木箱

フォノアンプとしてレコード再生現場に戻ってきたLNP-2L。ほぼ毎日、活躍しています。
ラックが幅広くなって、全体を眺めても各機器のすき間が目立ちますね。
放熱の点ではスカスカのほうがいいんですけど、ふと、ウッドケースのことを思い出しました。

d0032222_11222510.jpg





LNPを手に入れた当初、このウッドケースが欲しくてたまりませんでした。
喫茶店等に置いてあるLNPも、ほとんどがウッドケースに入れられていました。
木のケースに入れると、いかにも高そうに見えるんですよ、これがね。

d0032222_11270539.jpg

以前はオークションのアンプのコーナーにケースだけが時々出品されていたんですが、私がLNPを入手してからというもの、とんと見なくなりました。まぁ、タイミングの悪い私ですから、さもありなん。

ないなら作ればいい。
そう決心していろいろと調べてみました。
まず、ケースには2種類あります。
古いものはこんなふう。

d0032222_11302247.jpg

アンプのフロントパネルがずいぶん前にせり出しています。ウッドケースとの段差が数ミリです。

こちらが新しいケース。年代的にはこっちのほうがうちのLNPとマッチします。
パネルが1センチ以上引っ込んでいて、ウッドケースの縁にはアールがついています。

d0032222_11315166.jpg

う~む、よく見ると天板と側板はイモ継ぎではなく、斜め45度に切って合わせてありますね。
こうなると、ちょっとシロートでは手ェ出らへんがな。。。(=д=)

建具屋がいるじゃないか。
さっそく図面を引いて彼(Ninja400乗り)のところへ持って行きました。

d0032222_11363605.jpg

赤丸で囲んだところは、厳密にサイズを合わせて欲しい部分です。あとは数ミリの誤差ならかまいません。
これを見たとたん彼は「前の枠は無垢板だね」と。
そうなんです。ケースを後ろから見ると合板特有の積層構造なんですが、表の外枠部分にはその積層が見えません。
そこまで気がつきませんでした。さすがやなー。

d0032222_16334874.jpg

かくしてこの設計図は彼の作業場の壁に押しピンで張られましたが、納期についてはまったく未定です。
1ヵ月? いや、3ヵ月? いやいや、そんな生やさしいものではあありません。
まぁ1年以内で完成すればエエかなぁと、長~い目で見守ろうと思います。


Commented by k5 at 2018-04-05 17:43 x
>まぁ1年以内で完成すればエエかなぁと、長~い目で見守ろうと思います。

1年も経ったら、ラック内が今とすっかり変わっているんじゃないか、と思っているのはワタシだけでは無いはずだ!
ポカッ(._+ )☆ヾ(-.-メ)
Commented by tama_photo at 2018-04-05 18:58
> k5さん
なんでお見通しなんだ!?( ̄∀ ̄;)
1年もこのままずっと使い続ける自信。ありません。
by tama_photo | 2018-04-04 11:49 | Music & Audio | Comments(2)