夏の音

クインシー・ジョーンズのCD「Back on the Block」を久々に聴いた。
ドラムは完全に打ち込み。他の楽器も、弾いているかもしれないが、限りなくコンピュータの合成音に近い。
ミュージシャンの欄には「ドラム・プログラミング」や「シンセサイザー・プログラミング」として数人の名前が挙がっている。
やっぱりそういう音は不自然だし、歌にも私がきらいなラップが入っていて、とても愛聴盤とはいえないCDだ。
でも数曲はメロディーラインがきれいなものがあるので、カーステレオ等で年に1回くらいは聴いていた。
改めてちょっと大きな音で鳴らしたら、2曲目のBack in the Blockで聴き慣れない音がした。
あれ?と思って聴き直す。
なんだこの音は?

d0032222_10194305.jpg


つづき
# by tama_photo | 2017-07-28 11:06 | Music & Audio | Comments(2)

激軽に戸惑う

いまの家を建てて14年。地震の被害はほとんどなかったものの、経年変化による不具合があちこちに出始めました。
やっぱり最初に問題が出てくるのは水周りですね。
風呂場の引戸は、最初はこうでした。

d0032222_21452537.jpg

住んでいる自分でもビックリするくらいきれいですね~。まぁ、完成直後の写真ですから当然か・・・。


つづき
# by tama_photo | 2017-07-24 22:25 | others | Comments(8)

過去記事をずーっと読んでいたら、こんなものがありました。
オーディオ遍歴
もう2年以上前の記事です。
気が向いたので、第2弾を勝手にいってみます。(^^
その前に、ホーン型スピーカー最後の写真を紹介しておきます。

d0032222_18000171.jpg

エンクロージャーがJBL4560。詳しくいうと、4560BKSです。BKAが米国製でBKSは国産。合板の材質が微妙に違うという人もいます。これは裏にサンスイ電機の銘板が張ってありました。
もしかして「BK」はブラックの略で、「A」がアメリカ「S」がサンスイって? まさかねー。
2441ドライバーには2350ラジアルホーン。ツイーター2402は音道に下げていますが、これがネックでした。
音像がまとまらないんです。もっと奥に引っ込めるべきでした。ツイーターのケーブルはベルデン9497です。
ウーハーはアルテックの515Bになっています。
ラックは上からCECのトランスポートTL51と、その下はマイクロメガ(フランス)のDAC1です。
なんでセパレートにしたんでしょうね。場所取るのに・・・。
その下が管球式プリアンプです。ファーストサウンドという、これは米国のガレージメーカーではないかな。
建具屋Sくんからの借りもの。
ターンテーブルはPro-ject RPM9(オーストリア)で、カートリッジは記憶にありません。昇圧トランスが見当たらないので、たぶんシュアのV-15IIIだったかと思います。このころはCDが主で、LPはあまり聴いていませんでした。
そしてパンチングメタルで隠れたところに管球アンプが2台、自作EL34ppとエレキットKT88シングルが入っています。その下にアンセム(カナダ)のEL34pp。ツイーターをKT88シングル、ドライバーをアンセム、ウーハーを自作アンプでそれぞれ鳴らしていました。
一番下がチャンデバのアキュフェーズF15です。500Hzと7000Hzの12dB/octにしていました。



つづき
# by tama_photo | 2017-07-22 22:10 | Music & Audio | Comments(0)

連想ゲーム

トヨタCH-R。トヨタでアルファベットだけの名前って初めてじゃないかな。
とても売れているらしい。

d0032222_13511950.jpg

でもこれを見て思い浮かぶのは・・・


つづき
# by tama_photo | 2017-07-19 14:19 | クルマ | Comments(12)

仮想アース

これもフェイスブックがらみの話題です。
銅線をグルグル巻きにしたコイルをオーディオコンポーネントのアース端子につなぐと、音が良くなるというハナシ。
電機知識豊富な方による解説では・・・
理屈的には機器の電位の基準となるシャーシ(フレームグランド)に、リアルアースより一桁以上抵抗が低いコイルをつなぐことで、コイルに吸い寄せられたノイズを減衰させ、信号がクリーンになり、周波数バランスは変わらず、音がハッキリ力強くなってスレテオ感も増す・・・だそうです。

オークションで入手したムジカライザーの付録に鉄芯コイルが混じっていたので、やってみました。

d0032222_15030940.jpg


つづき
# by tama_photo | 2017-07-14 15:53 | Music & Audio | Comments(12)