ドナドナ連発

d0032222_14374245.jpg使わなくなったおカメラを順次ドナドナすることにしました。
第1号はこれ、Nikon D-70レンズキット。本体に18-70ミリ、その他モロモロをつけて出品したところ、30kを少し超える価格がつきました。
予想以上の高値。でも、ショット数は1万ちょっとだったし、販売店の5年補償が少し残っていたし、純正フィルターに512メガのCFカードもオマケしたので、買ってソンのないおカメラだったと思います。
毎週1点の予定で出品していくつもりです。防湿庫に入る分は残します。
# by tama_photo | 2008-11-03 14:48 | カメラ・写真 | Comments(4)

いて

d0032222_16415573.jpg
痛い。
とにかく痛い。
歯痛である。2日前から突然痛くなった。
6月に知覚過敏で治療をしてもらって、完全には治らなかったが、とりあえず治療が終わり、「次は親知らずを抜きましょうか」と言われ、「8月は仕事がヒマになるから、そのころに…」とあいまいな返事をしていた私だった。

ところが人間って勝手なもので、痛くないと忘れてしまうのだ。いや、意図的に「忘れよう」としている自分がそこにいた。「痛くもない歯をなんで抜かなきゃならんのだ」と、役に立たない親知らずと一生暮らす覚悟にさえなっていた。
しかし、身体は確実に老化していた。この痛みの震源地は、どう考えたって親知らずのあたりだ。
まだ我慢できるくらいの痛みだった土曜日に、恐る恐る電話してみた。
「あのー、月曜日、空いてますか?」
「えーっと、月曜はもう一杯ですね」
「じゃあその次の月曜日の朝イチでお願いします」

あと8日間もこの痛みと闘わなければならない。今日、仕事の帰りの車中で、あまりの痛さにジワ~ッと涙が出てきた。痛みの部分は歯だけじゃなくて首筋に及ぶ。あー、頭まで痛くなった。途中で買物する予定も変更して家路を急いだ。
今夜はカミさんも娘も、ハロウィンパーティーに出かけていて留守なのだ。「自分の夕食は買ってきてね」と、冷酷なメールが帰る間際に届いていた。
イソジンの2倍希釈液でうがいをする。その濃さに舌がしびれる。痛みがなんとか引いたので、その間隙を突いて薬局へ。そこで生まれて初めて鎮痛剤を買った。
たくさん種類があったので、店員さんに聞いて強力なやつを選んだ。「チンツーミン」、なんだか頼りない名前だなぁ。薬はドイツっぽいゴツい名前がいかにも効きそうだ。
歯医者、替えようかなぁ。。。
# by tama_photo | 2008-10-19 20:28 | others | Comments(8)

蕎麦の花

阿蘇の波野地区に蕎麦の花が咲き始めたというニュースを耳にし、バイクで出かけてみました。
8月の終わりにもそういう話を小耳に挟んだのですが、その頃はまったく咲いてなかったので、私の勘違いだったようです。
道の駅のレストランでそば天を食べて、そこのきれいなおねいさんに蕎麦畑の場所を尋ねました。
台風が過ぎた直後で雲が多く、手前の畑は曇天、遠景は晴天。ソバ(傍&蕎麦)に露出を合わせると遠景が飛び、遠景に露出を合わせるとソバがつぶれます。
この写真は、なんとか遠景が白飛びしていないものを、フォトショップで修正したものです。持ってったカメラがコンデジ1台なので、この写真はしょうがないんですが、本腰を入れて撮るなら午前中ですね。
d0032222_929654.jpg

# by tama_photo | 2008-09-20 09:31 | ドライブ・旅行 | Comments(5)

キャンドルスタンド

出張先で見つけたかわいいキャンドルスタンド。灯台かな?
なんとなくいびつで、細工も子どもっぽい感じですが、ずっと見てたらだんだん欲しくなって、荷物になるのが分かっていても、つい買ってしまいました。
あとで分かったのですが、ブリキにペンキを塗って作ったようで、注意書きに「ひとつひとつ丁寧に手作りされています」と書いてありました。フィリピン製。
アロマのキャンドルを入れて香りも楽しんでいます。
d0032222_23304170.jpg

# by tama_photo | 2008-08-30 23:33 | ショッピング | Comments(0)

写真館

バイクで大分県の豊後高田市へ行ってきました。
ここは「昭和レトロの街」として有名。昔からある商店街を生かしながら拠点となるレトロな館を作り、町おこしをしています。
時間がなかったので(ツーリングが主目的なので)ササッと見ただけですが、昭和生まれの自分としてはなつかしいものばかりでした。次は家族で(車で)来て、ゆっくり見て回りたいと思います。
d0032222_11271229.jpg

昭和ロマン蔵の中に再現された写真館です。こういった個人経営の写真館も、これからはどんどんなくなっていくのでしょうね。厳しい時代だなぁと思います。
展示してあったのはすべて国産カメラ。オリンパスペン、キヤノンデミ、リコーオートハーフ(?)などはハーフサイズカメラですね。フィルムが高くて貴重だったころは、規定の2倍撮れるハーフに人気がありました。もちろん画質は落ちますが、現代の高画質フィルムで撮れば、そこそこ不満のない描写をします。といっても最近はフィルム自体使ってませんけど―。
個人的にハーフはペンが3台、ベルハウエルのダイヤル35(キヤノンのOEM)があったと思います(記憶があやふやだ~)。
# by tama_photo | 2008-08-30 11:34 | カメラ・写真 | Comments(4)