カセットデッキ導入 ビクターTD-V711

16年ぶりのカセットデッキ!
選んだのはビクターでした。

d0032222_09155722.jpg




なぜいまカセットデッキなのか、自分でもよく分かりません。
ただなんとなく、アナログ(LP)をアナログ(カセット)で録音しておきたいと、そう思ったからです。カセットがくるくる回るのをまた見たくなったのです。
現行品はやめて、オクで出品されたものをつらつらと眺め、人気具合や出品の頻度を見てメーカーを絞り込みました。
まず挙げたのはソニー、ティアック、ナカミチの3社でした。
数ある国産メーカーの中でも、カセットデッキに関してはいずれも秀でた技術で名を馳せた会社です。

d0032222_10274147.jpg

私の頭に描いたカセットのビッグスリーに割り込んできたのがビクターとアイワ。
出品者の説明や修理工房のHP、使用者のブログなどを読んでいくうちに、ビクターのデッキは派手さはないが確かな音質と故障しづらいという特長を何人かの方が書いていました。
そういえばビクターのオデオ製品って使ったことがない。
アイワは日本ではちょっと亜流(悪く言えば二流)メーカーですが、輸出が主でクォリティーが高い割に安い、いわゆるコスパが非常に高いという話です。
アイワも初体験です。

d0032222_10301617.jpg

アカイがないのは不思議ですが、アカイは私の中でイメージがあまり良くないんです。デザインが派手でGX(グラス・クリスタルだっけ?)ヘッドがすごいとかなんとか、宣伝文句はそればっか。どうも子どもっぽくて好きになれなかったんです。
それと放送局やスタジオなどのプロの現場で採用されなかったのも魅力に欠けた要素。テクニクスもそうですよね。
その後アカイは三菱電機(ダイヤトーン)とタッグを組んでA&Dというブランドで再スタートしたようですが、評判はどうだったんでしょう。
話を元に戻しますが、ソニー、ナカミチ、ティアック、アイワ、ビクター。
まずはこの5社に決めました。

d0032222_10315726.jpg

その中から最初にティアックが落ちました。
ティアックは16年前まで上の写真のC-3RXを使っていたのですが、ノイズリダクションがドルビーCではなくdbxだったんです。
当時、dbxは大幅にノイズを減らしてダイナミックレンジを拡大するといううたい文句でした。実際にそうなんですが、dbxで録再すると高域に不自然な付帯音がまとわりつくのです。あれがイヤでしたね。
それでティアックよさらば。

ナカミチは憧れもあってずいぶん探しました。アジマスを自動で調整する機構がついていて、デッキが自分で最適のアジマスにヘッドを合わせるなんて、聞いただけですごいと思いました。でもやっぱり高い。高すぎる。
噂によると、音質のためならなんでもするが、見た目はいっこうに構わないのがナカミチだそうで、値段にそぐわない外観と他社を寄せつけない高音質が特長なんだそう。
そんな裏話のようなトピックを読むと、サイドに擬似ウッドパネルを貼り付けたソニーのデッキがなにやらうんさくさく思えてきました。

d0032222_10394846.jpg

第1候補だったソニーがナカミチとともに落選。
残るはアイワとビクターですが、オークションへの出品数が圧倒的にアイワ<ビクターで、しかもアイワは高め。
アイワの特長はカセットケースの振動を徹底的に抑えるというものでした。たしかに音質上は大切なことかもしれませんが、セールスポイントとしてのインパクトは弱いんですよね。だから無理してまで買う気になれませんでした。
オクではアイワの当時のハイエンドモデルが完全整備済で6~7諭吉でしたが、半額以下のビクターTD-V711にしました。

4月18日の夜とうちゃこ。さっそくラックに入れてみました。
意外に奥行きのあるDACは左側に立てて置きました。

d0032222_10511723.jpg

デッキはLNP-2LのTAPE1(INPUTとOUTPUT)につなぎました。
LPからの録音はもちろん、CDやパソコンに内蔵した音源も録音できます。
バランスツマミがないのはご愛きょう。

d0032222_11104965.jpg

メタルテープにヘレン・メリルのYou'd be so nice・・・を1曲だけ試しに入れてみたら、再生音は文句のつけようがありませんでした。

d0032222_11145830.jpg

タンノイ使いの先輩が古い録音の名盤をたくさん持ってるので、しばらくは借りまくって録音しようと思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Commented by テンジン at 2018-04-19 20:30 x
今更ながらのカセット
感服します
オープンリールがもてはやされていた時代にソニーのカセットデンスケで生録を録り歩きました
主にライヴでしたが日本のミュージシャンは録音されることに寛容でした
山本剛が新宿PitInで演った時酔っぱらった客が騒いでドラムスの渡辺文男が悪態ついた声が入ったり、♯&フラッツを録ったときは原信夫さんにマイク位置を指導されたりと楽しい思いでです
TASCAMも仲間のライヴで使いましたがいまいち乗れません
今度カセットを持ち込んでみようかしら
Commented by Rifle at 2018-04-19 21:24 x
カセットテープ!懐かしいです。
その昔はエルカセットもありましたねぇ。(笑)
Commented by tama_photo at 2018-04-19 23:02
> テンジンさん
じつはソニーのデンスケ(D-5M)も候補のひとつでした。どうやらまだメーカーが補修部品持ってるらしいのです。それでいま修理すればほぼ新品になるとか・・・。もちろんお金はかかりますけどね。
LP録音は他の方法もやったり考えたりしたんですけど、デジタル技術が入ってくると一気にややこしくなって、そこまで高音質じゃなくていいからよー、もっと簡単にできねーのかっつーの・・・とカセットですよ。アナログには「なにか」がありますね。
Commented by tama_photo at 2018-04-19 23:06
> Rifleさん
DATは少し興味ありましたが、さすがにエルカセットは浮かびませんでした。
でも記録媒体としてのエルカセット、オークションに出てましたよ(驚)。
Commented by YDの寅次郎 at 2018-04-20 11:26 x
こんにちは今日の晴天の様な感じがしました先週に岐阜地域ドラマを思い出しております内容はラジカセを見たことも無くカセットテープをお守りの様に持っている小学男子と昭和家電オタクが出会いドラマが生まれるストーリーでしたがボクの友人の話では古いテープを再生すると磁気鉄粉がヘットに付きダメになって困ったとの事でも天国にいる人の声が聞こえるてロマンがあって良いと思いましたボクのオープンリールに青春が残っておりますが怖くて再生がで来ておりません山下達郎さんは番組で使用するレコードは自宅でリミックスして最高の音源で届けていますと言っていますそして普段はJBLのスピーカーはあるが殆ど聞かずにSONYのヘッドフォンで聞いていると言ってた人がビクターのヘッドフォンを最近は使用していると言った事にビックリしました。
Commented by tama_photo at 2018-04-20 12:10
> YDの寅次郎さん
やっと風邪から脱出できそうな感じになってきました。
古いテープはほとんどないんです。カーステレオ用に昔録音したのが1本くらいあったような。でもdbxなので再生してもまともな音は出てこないでしょうね。昼から試しにやってみようかな。
せいぜい新品のメタルテープを集めて、タンノイ先輩がレコードしょって遊びに来るのをただひたすら待ちます。
ヘッドホンの音は精緻ですから、ミックスダウンの仕事にはうってつけでしょう。ヘッドホンに3万円も出せば、100万円のフロア型スピーカーを圧倒します。臨場感は別にして・・・。
アナログは楽しいですねー。
Commented by k5 at 2018-04-20 23:10 x
こんばんは。
CR-70の画像、うれしいですね。
音は安いノーマルテープでも充分に満足できました。でも、買った当時一番感激したのは、カウンターが積算ではなくリアルタイムだった事です。(ってソコかい!)
200本以上あったテープを処分してしまったのは、5年近く経った今も少し後悔しております。
ところで、オクを見ているとノブが一個欠品というのが時々ありますが、これってなんででしょう。一個だけ無くなった、取れちゃった、ってよくわかりませんが・・。
Commented by tama_photo at 2018-04-20 23:17
> k5さん
おれは100本くらいかな。dbx録音だったから、もしあのテープ持っていたらTEACかパナソニックのデッキにしたかもしれません。
ノブ欠品は説明がなかったんです。ほとんど触らないところですが、やっぱりないのは気になります。ちゃんと説明してあったらどうかな、もしかするとソニーに逝ってたかもしれませんね。
Commented by maou2929 at 2018-04-21 09:10
カセットデッキ懐かしいですね。
自分最後のオーディオはそんな高いもんではありませんが確かパイオニアだったような(苦笑)
音質を追求するっていうのでは無くただその当時流行っていたからという単純なものでした(苦笑)
アイワというとカセットボーイというのが自分の頭の中で浮かんできますね。ソニーのウォークマンとアイワのカセットボーイ仰る通りソニーよりも安くて最初はアイワに行っちゃたのを今思い出しました。カセットテープかぁもう持っていないし今売っているんでしょうか!?売っていないと買いませんよね。話変わっちゃうけどMDってありましたよね。画期的だと思ったのですが短命でしたよね。
好きだったんですけどガードされたCDって感じで
振動のある車では重宝されていたんですがね(苦笑)
Commented by tama_photo at 2018-04-21 09:50
> maou2929さん
カセット新品は売ってても、もう作っていないと思います。一大ブームが巻き起これば再生産するかも。
MDは音質がマニアから受け入れられず、コピーガードが若者から受け入れられずに消えましたね。あまりにも予防線を張りすぎて自滅したという印象があります。
画期的といえばいまのデジタルミュージックがそうでしょう。あんな小さなメモリーカード1枚に何百曲も入れて、しかも動く部分はひとつもなくて、コードレスでスマホとつないで・・・と、ひと昔前までは考えられない時代になりました。
でも、簡単・便利に聴けるものほど、聴くほうの集中力は反比例して弱まるようです。
by tama_photo | 2018-04-19 11:21 | Music & Audio | Comments(10)