タグ:レコード ( 65 ) タグの人気記事

黄泉の国から

機械をいじってるばかりじゃなくて、じっくり聴くこともあるのです。
静かなアルバムを聴きたくて、数少ない在庫から選んだのはアイリーン・クラールのWhere is Love?(恋の行方)。
買って2~3回しか聴いていないと思います。第一印象は「ショボい録音だな」でした。

d0032222_1745094.jpg

針を落としてみると、これがじつにいい。スピーカーはN-801。
声が生々しいのです。エコーなどのエフェクトがいっさいかかっていない感じ。
伴奏はピアノひとつ。ボーカルが余計に浮き立ちます。
こんなによかったっけ? と、座り直して真面目に聴き入りました。

カメラ:α7R マクロスイター50/1.9

つづき
by tama_photo | 2016-08-04 17:22 | Music & Audio | Comments(6)

LNP-2L 研ぎ出し

中古車を買って悪いところをひとつずつ直していくことを「膿出し」という。
LNP-2Lもそんなものかと思ったが、これには悪いところがひとつもないからニュアンスが違う。
で、「研ぎ出し」という言葉を思いついた。
周辺機器を調整して、よりよい音を求めていくから、刃物を研ぐ感じがしたのだ。

管球アンプを鳴らしてみた。音の出口は20センチフルレンジのSP-LE8T。
ケーブルが届くのが待ちきれず、RB-1582に使っていたベルデン8412の同軸を引っ張ってきてSV-300BEにつないだ。
ケーブルが短いから、パワーアンプの上を最短距離で回した。
もう音が出る前から期待と緊張がMaxだ。ソースはLP。
鈴木勲の「ストリングバンド フューチャリング 鈴木勲」と、シェルビィ・リンの「Just a Little Lovin'」を聴く。

d0032222_1159356.jpg


つづき
by tama_photo | 2016-08-03 13:00 | Music & Audio | Comments(8)

LNP-2Lの調整

仕事から帰ってすぐ、LNP-2Lでレコードを鳴らしてみた。
カートリッジはライラヘリコン。
昇圧トランスを介さずプリへダイレクトにつないで、シェルビー・リンのJust a Little Lovin'をかけた。

d0032222_21172591.jpg


つづき
by tama_photo | 2016-07-31 22:07 | Music & Audio | Comments(12)

それは神の声だったのかもしれない。
「いっちゃえ おっさん」

d0032222_23203316.jpg

カメラ:α7R 16-35ミリf4 90ミリマクロf2.8

つづき
by tama_photo | 2016-07-30 01:26 | Music & Audio | Comments(8)

3連休

世間は3連休ではしゃいでいます。
あたしは明日だけ休み。あっ、だけじゃないね、あさっても休みの2連休です。
片付かないマイデスク。こればっかりはどうしようもなく・・・。

d0032222_11545149.jpg

カメラ:ライカモノクローム エルマリート28/2.8 ノクトン50/1.5

つづき
by tama_photo | 2016-07-17 12:48 | Music & Audio | Comments(8)

機材にお金をかけた店(ジャズ喫茶)に行くと、おおかたこのアンプが据えてある。
(写真は借用)
d0032222_1548745.jpg

LNP-2、またはLNP-2Lだ。

つづき
by tama_photo | 2016-07-12 16:38 | Music & Audio | Comments(16)

二人のダイアナ

天気のよかった日曜日は、草むしりでクタクタになった。
帰るなりシャワーを浴び、発泡酒を1本。

プハーッ んまいっ!

疲れを癒したくて選んだ1枚。

d0032222_7595793.jpg

ダイアナクラールの The Look of Love。SACDだ。

つづき
by tama_photo | 2016-06-27 08:46 | Music & Audio | Comments(2)

オーディオ遍歴 続編

私のオーディオ遍歴、最初に書いたのが去年3月だから1年以上放っていました。
心待ちにしていた方々、まことにすみません。やっとというか、いまさら続編です。m(_ _)m

平成元(1989)年に結婚して安普請のアパート暮らしになってからというもの、オーディオは楽しめませんでした。
無駄な抵抗と分かっていながら、結婚記念にヤマハのASTシステムの入ったスピーカーと専用アンプを購入。
独自の技術で28Hzからの超低音を出すというふれこみの、ヤマハAST-S1です。

d0032222_14231055.png

えっ!こんなに高かったんでつか?
このスピーカーには専用のカートリッジが付いていて、これをAST回路のあるアンプに差し込んで使用します。
カートリッジがないと、まともな音はしませんでした。
ASTスピーカー用に特性を変えた音声信号を送り込むのでしょう。BOSEのシステムに似ていますね。
たしかに低音は出ました。A4サイズのスピーカーとは思えないほど。
でも総合的なバランスとか音色とか、そういうところを考えると疑問符のつくスピーカーだったと思います。

つづき
by tama_photo | 2016-06-10 16:59 | Music & Audio | Comments(4)

新旧SP 聴き比べ その2

懲りずにやっております。
タンノイREVEAL402とLE8Tの聴き比べ。
今度の音源はLPレコード。
「QUARTET-1 JAZZ」
1974年6月に兄が買ったシステムステレオに、おまけとしてついていました。
録音は1973年。制作はオーディオラボで、ジャケットに若かりし頃の菅野沖彦氏が写っています。

1曲目は「サマータイム」です。
大野俊三:トランペット、古野光明:ベース、ジョージ大塚:ドラム



つづき
by tama_photo | 2016-06-09 13:29 | Music & Audio | Comments(0)

レコードをタンノイ402で

そういえばReveal402でレコードは、まだ聴いていなかった。
どうせならレコードの中でも古い音源、モノラル盤を聴いてみようと思った。
ビートルズのモノラルLPを3枚出す。昨日見たNHKの「アナザーストーリー」の影響を完全に受けている。
1枚目は「ビートルズがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!」。
なんとも、時代を感じさせる和訳タイトル。来日公演が近くなった頃の発売かな❓

d0032222_8495326.jpg

イコライザーを通っていないぶん、低域が出過ぎる。一部の周波数の、たぶん100Hz近辺だと思う。
ポールのベースが出しゃばりすぎて聴こえる。

つづき
by tama_photo | 2016-06-05 21:29 | Music & Audio | Comments(0)