LNP-2Lのブラッシュアップ

LNP-2Lについて新たな情報がまたひとつ。
それは、CDをテープ端子にXLRで入れてテープポジションで聴くのと、レモ端子で入れてソースポジションで聴くのは違う。端子の違い以外にゲインの違いが大きい―というものです。
さっそくやってみました。
手持ちのレモピンを全部使ってしまいましたよ。一番下の片側は壊れているので、抜けないうちに交換しなくちゃ。
上からフォノ1、フォノ2、CD、パソコン(DAC)です。

d0032222_15320420.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-07-31 16:29 | Music & Audio | Comments(4)

LNP-2Lを手に入れてからやがて1年たつのに、じつは使い方がいまひとつよく分からない。
なぜそこのサイトにたどり着いたか覚えていないが、興味深い記事を見つけた。
うろ覚えだが、こんなことが書いてあった。

d0032222_21240565.jpg

・ゲイン設定による音の変化は大きい
・ゲインが0dB、10dBの音は冴えない
・私は0dB、10dBにしようとは絶対思わない
・LNP2を使いこなそうと思うのならブロックダイアグラムは空で描けなければいけない




つづき
by tama_photo | 2017-07-06 22:38 | Music & Audio | Comments(2)

電池交換 JC-1DC

MCヘッドアンプJC-1DCの電池を交換します。

d0032222_07271944.jpg

コンデジなのでISO感度が高くなりすぎて画像が荒れてます。m(_ _)m


つづき
by tama_photo | 2017-05-24 08:00 | Music & Audio | Comments(2)

レビンソンに金の靴

LNP-2Lの電源を半年ぶりに落とした。
ん~で、なにをしたかというと、自分流ちょっとした改善。
ターンテーブルを増やしたりフォノアンプを替えたりするたびに裏に回ってケーブルをあれこれつなぎ替えるが、これがとてもめんどぷ~んなのさ。
あれ、どこがフォノでどこがCDだっけ?と迷うことしばしば。
アンプの天板に端子の種類が書いてあるが、ラックに押し込んでいるからそれがまったく見えない。
普通のアンプは端子のすぐ横、背面に書いてあるのに、このアンプはなぜだか上。
分からなくなるといちいち表に回って確認しながら作業していた。

d0032222_19331312.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-05-16 20:16 | Music & Audio | Comments(4)

やっぱり節電?

MCヘッドアンプのJC-1ACの音が出なくなった。
電池切れを疑って中から取り出し、電圧を測ってみたら1ボルトしかない。低いものは1ボルトを切っていた。

d0032222_12103987.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-05-11 12:39 | Music & Audio | Comments(4)

ジョン・カール作

カールおじさんではありません。オーディオ界の天才技術者と呼ばれたジョン・カール氏のことです。
オーディオ界の狂気といわれたマーク・レビンソン氏と組んで、JC-1やJC-2、LM-2などを世に送り出しました。
MCカートリッジ用のヘッドアンプ、JC-1を入手しました。
JCは「ジョン・カール」のイニシャルなんですと。

d0032222_15202928.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-02-23 16:29 | Music & Audio | Comments(6)

老化現象?

あぁ、また失敗してしまった。
ヤフオクの終了時間を完全に忘れていた。2時間前までは覚えていたのに・・・。
逃した魚は、これだ。(画像引用)

d0032222_9125186.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-02-12 09:38 | Music & Audio | Comments(6)

更新

d0032222_22301753.jpg運転免許証の更新に行ってきました。
6月から更新できたのに、ギリギリにならないと腰が動きません。
ゴールド免許ですよ、ゴールド!
日本がまだ2個しか取っていない金をゲットしました。
金はこれで3回連続。通算4回目かな。
あと何度、更新できるだろう・・・なんてことを思いましたね。



つづき
by tama_photo | 2016-08-09 22:25 | Music & Audio | Comments(12)

非 高級感

LNP-2Lを触って思ったこと、それは、高級感が微塵も感じられないということです。
ボリュームを回すと「シャリシャリ」した感触がします。いかにも金属どうしが擦れあっている感じで、国産アンプのような、ねっとりして重過ぎず軽過ぎず、回して心地よい感触がありません。
このツマミのシャリシャリ感になんか覚えがあると記憶をたどったら、AGIの511Bがこうでした。
まぁ、511Bも音がよかったからいいけど、ツマミのタッチや材質など、もっと凝ってもらいたいし、デザインも全部同じものより、少しは変化を与えたほうが操作しやすいのではないかと思います。

d0032222_016625.jpg

カメラ:ソニー α7R 90ミリ2.8マクロ

つづき
by tama_photo | 2016-08-06 00:40 | Music & Audio | Comments(6)

黄泉の国から

機械をいじってるばかりじゃなくて、じっくり聴くこともあるのです。
静かなアルバムを聴きたくて、数少ない在庫から選んだのはアイリーン・クラールのWhere is Love?(恋の行方)。
買って2~3回しか聴いていないと思います。第一印象は「ショボい録音だな」でした。

d0032222_1745094.jpg

針を落としてみると、これがじつにいい。スピーカーはN-801。
声が生々しいのです。エコーなどのエフェクトがいっさいかかっていない感じ。
伴奏はピアノひとつ。ボーカルが余計に浮き立ちます。
こんなによかったっけ? と、座り直して真面目に聴き入りました。

カメラ:α7R マクロスイター50/1.9

つづき
by tama_photo | 2016-08-04 17:22 | Music & Audio | Comments(6)