タグ:レコード ( 65 ) タグの人気記事

PD-121を点検整備

休みだ雨だ、なにしよう?
こんなときは家でじっと音楽を聴くか、カメラを掃除するか、やり残した仕事を片づけるか・・・。
ラックスマンのレコードプレーヤーPD-121の気になる点を点検・整備することにしました。

d0032222_15582467.jpg


つづき
by tama_photo | 2016-10-28 16:50 | Music & Audio | Comments(2)

30年ほど前からずっと持っているカートリッジがある。
シュアーM75Bだ。
ヨメがまだ独身だったころ、彼女はコンポーネントステレオを持っていた。安いものばかりだったが、アンプとチューナーがヤマハでターンテーブルがテクニクスだった。スピーカーはどうしても思い出せない。
レコードを聴かせてもらったら針が寿命っぽかったので、買ってやったのがたしかこのM75Bだったかと。
なにぶん30年くらい昔のことだから記憶はあいまいだが、いい音がした記憶はない。

d0032222_1140464.jpg


つづき
by tama_photo | 2016-10-24 11:55 | Music & Audio | Comments(10)

PD121についてきたオーディオテクニカのオートリフター。正式名は「セイフティ・レイザー」だそうです。
10回のうち2回くらいはちゃんと動きますが、動かないことのほうがうんと多い。打率2割程度。
プレーヤーについたまま調整しようとしましたが、プラッターとアームの間の狭い所にあるためうまくいきません。
外して詳しく調べることにしました。
AT6006aの近接写真。アームを持ち上げるプラスチック部分は外しています。

d0032222_17364463.jpg

いまでは製造が中止され、オークションにちょくちょく出てきますが、けっこうな高値がつく人気商品のようです。

つづき
by tama_photo | 2016-10-23 18:16 | Music & Audio | Comments(2)

ラックスマンのレコードプレーヤーPD121を導入しました。
あこがれのトーンアーム、SME3009がついていたもので、つい。

d0032222_179784.jpg

PD121は1975年8月にラックスマンが発売したアームレスのDDプレーヤーです。
SME3009用のマウントベースが標準装備だったそうで、いわばこれがスタンダードスタイル。
プラッターは2.5キロあり(SL-1200/4は1.46キロ)、そのためか起動トルクの大きいテクニクスのSP10用モーターが使われています。

つづき
by tama_photo | 2016-10-20 18:08 | Music & Audio | Comments(8)

ディアゴスティー2

買ってしまった第2弾。
仕事の帰りにジャマだ電器に寄ったら2冊ありました。

d0032222_2229065.jpg


つづき
by tama_photo | 2016-10-12 22:42 | Music & Audio | Comments(19)

DL-103

カートリッジをライラヘリコンからデノンDL-103改に戻しました。
ヘリコンをずっと聴いていて少し疲れる感じがしたものですから、それと、ムジカライザーを通したDL-103の音を確かめてみたくなったのです。
鉄木のケースから一度取り外したので、両面テープがダメになっていました。

d0032222_1526335.jpg


つづき
by tama_photo | 2016-10-07 15:50 | Music & Audio | Comments(2)

3連休=雨×3日

日・月・火と3連休だった。
とくに日曜日の休みは貴重なので、ずいぶん前から楽しみにしていた。
トライアンフで最後のツーリングをしようと思っていたんだ。
あえなく中止。(TωT)

d0032222_0385851.jpg

去年の1月にエアクリーナーからファンネルに替えたので、雨中走行は厳禁さー。
ライダーは雨具を着ればいいが、トラを濡らすわけにはいかない。

つづき
by tama_photo | 2016-09-20 01:13 | Music & Audio | Comments(8)

音のものさし

オーディオ機器を取り替えたとき、その変化を確かめたくて聴く曲がいくつかあります。
言うなれば自分専用の「ものさし」ですかね。
そんな曲をいくつかご紹介します。

d0032222_16381111.jpg


つづき
by tama_photo | 2016-09-04 17:46 | Music & Audio | Comments(0)

CD vs LP

こんなことをする時間があったら、他のいろんな音楽を聴いていたほうがマシかもしれません。
CDとLPの聴き比べです。
これは前にも一度比べたことのあるアルバム、デイブブルーベックカルテットのタイムアウトです。

d0032222_9155131.jpg


つづき
by tama_photo | 2016-09-04 09:43 | Music & Audio | Comments(6)

非 高級感

LNP-2Lを触って思ったこと、それは、高級感が微塵も感じられないということです。
ボリュームを回すと「シャリシャリ」した感触がします。いかにも金属どうしが擦れあっている感じで、国産アンプのような、ねっとりして重過ぎず軽過ぎず、回して心地よい感触がありません。
このツマミのシャリシャリ感になんか覚えがあると記憶をたどったら、AGIの511Bがこうでした。
まぁ、511Bも音がよかったからいいけど、ツマミのタッチや材質など、もっと凝ってもらいたいし、デザインも全部同じものより、少しは変化を与えたほうが操作しやすいのではないかと思います。

d0032222_016625.jpg

カメラ:ソニー α7R 90ミリ2.8マクロ

つづき
by tama_photo | 2016-08-06 00:40 | Music & Audio | Comments(6)