XS‐1 XS650 XS650E

高校のとき、ヤマハのXS650に乗っていたことは前にも触れた。
もちろん中古で買ってもらったやつで、色はゴールドのメタリック。
1970年にXS‐1として発売されたとき、色はグリーンメタリックしかなかった。
それがマイナーチェンジされて、名称もXS650になった。
フロントフォークのブーツが消えて、車名からハイフン「-」も消えた。

走行性能についてはいろいろと問題もあろうかと思う。なにしろヤマハ初の4ストロークだったし、650なんて大きいバイクを作るのも初めてだった。
しかし、本当に美しいバイクだったなぁ。

d0032222_1983923.jpg

この写真はネットで探してきた。たぶん輸出仕様だと思う。
フロントウィンカーのマウント部やテールランプの形がちゃいまんねん。





これはYouTubeから。
グリーンのXS-1もいいな。いや、こっちの色がより引き締まって見える。
こうやって同じバイクが2台並んで走ると、いっそうカッコよく見える。このバイクの造形は、本当にすばらしいと思う。



自分のXSはろくに整備もしなかったから、とてもじゃないが調子はよくなかった。
とくにクラッチ。
暖まってくると、半クラッチが効かなくなった。「ガシャッ」と音がして急激につながる。
アイドリングも不安定だしブレーキの効きも悪い。なによりもフレームの剛性が低く、常にねじれを感じながらコーナリングしてた。
そんなXSが、XS650Eになってガラッと変身した。
セルモーター、フロントディスクブレーキ、コントラストの強い派手めなカラーリング。
同級生のXS650Eを借りて乗ってみたら、別のバイクに乗っているようだった。
しっかりしたフレームと強力なブレーキ。強烈だったエンジンの振動は角が取れて、少しも気にならない。

d0032222_19381924.jpg

初代XS-1が出た当時は「トライアンフのデッドコピー」などと揶揄されたらしいが、まじまじと見てみると、デザイン的にはトラより洗練されていると思う。
バイクに限らずオーディオ製品なども、ヤマハのデザインはクリーンでモダンで好きだ。
もう一度乗れるなら、乗ってみたいな。
ベストコンディションのXSに。
Commented by テンジン at 2014-10-29 13:18 x
XSに限らずヤマハのデザインは秀逸でした
大きなバイク(250以上)にあこがれた最初はDS6でした
逆キックでマフラーからオイルが噴き出す分離給油初期の頃のモデルでしたがCB250が実用車に見えました
DT1、DX250、アップマフラーのFS1、FZ250フェーザーなど細身が特徴でしたよ
でも発売されたとき一番強烈な印象だったモデルはモノサスのスマートじゃないRZです
あれだけフトッチョに見えましたからね
Commented by tama_photo at 2014-10-29 14:02
DS6に乗っていたのは痔が悪い甲斐Yくん。DT1は津川くんと藤山くんと林田くん。DT250は堺くんと甲斐Nくん。DXが杉本くん、RXは白石くん。XS650Eが牛丸くん。み~んな中・高の同級生です。
どれも乗せてもらったけど、一番衝撃を受けたのはDT1でした。
Commented by idachan at 2014-10-31 09:12 x
XS-1ですか、憧れてましたねー。高校生の時には
自宅にはスズキの実用S-125しかなて、「オートバイ」
やら「モーターサイクリスト」を買って、付録のポ
スターを壁に貼りまくってましたよ。
そんな時に、友達がXS-1(グリーン)を貸してく
れたので実家から阿蘇山まで走りに行き、帰りしな
ヒッチハイクの若者を乗せて下山した後、R57を調
子こいてたら、菅生の県境(大分側)でネズミ取り
にかかったことを思い出します。
それが、御用初体験でした。それを持ったんですね
羨ましい、今でも欲しいバイクです。

Commented by tama_photo at 2014-10-31 13:04
面食いの私はXSのデザインに惚れました。でも、いざ乗ってみると、美女は相当なワガママ娘の困ったちゃんでしたね。
同級生がシングルキャブの古いW1を持っていましたが、それよりもフレームが弱くて振動が多くてブレーキが効きませんでした。
もう一度乗ってみたい、愛車にしてみたい気持ちはありましたが、過去の苦い思い出からトライアンフに走りました。
XSは愛好者も多いようですから、idachanさん、ぜひチャレンジしてください。
by tama_photo | 2014-10-28 18:29 | その他のバイク | Comments(4)