ちょい乗り ちょい修理

好天の日曜日でした。
本来、休みだったのですが、他人任せにできない仕事があったので、午前中だけ職場に。
それから昼食をとってトラに乗ったので、出発は1時を回っていました。
旧矢部町や旧清和村方面に行こうと緑川を遡ったのですが・・・。
Nikon COOLPIX P7000

d0032222_2150973.jpg




ヘッドライトスイッチの調子が悪いことを思い出しました。
点いたり点かなかったりして、トンネルに入ってあわてることが何度もありました。まぁ、ライトをコンコン叩くと点灯するんですけどね。
遠出もあまり気が乗らなかったので、引き返してスイッチを修理することにしました。

スイッチはハンドルグリップではなく、ヘッドライトハウジングにあります。
スイッチがこんなに遠いと、Lo/Hiの切り替えなどできないも同然なのですが・・・。(^^;

d0032222_2153251.jpg

スイッチはLUCAS製。
一度壊れたので、このスイッチは2個目です。
カシメられた部分をマイナスドライバーでこじ開けます。

d0032222_21542380.jpg

銅の色をしたカマボコ形の金具が2個あります。

d0032222_21553211.jpg

このカマボコ金具を留めているビスが抜けて、スイッチボックスの中で金具が暴れ、ショートするというトラブルが起きます。
ずっと前に、四国ツーリングの後で一度修理したことがあります。
2度目の修理のとき、この小さいスプリングを飛ばしてしまって新品と交換したのでした。
今回は飛ばさないように、細心の注意を払って修理します。

d0032222_2202511.jpg

またビスが抜けかかっているのかと思ったら、そうではありませんでした。
ロックタイトを塗って締め直すつもりが、ビスが固くてびくともしません。これならビスは大丈夫でしょう。
接触不良は、ビスの締め過ぎにあったようです。カマボコ形接点の動きが悪くなっていました。
台座の黒いプラが溶けています。火花が飛んだのかな?

d0032222_2273996.jpg

カマボコ形金具は固定するのではなく、遊動状態でなくてはいけません。そのことでケース側の接点とうまい具合につながり、電気が安定して流れるのです。
ラジオペンチでビスを気持ち引き抜き、金具に遊びを持たせて接点グリスを塗っておきました。

d0032222_22103746.jpg

テストしたら良好でした。

d0032222_22131515.jpg

港まで試走。
バイカーが10人ほどたむろしていたので、ちょっと離れた場所にトラを停めると、向こうから一人やってきて話しかけてきました。
「〇〇くんだろ?」

同じ高校の1つ先輩、Gさんでした。
「トラに乗ってる奴はそうおらんだろうと思ったら、やっぱり君だったか」とGさん。
Gさんのほかに、私もよく知ってるKさんとFさんも一緒でした。
Kさんが免許を取ってバイクを買ったので、ちょっと港までやってきたそうです。

d0032222_2217218.jpg

おっ、カッケー!
ハーレーダビッドソンの48ではありませんか。これがKさんの。

Gさんは若い頃からずっとバイクに乗っていて、メグロや古いカブなど、自分で修理しています。
今日はRD250の最終型でした。

d0032222_22285770.jpg

このバイク、一度盗難に遭ったそうで、そのときいろいろパーツがなくなり、テールのカバーはカワサキのものだそうです。
今度、一緒にツーリングしましょうと約束して別れました。

d0032222_22314383.jpg

30数年ぶりで先輩らに遭えたのはうれしかったけど、こんな天気のいい日はやっぱり朝から休みたかったなぁ~。
by tama_photo | 2015-03-08 22:39 | トライアンフ | Comments(0)