タグ:レコード ( 71 ) タグの人気記事

LP仕入れ

オークションでLPを数枚仕入れました。
タンノイアーデンの先輩から借りて、音のよかったスーパージャズトリオと、その昔、一世を風靡したシャカタクです。

d0032222_21551995.jpg

スーパージャズトリオは見た目きれいでしたが、針を落とすとチリノイズが多かったです。
A面の途中で聴くのをやめ、洗面所で水洗いしました。
スポンジに石鹸をつけてゴシゴシ。
ホコリの多くついたLPは、一発で新品のようにきれいになります。
しかしこのLPはノイズが消えませんでした。チリノイズの原因がなにか他にあるんでしょうか。

つづき
by tama_photo | 2016-12-03 23:04 | Music & Audio | Comments(12)

日記 11月28日

昨日のことだ。午前中に腹が痛くなった。
朝起きて、普通に朝食をとって、普通に出勤して、そこまではどうもなかったのに、いきなり差し込むような痛みに襲われた。
痛くなったり収まったり、それが午前中ずっと続いて、食欲も湧かない。これはいかん。
体温は36.1度。普通の人なら平熱だが、アタシの平熱は35度台。いつからか体温が下がった。36度を超えているときは、イマイチ調子が悪いときだ。
昼から休みを取って休日当番医へ行った。
きつそうにしていたのだろう「点滴を打ちましょうか?」と院長先生。
ついでに血液検査もしてもらったら、白血球数は基準内。炎症反応が少しあるとのこと。
2時間かけて点滴してもらって、その間少しウトウトしたせいか、気分はスカッとした。

そういうこともあって、きょうは出かける気になれなかった。天気もよかったのに・・・。
朝も昼もおかゆを食べて、音楽を聴いてまったりしていた。
夕方、オークションで落としたLPが届いた。

d0032222_21381572.jpg

スーパージャズトリオのサムシング・テイスティ。
トミーフラナガン(p)、レジーワークマン(b)、ジョーチェンバース(ds)のトリオにアートファーマーがフリューゲルホーンで加わっている。

つづき
by tama_photo | 2016-11-28 22:32 | Music & Audio | Comments(6)

追悼 鎌田小恵子 氏

死んじゃいましたね。リリィさん。
歌手としては、多くのヒットには恵まれなかったけど、最近は俳優としてドラマでよく見かけていました。
若かった頃のハーフ的イメージは消え、中年を越えて、もう立派なおばあちゃんに見えました。
追悼の気持ちを込めて、たった1枚しか持っていない彼女のアルバム、ONIONを聴きました。

d0032222_12205245.jpg


つづき
by tama_photo | 2016-11-12 12:34 | Music & Audio | Comments(4)

SME3009S2Imp.用の補助ウェイトを手に入れました。
純正のメインウェイトの外側にイモネジで取り付けるタイプです。重さは72グラム。オクで2,900円でした。

d0032222_10174059.jpg


つづき
by tama_photo | 2016-11-04 10:59 | Music & Audio | Comments(5)

こんな幅広いベルト、どうせ使えないんだから、トライしてみましょう。
タテに半分に切ってみます。
そう、ダメで元々。

d0032222_20422983.jpg

カッターナイフと定規を使って古新聞の上で切ります。
カッティングマットが・・・うちにはありません。

つづき
by tama_photo | 2016-10-31 21:59 | Comments(2)

ベルトが欲しいっ !

現用のターンテーブル、ウェルテンパードはベルトドライブです。
高S/Nで彫りが深く、緻密な再生音が特長です。もちろん回転も滑らか。

d0032222_22452975.jpg


つづき
by tama_photo | 2016-10-30 23:25 | Music & Audio | Comments(6)

PD-121を点検整備

休みだ雨だ、なにしよう?
こんなときは家でじっと音楽を聴くか、カメラを掃除するか、やり残した仕事を片づけるか・・・。
ラックスマンのレコードプレーヤーPD-121の気になる点を点検・整備することにしました。

d0032222_15582467.jpg


つづき
by tama_photo | 2016-10-28 16:50 | Music & Audio | Comments(2)

30年ほど前からずっと持っているカートリッジがある。
シュアーM75Bだ。
ヨメがまだ独身だったころ、彼女はコンポーネントステレオを持っていた。安いものばかりだったが、アンプとチューナーがヤマハでターンテーブルがテクニクスだった。スピーカーはどうしても思い出せない。
レコードを聴かせてもらったら針が寿命っぽかったので、買ってやったのがたしかこのM75Bだったかと。
なにぶん30年くらい昔のことだから記憶はあいまいだが、いい音がした記憶はない。

d0032222_1140464.jpg


つづき
by tama_photo | 2016-10-24 11:55 | Music & Audio | Comments(10)

PD121についてきたオーディオテクニカのオートリフター。正式名は「セイフティ・レイザー」だそうです。
10回のうち2回くらいはちゃんと動きますが、動かないことのほうがうんと多い。打率2割程度。
プレーヤーについたまま調整しようとしましたが、プラッターとアームの間の狭い所にあるためうまくいきません。
外して詳しく調べることにしました。
AT6006aの近接写真。アームを持ち上げるプラスチック部分は外しています。

d0032222_17364463.jpg

いまでは製造が中止され、オークションにちょくちょく出てきますが、けっこうな高値がつく人気商品のようです。

つづき
by tama_photo | 2016-10-23 18:16 | Music & Audio | Comments(2)

ラックスマンのレコードプレーヤーPD121を導入しました。
あこがれのトーンアーム、SME3009がついていたもので、つい。

d0032222_179784.jpg

PD121は1975年8月にラックスマンが発売したアームレスのDDプレーヤーです。
SME3009用のマウントベースが標準装備だったそうで、いわばこれがスタンダードスタイル。
プラッターは2.5キロあり(SL-1200/4は1.46キロ)、そのためか起動トルクの大きいテクニクスのSP10用モーターが使われています。

つづき
by tama_photo | 2016-10-20 18:08 | Music & Audio | Comments(8)