LNP-2L 研ぎ出し

中古車を買って悪いところをひとつずつ直していくことを「膿出し」という。
LNP-2Lもそんなものかと思ったが、これには悪いところがひとつもないからニュアンスが違う。
で、「研ぎ出し」という言葉を思いついた。
周辺機器を調整して、よりよい音を求めていくから、刃物を研ぐ感じがしたのだ。

管球アンプを鳴らしてみた。音の出口は20センチフルレンジのSP-LE8T。
ケーブルが届くのが待ちきれず、RB-1582に使っていたベルデン8412の同軸を引っ張ってきてSV-300BEにつないだ。
ケーブルが短いから、パワーアンプの上を最短距離で回した。
もう音が出る前から期待と緊張がMaxだ。ソースはLP。
鈴木勲の「ストリングバンド フューチャリング 鈴木勲」と、シェルビィ・リンの「Just a Little Lovin'」を聴く。

d0032222_1159356.jpg


つづき
by tama_photo | 2016-08-03 13:00 | Music & Audio | Comments(8)

新旧SP 聴き比べ その2

懲りずにやっております。
タンノイREVEAL402とLE8Tの聴き比べ。
今度の音源はLPレコード。
「QUARTET-1 JAZZ」
1974年6月に兄が買ったシステムステレオに、おまけとしてついていました。
録音は1973年。制作はオーディオラボで、ジャケットに若かりし頃の菅野沖彦氏が写っています。

1曲目は「サマータイム」です。
大野俊三:トランペット、古野光明:ベース、ジョージ大塚:ドラム



つづき
by tama_photo | 2016-06-09 13:29 | Music & Audio | Comments(0)

新旧SP 聴き比べ

タンノイのREVEAL402とJBLのLE8Tを聴き比べてみました。
音源はCDで最初にLE8T、次がREVEAL402です。
曲によってはレンジの広さや高域の切れで、REVEAL402がLE8Tをしのぐこともあります。



つづき
by tama_photo | 2016-06-07 20:25 | Music & Audio | Comments(2)

Reveal402はパワードモニタースピーカーなので、音楽プレーヤーさえあれば音楽を聴くことができます。
じゃぁそれやってみようと、iPodをダイレクトにつないでみました。
いわばふり出しに戻って、素の402を聴いてみようと思ったのです。

d0032222_23595312.jpg


つづき
by tama_photo | 2016-06-03 00:42 | Music & Audio | Comments(2)

気まぐれ

焼酎を飲みながらパッと選んだLPがこれ。
ヘレン メリル ウィズ クリフォード ブラウン。

d0032222_2382925.jpg

モノラルって知ってました?
オレはずっとステレオだと思って聴いていた。

つづき
by tama_photo | 2016-05-10 23:39 | Music & Audio | Comments(10)

LE8Tその後

去年11月にエッジを張り替え、寿命がワタシよりも延びたLE8T。( ̄ω ̄)
エージングも進んできたようで、嫌だと思う部分がほとんどなくなってきました。
最近は8割方、LE8Tで聴いています。
小さい音で聴くことが多いので、小音量でもバランスのいいLE8Tについスイッチが入ってしまいます。
α7R KERN-MACRO-SWITAR 50mm/1.9

d0032222_8542298.jpg

で、聴くのはハイレゾやCD。
モノラルレコードも雰囲気が出てLE8Tの相性はいいのですが、レンジが広い音源を鳴らしては、伸びた低音を愉しんでいます。

さらに聴く
by tama_photo | 2015-02-10 09:36 | Music & Audio | Comments(10)

独夜の愉しみ

「晩ごはんいりません」と、かあちゃんからメール。
続いて「晩ごはんいりません」と娘からメール。
こんな夜は勝手放題の晩ごはんを食べて、音楽にどっぷりつかります。
LE8Tのエッジが、またちょっと硬くなったようだったので、軟化剤を昨日塗ったのでした。
気温の変化にも若干影響されるのでしょうか。今夜は寒い。
アナログ盤を何枚か聴いてみました。
E-P3 KERN-MACRO-SWITAR 50mm/1.9
d0032222_0354214.jpg
ローズマリー・クルーニーのWith Love。
これはCD(SACD)も持っていますが、アナログも録音がかなりいい線いってます。
d0032222_0381751.jpg
LE8Tはボーカルも得意。
音が前にシャシャリ出てくるので、小音量で聴くときに力を発揮します。
大きい音だと高域がちょいと耳障りになるので、B&Wにバトンタッチ。
私のシステム、我ながらよくできてるなー。

修理完了
修理を頼んでいた自作アンプが直ってきました。
球は7本とも全部交換。EL34はチェコ製のグルーブ・チューブというマッチド・ペア。配線も一部手直しされて「A/B級動作にしたから低域も出るようになった」と店主Hさん。
ショップでは、小さなバスレフスピーカーを朗々と鳴らしていました。
さっそく家に戻ってLE8Tを鳴らしてみましたが、???
d0032222_1844081.jpg
電源が悪いのか、スピーカーが悪いのか、はたまた持ち主が悪いのか。。。〇| ̄|_
ちなみに修理代は53k。

補足
修理後2日目の今日、聴いてみたら低音が割と出るようになってました。
これが「エージング」ってやつですかい?
スイッチを入れると、まだ真空管の焼けるにおいがします。このにおいもエージングとともに、次第に消えていくのでしょう。
PM-50、いよいよお払い箱か???
by tama_photo | 2011-12-17 00:41 | Music & Audio | Comments(0)

2A3

友人から真空管アンプを借りてきました。
2A3のシングル。
つーてもただのシングルじゃなくて、パラレルフィールド★という回路が入っています。
以前、JBL4560で低域を受け持たせていました。
初めはJBLの2220Aを、最終的にはアルテックの515Bを駆動させました。
再び借りてきたのは、SP-LE8Tを高らかに歌わせるためです。
PEN E-P3 17mm/2.8
d0032222_2055181.jpg
電源ケーブルの差込口がカットされていたので3Pのコンセントを取り付け、真空管を全部抜いて、まずは全体を清掃しました。
友人のSくんは愛煙家なので、タバコのヤニがすごいのです。
真空管の脚も無水アルコールで清掃。
真空管は抜いたまま電源を入れて、煙や火が出ないのを確かめて・・・(^^;
次は真空管を挿してスイッチオン。
破裂しなかったので( ̄∀ ̄;)
いよいよスピーカーをつないで音出しです。
電源投入直後、右chから「プツプツ・・・」と音がしましたが、真空管が温まってくると自然に消えました。
CDをかけてみました。
悪くはないけど、真空管の「よさ」がイマイチ感じられません。
中高域はまずまずなんですが往年の低域の伸びがなく、これは明らかにトランジスタのPM-50のほうが、いい音です。
このアンプも本調子ではありません。もう何年も電源を入れていないし、あちこちにガタが来ているようです。
トランスをたたくとスピーカーから音が出ます。電源オン直後にミュートさせるリレーも役に立っていません。
満身創痍といったところでしょうか。老兵は死なず???
ウ~ム、なかなかいいアンプが見つからないなぁ。

パラレルフィールド
かつてウェスタンの大型トーキーアンプに使用されていた手法。
出力トランスを片チャンネル2個使用して、それぞれの1次側を並列に接続し、片方を電源供給用、残った片方から出力を取り出すというもの。このトランスには直流が乗らないためにインダクタンスの変動がない。聴感上非常にワイド・・・ったって、意味わかんねーぞー。\(-。。-#
by tama_photo | 2011-12-07 21:15 | Music & Audio | Comments(0)

相性

SP-LE8TをマランツのデジタルアンプDA04につないでみました。
ラックに入りきらないPM-50が少々邪魔くさかったのと、デジタルアンプの実力を確かめてみたかったのです。デジタルアンプは高出力で省スペース、しかも消費電力が少ないという特長があります。
DA04はN801にバイアンプで2台使っていたので、そのうちの1台を転用。
N801はアンプ1台でも音は出るから、それでいいのです。
D700 17-35mm/2.8
d0032222_2344393.jpg
結論からいうと、使いものになりませんでした。
低域に全然厚みがありません。ペラペラ。
高域も聴きづらい成分が多くて耳障りです。
我慢して聴ける範囲を超えています。
音声入力をバランスからアンバランスに変えても一緒。
ラックの裏に回って、苦労してつなぎ替えたのに、なーんにもなりませんでした。(TдT)

【仕様】
機種             DA04         PM-50
定格出力          300W×2      80W×2
全高調波歪         0.01%        0.008%
周波数特性         5~80kHz      10~100kHz
ダンピングファクター    180           -
重量             8.0kg         10.0kg
定価             157,500円     45,000円

データで見る限り、DA04のほうが低域出そうですが、実際には逆でした。
DA04はN801につなぐと、けっこういい音を出すんですよ。なのに、LE8Tはうまく鳴ってくれない。
これが「相性」というものでしょうか。
つまり、LE8Tが百恵ちゃんでPM-50は三浦友和なわけだ・・・。( ̄∀ ̄;)
by tama_photo | 2011-11-28 23:33 | Music & Audio | Comments(2)

寿命?

せっかくの休みが、朝から大雨。
指宿・佐多岬へ行く計画だったんですが、天気予報を見て昨日、早々に中止しました。
おかげでの~んびり、ま~ったり、家の中で一日を過ごせました。
家でやることといったら、音楽を聴くくらいしかありません。
いい音が戻ってきたSP-LE8Tに真空管アンプをつないでみました。音源はCDダイレクトです。
EOS 5D-II EF50mm/f1.4d0032222_2331070.jpg

ボーカルが前にどんどん出てきますが、これってもしかすると低域不足?
マランツのPM-50とつなぎ替えてみると、一耳瞭然です。
真空管アンプ(EL-34pp)は明らかに低域が出ていないし、高域も少し荒れた感じがします。
やっぱり寿命なのかな。
球だけ替えて復活するのかな。それとも、コンデンサーとかも交換時期なのか・・・。
作ってかれこれ30年ですからね。
by tama_photo | 2011-11-23 23:12 | Music & Audio | Comments(0)