発見!腕時計

2階を片づけていたヨメがなにやら見つけたようです。
「こんなものがあったよ」
それは2本の腕時計でした。

d0032222_13350758.jpg




左のオリスはヨメが独身のころ彼女が買ったものです。
デザインが好きで買ったけどだんだん狂いがひどくなって、もう数十年使っていませんでした。
問題は右のくたびれ果てたやつです。どうやらシチズン。
自分で買ったのか、それはいつ、どこで、いくらで・・・。
じぇーんじぇん記憶にございません。( ̄ω ̄)
このヤレ具合とベルトの安っぽさから、もしかしたらだれからかもらったのか、それともどこかで拾ったのか・・・。
しかし私の記憶では見るのさえ初めてなんです。

d0032222_13454343.jpg

改めて見回すとシチズンのマークはCだし、誇らしげにセンターセコンドと書いてあります。
古い時計はスモールセコンドといって、小さな秒針が別にありました。
わざわざ「センターセコンド」と書くのですから、これは秒針が中央にある新型だよ、というアピールだと思うんです。
でもその肝心の秒針がありません。
ヤレ具合がなんともレトロ。
なんとか使えないかとネジを巻いて指で弾いてショックを与えていたら、動き出しました。やた!
調子に乗ってベルトを新調してあげました。ちょいと派手だったかも。

d0032222_13532880.jpg

2、3日様子を見たら1日で1分ほど遅れるようですが、いまの暮らしにそれくらいの誤差は何の問題もありません。
ノー・プロブレム!
オリスも動かなかったので同じようにネジを巻いてショックを与え続けたら動き出しました。
こちらはほぼ正確。いつの間にか狂いも直ったようです。
ヨメが気に入って、ここ数日使っています。

d0032222_14205373.jpg

他の機械式も引っ張り出してみました。
革ベルトなので夏の間ずっと眠っていたロンジンは、ネジを巻いたらきちんと動きました。誤差もわずかです。

d0032222_14001953.jpg

長く放っていてもカレンダーを合わせなくていいから、日付のない時計は楽ですね。
もう汗をかくこともないし、これからはこのロンジンと素性不明のシチズンをメインに使います。

d0032222_14212720.jpg



Commented by k5 at 2018-10-15 21:26 x
こんばんは。
「記憶も記録もない」なんて、どっかの大学の理事長みたいだな〜と画像を見ていたら、お内儀様のオリスはポインターデイトじゃありませんか。
針先の赤がアクセントでカッケーですね。(*・ω・)-ω-)・ω・)-ω-)ゥィゥィ♪
Commented by tama_photo at 2018-10-15 22:14
> k5さん
当時モノだったらいいのですが、これは1980年代に復刻されたなんちゃってシリーズみたいです。買ったのも時計店ではなく、ファッション小物の店。
自然に直っていたのが不思議でなりません。
Commented by Rifle at 2018-10-15 22:33 x
メカ式は「動いてるから」ってオーバーホールしないまま使い続けると、内部の寿命が早く尽きちゃいますよー。
例え防水仕様であっても、内部のオイルは劣化したりしていきますから。
Commented by tama_photo at 2018-10-16 01:04
> Rifleさん
オーバーホールは何年おきくらいにすべきなんでしょうか。
Commented by Rifle at 2018-10-16 06:27 x
初期のPOLJOTなどは使いっ放しでも結構持ったみたいですが、一般的には5年間隔ですネ。
Commented by 今回匿名 at 2018-10-16 08:59 x
オリスのポインターデイトは大ヒット製品だったので派生品も色々あります、復刻品もあります。数が多いので通常のルート以外にも流れたのでしょう。
「写真を見て判断する限り」復刻版でもオリスの純正品なので上質の機械が入っていますから、Rifleさんの言われるようにオーバーホールすればずっと長く使えるはずです。
Commented by tama_photo at 2018-10-16 11:16
> Rifleさん
わかりました。年金と相談しながら順次ドック入りさせましょう。
Commented by tama_photo at 2018-10-16 11:19
> 匿名さん
オーバーホール順位としてはシチズンの次かな。せっかくなので、出すなら風防も交換してもらいます。
岡山にいい店を見つけました。熊本の店は値段ばかり高くてさんざんでした。
Commented by k5 at 2018-10-18 02:45 x
こんばんは。
今日(日が変わりましたが)、新聞を見ていましたら訃報欄に菅野沖彦氏の名前がありました。
これで、岩崎、瀬川、岡、上杉、江川、長岡氏等々のオーディオ絶頂期に評論をしていた方が、ほとんど鬼籍に入られました。
近頃のオーディオ誌は、自分は素人で評論家ではないと逃げをうっているチンピラみたいライターが多くて嘆かわしばかりです。(読むのやめちゃいました)
メーカーもですが、文化としてのオーディオももう終わりなんでしょうね。ヽ(;´Д`)ノ
Commented by tama_photo at 2018-10-18 08:56
> k5さん
オーディオ誌は広告が多すぎて、読む気になりませんでした。自分で買ったのも、ほんの一時期でした。記憶に残る評論家は長岡、上杉、瀬川の3氏です。長岡氏と上杉氏はスピーカーとアンプを作成、瀬川氏はユニットを選ぶときの参考にしました。
最近のオーディオ機器は買う意欲さえ湧かない超高価なものばかりになりました。メーカーも悪乗りしているようにしか思えません。
by tama_photo | 2018-10-15 14:37 | others | Comments(10)