6,980円)、代替品が出ているようです。
選んだのは中国製で、2個セットでなんと3,500円。1個1,750円ということは、純正のほぼ4分の1ではありませんか。
予備は1個でよかったのですが、2個セットのほうが単価が安かったのでそっちにしました。
7.4ボルト1800mAhとあります。
純正品は7.2ボルト1600mAhですが「互換品」と宣伝してあるので大丈夫でしょう。 iPhome4S
d0032222_2004661.jpg
さっそく充電して使ってみると、あれ?
こんなメッセージが・・・。  Pen E-P3 17mm/2.8
d0032222_202306.jpg

買った2個のうち、1個はOKなんですが、もう1つがどうやってもダメです。
このメッセージが出ると、シャッターも切れないし、カメラが自動的に電源を切ってしまいます。

電池を売ったネットショップに電話を入れました。
症状を話すと、また別の電池を送るから、ダメな電池はそちらで処分してください・・・と。
それで、電池が4個になってしまいました。まぁ、1個はそのうち捨てますけどね。
左から、OK品、不良品、再送してもらったOK品、純正です。
間違うといけないので、不良品は「CE」の文字を赤く塗ってます。 Fuji FinePix XP10

d0032222_2082642.jpg

パソコンやデジカメに詳しい人によると「SONYのデジカメ電池には残容量チェック用チップが内部に組み込まれていて、これで残量表示するのと、互換電池を排除する役割を持つ。このチップは内部回路が企業秘密なので、互換電池は別の回路を組み込んで売ってるけど、うまく動作しないことがある」とのこと。
互換電池を「排除」しているという言い方は、ちょっときついのですが、メーカー側からすれば、規格を外れた電池で自社のカメラを壊され、クレーム修理されたらたまりませんからね。
純正品がもう少し安くなれば、こういう問題も起きにくくなるんじゃないでしょうか。
しかし、デジカメなどのハイテク製品はどんどん複雑怪奇になっていきますね。
by tama_photo | 2013-02-12 20:21 | ショッピング | Comments(2)

奈良美智(なら・よしとも)さんの個展「君や 僕に ちょっと似ている」を観てきました。
名前は知らなくても、この絵を見れば「ははーん」と分かる人も多いはず。 PEN E-P3 17mm/2.8
d0032222_15205819.jpg
独特の作風を持つ、今や世界的に有名な画家ですね(ウィキにはポップアート作家とある)。
解説によれば、ブロンズ彫刻と絵画の新作を集めたこれまでの作風とは違う作品展―らしいのですが、この人の作品をじっくり観るのは初めてなので、先入観なく素直に観ることができました。
面白かったのは絵画と写真です。
絵画は画用紙に鉛筆で描いたドローイングから、何百号もあるような大きなアクリル画まで。
中でも面白かったのは、ダンボールや封筒の裏、はては木切れや机の引き出しの裏がカンバスになっていたことです。
写真も写真家の視点とは明らかに違うものを感じました。
残念ながら館内は撮影禁止(たぶん)なので、写真はありません。
この目が印象的。作品の中には、明らかに涙を浮かべている目もありました。
d0032222_15331019.jpg

会場を出たところに、ぬり絵コーナー。
d0032222_15355220.jpg

原画の色はとても複雑です。原色はまずありません。たくさんの色が混ざって、柔らかい不思議な色合いを放っています。

家族で外出したので、ちょこっとティファニーに寄って・・・
d0032222_15401366.jpg

焼肉食べて帰りました。
d0032222_15412448.jpg

by tama_photo | 2013-02-11 15:41 | others | Comments(0)

ボケボケ

何年ぶりかでサンニッパを持ち出しました。
家は駅のすぐ近くなので、鉄道を撮るのが一番いいのですが、駅周辺もガラッと様変わりして、いまでは車を止めておく場所がないのです。
仕方ないので熊本港へと向かいました。

これは絞り開放で撮ったものです。遠景にピントが合ってしまって、前ボケの部分が多すぎてうるさいですね。
拡大すると分かりますが、圧縮感はあって、道路のうねり具合がよく分かります。
写真全体がやや右に傾いているし、どこを写したかったのかハッキリしません。完全な失敗作。
Nikon D700 AF Nikkor 300mm/2.8
d0032222_22203367.jpg

これも開放。橋の向こうからやってきた軽トラを狙いました。ピントはコンティニアスAFに設定したものの、超音波モーターではないので、けっこう厳しいものがありました。
d0032222_22251676.jpg

これはf7.1まで絞ったもの。300ミリという感じがしません。
大口径レンズを絞って使うと、意味がないようにも思います。
d0032222_22282845.jpg

開放です。前後のボケは大口径レンズならではのものだと思います。ボケ方が自然でクセがなく、柔らかいと思います。
d0032222_22495843.jpg

被写体が近いと、こんなふうに盛大にボケます。
ですが、いくらなんでもボケ過ぎです。あと数段絞って、カモメ2羽ともピントを合わせたいところ。
d0032222_22324288.jpg

結局あまりいい被写体がなく、50ミリレンズに付け替えてウロつきました。
海苔摘み船がたくさん係留してありました。1艘いくらするんでしょう。 D700 AF Nikkor 50mm/1.4D
d0032222_2235578.jpg
50ミリは「標準レンズ」と呼ばれるスタンダードですから、どのメーカーも安くていいレンズをそろえているように思います。
d0032222_2238345.jpg
そうそう、300ミリは大きくて重いので、1脚を使いました。
by tama_photo | 2013-02-10 22:47 | カメラ・写真 | Comments(0)