「標準」レンズ

d0032222_1213455.jpg

AFニッコール50ミリ1.4Dをネットショッピングで購入しました。もうずいぶん前から(といっても数ヶ月ですけど)オークションをウォッチしていて、いいものを見つけると入札していたのですが、何度も高値更新されていました。自分としては20K以内に収めたかったけれど、ちょっと程度のいいものになると最近は22~24Kまで価格が吊り上がっていたのです。
新品はいくらするのか、価格COM.で最安値を調べてみたら、それが27Kくらいなんです。えーっ、3kくらいの差しかないのか。ほんじゃ新品がいいやと、キタ*ラのHPから会員価格を調べたらもう少し安く(26K台で)手に入ることが分かり、すぐに「ポチ」しました。
d0032222_12235224.jpgこのレンズは途中から中国で作るようになったと聞いています。「Made in China」の文字がどこに書かれているか探しましたが、レンズ本体にはないようです。取扱説明書にも。
もしかして、中国からまた日本に製造工場を戻したのかな・・・とかすかな期待をこめて探していると、あっ、見つけた。外箱にありました
でも、いくら外箱にハッキリ書いたって、箱なんてすぐ捨てるし、そうなるとこのレンズの国籍は不明になってしまいますね。もっとも、メーカーに問い合わせれば製造番号からすぐに割り出せるのでしょうが・・・。
それで分かったぞ。オークションに出品されているAF50/1.4には、よくこういう質問が届いています。「中国製ですか?」、「日本製ですか?」。
レンズだけじゃ製造国が分からないから出品者に問い合わせているんですね。まぁ、私の場合は、あまり気にしません。性能に明らかな差があれば、わざわざ古い国産を探し出すかもしれませんが、中国製が劣るような評判も聞かないし、新しいほうがいいはずだと思って使います。

これって暗号かよ?
d0032222_218953.jpg

nakajimaakira1948さんから教えていただいて、もう一度仔細にレンズを調べたら、やっとのことで「MADE IN CHINA」の文字を見つけました。
室内の白熱電球では、まず見えないと思います。直射日光を当ててやっと読めました。黒いシールに、まるで透かしのようにグレーで印刷されていました。暗号みたいだなぁ。。。
# by tama_photo | 2008-05-02 12:33 | カメラ・写真 | Comments(7)

水中万年筆

d0032222_1152397.jpg

水中でも書ける万年筆…ではありません。調子が悪いので修理を試みているのです。もう3日も水につけたままです。
このモンブランはカミさんが独身時代に外国で買ったもの(らしい)。結婚後はほとんど使っている様子がなかったので使わせてもらいましたが、「なんじゃこりゃ?」と思えるほどの書きにくさ。
第一に、字が太い。しかも縦線より横線のほうが太いのです。日本語を書く場合は、横が細く縦が太いほうが書きやすいでしょ。
第二に、インクの出が悪い。どれだけ吸わせても途中で字がかすれてしまいます。仕方なくインク壷にペン先を浸しながら書いてみましたが、それもまた面倒で、結論として使えるレベルではありませんでした。

もらった
d0032222_11215073.jpg

「これ、ちょうだい」と言ったら、以外にもあっさり「いいよ」と返事が返ってきました。
乾かして、インクを吸わせて、使ってみようと思うけど、横太・縦細の線が改善されない限りはまともに使えそうにありません。
ペン先の改良も含めて修理してくれるところ、どなたか知りませんか?

正体は146
d0032222_1133255.jpg

この万年筆は146という型でした。ペン先には4810と刻印がありますが、万年筆の型式はキャップの金冠に小さく掘ってありました。
軸が一番大きいのが149でペン先は18K。146はちょっと細身でペン先が14K。ネットで調べたら、けっこうなお値段でした(カミさん、お金持ちィ~)。
郵便局のEXPACK500で送らなきゃ、と気はあせるけれど、郵便局に行くヒマがないのでした。
# by tama_photo | 2008-04-29 11:22 | others | Comments(9)

目覚まし日時計

休日は朝寝坊したいので、目覚まし時計もテレビのオンタイマーもOFFにして眠りに就きます。でもなぜか早く目が覚めてしまう…その原因がこれです。
名付けて「目覚まし日時計」。
d0032222_101658.jpg

障子が破れていて、朝日がちょうど私の顔を直撃するのです。今の季節だと、だいたい6時前。
これはやたらの目覚まし時計より強力です。(早く障子張れって)\(-。。-#
当然、雨の日はゆっくり眠れます。
# by tama_photo | 2008-04-26 10:07 | others | Comments(2)

画像操作

春にしてはめずらしくスカッと抜けのいい日曜だったので、自宅の前の公園へカメラを下げて出てみました。ソメイヨシノはすっかり葉桜になっていましたが、色の白い桜(山桜?)がまだかろうじて咲き残っていました。
カメラはD2x、レンズはAFニッコール35mm/2.0(非Dタイプ)、ISO200、WBは晴天。空の青さがどこまで出るか、撮影するときの露出補正や撮った後の画像処理はどこまでが許容範囲なんでしょうか。
画像をクリックすると1500×996ピクセル(解像度は72ピクセル/インチ)まで大きくなります。

1/160秒 f8 -0.3EV
補正しないと空は薄曇りのように白っぽくなるし、桜の花びらも白飛びが多いので、いきなりマイナス0.3EVで撮りました。これでも花びらは、部分によっては白飛びしています。
d0032222_2143854.jpg


1/250秒 f8 -1.0EV
1段落とすと白飛びはなくなりました。でも空は現実よりもちょっと青いかも…。
d0032222_2174898.jpg


2枚目をフォトショップで色調補正
フォトショップの「色調補正」から「自動レベル補正」をやってみました。カラーバランスがおかしいとき、マニュアルでRGBをそれぞれ調整してもいいけれど、私の場合はますますバランスが崩れて収拾がつかなくなることが多いのです。そんなとき重宝するのが「自動レベル補正」。でもこれはちょっとやり過ぎ…?
d0032222_2184576.jpg

PLフィルターもつけてみましたが、アホなことにWBをフラッシュにしていたせいか、空が変な紺色になっていて全滅。時間もなかったのでPLでの撮り直しはしませんでした。
銀塩のころは、とにかくブルーが出るようにコダックのE100VSで、それにPLフィルター使って写していましたが、デジタルになってからは色調補正が手軽にできるのでPLの出番はほとんどありません。色の好みも変わってきたように思います。自然な発色が一番だと思うのです。なにごとも、過ぎたるは…でしょうか。
# by tama_photo | 2008-04-21 21:33 | カメラ・写真 | Comments(0)

3台目のコンデジ

d0032222_2325914.jpg
ついコンパクトデジカメを買って「シマッタ」。写真右側のFUJI F100fdだ。これでわが家にはコンデジが3台になった。
白いのはF401。こいつは400万画素しかなく、今ではメモ代わりにしかならない。最近は電池の持ちも衰えが見え始めたようだ。
左のあゆでじ(パナソニックFX01)は、たしか800万画素だ。自分用に買ったのが、いつのまにかカミさん専用になってしまった。
量販店で見比べて最終的にリコーのR8とこれが残った。デザインでは断然R8。しかし、CCDの大きさとISO感度の広さでF100fdに。それと、顔認識がR8のほうはおバカだったこともある。もっとも、顔認識機能なんて個人的には不要だと決めつけていたのであるが・・・。
さっそく三脚かついで夜の街をウロついてみた。かねがね「コンデジは暗部のノイズが汚い」と感じていたから、どれくらい進歩したかを確かめたくて。
結果はまぁまぁ満足した。「おっ、なかなかいいじゃん」というのが率直な感想。というかそれくらいのレベルなのである。私のレベルは。
今度、伸ばして紙焼きしてみよう。
ISO400 1/4秒 f4.9 -0.7EV補正 三脚使用
d0032222_2254029.jpg


操作のインプレ
使い心地の感想は、あまりよくない。
第一に大きい。パナのFX01と比べると、その差がよく分かる。まぁ、鏡胴が大きいのは頼もしいが、コンデジはサイズ(小ささ)も性能のひとつと考えていいと思う。また、本体以上にケースの大きさが気になる。2~3割大きいし、革の質もパナソニックが数段上だ。
d0032222_031738.jpg

操作で気になったのは、露出補正のしづらさ。1=メニュー/OKボタンを押し 2=撮影メニューを選んで 3=メニュー/OKボタンを押し 4=露出補正を選択して 5=ホイールダイヤルを回し 6=決定。
なんと6回もボタンを押したり回したりしないと補正ができない。しかもマニュアル撮影モードに限られる(夜景やマクロなどでは補正不可!)。
この点、パナソニックは簡単。1=補正ボタンを押し 2=補正し 3=決定。初心者向けのフルオート撮影以外なら補正ができるし、+/-のボタンが初めから表示されているのも分かりやすくて親切だ。F100にはそれがない。補正を呼び出すのに苦労する。
カメラ作りに関してはフジフィルムのほうが圧倒的に経験があるのに、この使いにくさはいったいなんなんだ。
店頭でここまでいじっていれば、F100を選ぶことはなかったかもしれない。FX01の後継で1220万画素のFX100はこれより1万円も安かった。
でもいまさら悔やんでも仕方ないので、顔認識機能とフジノンレンズの画質を思う存分楽しむことにしよう(負け惜しみ?)。
# by tama_photo | 2008-04-14 23:17 | カメラ・写真 | Comments(4)