タグ:レコード ( 96 ) タグの人気記事

FaceBookのオーディオ系グループで、レコードを浮かせて回すという興味深い工夫が紹介されました。
ターンテーブル付属のゴムシートを取り払い、プラッターにウレタンクッションを4つ貼り付け、レコードスタビライザーで押さえて演奏するというもの。レコード盤は4つのクッションで支えられるだけで、ほとんど空中に浮いたような状態です。
これではハウリングマージンが取れないでしょうと質問すると、浮かすほうがハウリングには強くなるとの返事。
想像の範囲ではどうしようもないので、実際やってみることにしました。
まず、ホームセンターでウレタンクッションを購入。
これは通称「涙目」と呼ばれ、「戸当たりクッション」などの名前でも売られています。1袋12枚入りで357円でした。

d0032222_16311864.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-08-07 17:12 | Music & Audio | Comments(4)

DL103復活

猛暑が続いているので家に閉じこもりがちです。
昨日もずっと音楽を聴いて過ごしました。
夜になって最後のレコードに選んだのは、30センチシングル「We are the World」。H-OFFで見つけた108円レコードですね。(^^;
ターンテーブルはウェルテンパードでカートリッジはライラヘリコンです。
いつもはA面だけなんですが、珍しくB面の「Grace」もかけてみました。
レコード盤に「Composed & Arranged by Quincy Jones & Jeremy Lubbock」と書いてあるだけで他に解説はありません。
歌は入っておらず、We are the・・・の裏面ということで、これは完全にオマケですね。
ほとんど打ち込みとは思いますが、すんごい低音が入っていました。そしてこのレコードは45回転なのでカッティングレベルがえらく高いんです。普通のLPの2倍くらいの音量がします。
すると、プツッと小さい音がして曲が途切れる部分が数ヵ所ありました。

d0032222_09472497.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-08-06 10:36 | Music & Audio | Comments(0)

モノラル(DL102)復活

重量級カートリッジ用のメインウェイトとインサイドフォースキャンセラー(以下IFC)のおもりが届きました。
くすみや曇りがないので、真鍮ではなく砲金製でしょうか。
シルバーの純正品と比べると、大きさが違います。SME3009imp.などに使えます。

d0032222_12420417.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-08-04 13:32 | Music & Audio | Comments(2)

アーム(SME3009)の調整

SME3009Imp.を調整してみましょう。
アームパイプは水平なのに、ヘッドシェルが上を向いてしまっていました。
そこでまず、シェルとアームの接点に挟んであるゴムのリングを外しましたが、角度はほとんど変わりませんでした。
となると、オルトフォン製ヘッドシェルの工作精度が疑われます。ここが直角になってないのかもしれません。

d0032222_13052513.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-08-02 13:40 | Music & Audio | Comments(6)

100円LPとDL103

こう毎日暑いと、どこかへ出かける気力が起きません。
道の駅も県内は全部行ったし、かといって庭の雑草を抜くのは自殺行為だし・・・。
早朝から鳴くクマゼミの声が暑さに拍車をかけます。
殺虫剤を大量にまいてクマゼミを退治したら、気温が1~2℃下がる気がするのは私だけ?

C3のカタログが欲しくてシトロエンのディーラーへ行ったら定休日だったので、H**D-OFFに寄り道しました。
ここも久しぶりです。目的はLPなんですが、コンテナ箱にLPもLDもVHDもいっしょくたに投げ込んであるので探すのが大変。
でもその分、値段が安いので仕方ないですね。
きょうの収穫はチューブの「シーズン・イン・ザ・サン」と「We Are The World」の2枚、216円ナリ。

d0032222_09283961.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-08-02 10:21 | Music & Audio | Comments(4)

パソコンに取り込んだLP音源をいじっていたら、いろんな問題の解決法が分かってきたぞ。

d0032222_13392135.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-06-27 14:16 | Music & Audio | Comments(15)

LPをパソコンに入れる

LPしかない音源をデジタルデータにして録音しておきたい。
ずっと前からそう考えていたが、どうやればそれが実現できるのか、いまひとつ頭の中に見えてこなかった。
FaceBookでそのことをぶっちゃけてみたら、ありがたいことにたくさんのアドバイスをいただいた。
フォノイコライザー内蔵のRCA→USB変換ケーブルを買い、PC(パソコン)にソフトを入れて取り込んだら?とか
USB出力のあるプレーヤー(前記事に書いたようなやつ)を買うとか
DACを買ってDSD録音(いわゆる「ハイレゾ」にするってことかな)するとか、ハードルの低いものから高いものまで、バラエティーに富んだ書き込みがあった。
その中でも一番簡単だったのが、ラインアウトからPCM録音機で録音するというもの。
PCM録音機なら持ち腐れ機のTASCAMがあるし、ケーブルさえあればすぐにでもできるジャマイカ。
ケーブルの箱をひっくり返してみたが、それらしきものがない。
待てよ、iPodとステレオをつなぐためにミニジャック→RCA変換ケーブルを娘に買ってやったことを思い出した。
これでPCMレコーダーとつなげばいい。娘の部屋から持ってきた。

d0032222_18025976.jpg



つづき
by tama_photo | 2017-06-24 19:00 | Comments(6)

気になるプレーヤー

世はアナログがブームだそうだ。
遅いよ・・・って鼻で笑いたい気分だが、便利と合理性一辺倒で突っ走ってきた日本で、間逆のアナログがブームになるのはうれしい。
先日も娘が突然「レコードのことを教えて」と言った。その後、なんのお問い合わせもないのは置いといて。( ̄∀ ̄;)
考えてみたら、娘は生まれたときからカセット、CD、MD、DVD、MP3で育ってきた。レコード盤が回るのは今の家に住んでしばらく経ってからだから、まだ10年くらいではないか。
もちろん自分のLPなんて持っていないし、レコードをかけたこともない。時代だなぁ。

話は巷のアナログブームに戻るが、最近はレコードプレーヤーが安いのから高いのまで、新興メーカーを含めてたくさん発売されているようだ。
その中で気になるやつをいくつか。
まず米国はアイオン・オーディオのマスタング。29,800円。

d0032222_09132693.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-06-22 10:33 | Music & Audio | Comments(2)

HMV102 修理

先日落札したHMV102、回すと異音がする。
レコードをかければその音にかき消されてしまうけど、無音状態では「カサカサ」「コトコト」とにぎやかだ。
静かさでいえば、日本ビクターのほうが上。世界の名機が日本製に負けてはいけないので、ちょっと見てみよう。

d0032222_00305293.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-06-19 01:47 | Music & Audio | Comments(2)

電池交換 JC-1DC

MCヘッドアンプJC-1DCの電池を交換します。

d0032222_07271944.jpg

コンデジなのでISO感度が高くなりすぎて画像が荒れてます。m(_ _)m


つづき
by tama_photo | 2017-05-24 08:00 | Music & Audio | Comments(2)