人気ブログランキング |

「浅く広く」をモットーに、熊のいない熊本から発信しています。


by tama_photo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

DIYで音質改善

読みは「れいわ」でも 麗輪 だったら非難ゴーゴーでしょうねぇ。\(-。。-#
書きやすい字でないとね。
次の元号が決まった日、あたしゃプレーヤーの音質改善をやってみました。
d0032222_01135711.jpg






レコードプレーヤーの性能にもいろんな要素がありますが、ひとつの目安として「ハウリングマージン」があります。
どれだけハウリングしないかってことですけど、測り方はレコード盤の上に針を置き、レコードは回さずにボリュームだけを上げていきます。

理想はフルボリュームにしてもハウリングが起きないことですが、スピーカーが大きかったりアンプの出力が大きかったりすると、なかなかそこまではいきません。
以前はフルボリュームまでOKだったのですが、プリをパンドラに替えてからハウリングマージンはぐっと落ちました。
午後1時半くらいからハウリングが起き始めます。
(ボリューム位置が分かりやすいようにシールを貼りました)
d0032222_01160727.jpg
普段聴きは8時くらいなので、これでもマージンは十分なんですが、SP-10MkIIにはやっぱりもう少し頑張ってほしい。
ハウリングマージンがかなり落ちていることは分かっていました。
プレーヤーのフレームやラックの棚を叩いたときにその音がスピーカーに伝わって出てくるんです。
そこで振動がプレーヤーに伝わらないよう、インシュレーターを作ってみることにしました。
材料はブチルゴム、銅板、フェルトです。
絶縁や防水、振動対策に使われるブチルゴムを銅版で挟み、接地面にはフェルトを貼ります。
見るからに効きそうな構造でしょ。
d0032222_01204781.jpg
ホームセンターで材料を揃え、鉄板鋏まで買ってきました。総額3,560円です。
d0032222_01250574.jpg
SP-10MkIIのインシュレーターに合わせて直径5センチのtamaスペシャルインシュレーターを4枚作りました。
大き目の鉄板鋏を買ってきて正解でした。
銅板を切るにはけっこう力がいります。鋏の先端を使って少しずつ切るのがコツです。
d0032222_01253163.jpg
3枚目、4枚目と、だんだんうまく切れるようになりました。
d0032222_01292193.jpg
上から銅板・ブチルゴム・銅板・フェルト―の順で、厚さは全部で3ミリ。
できたものを叩いたり転がしたりしてみると音が尾を引かず、デッドニングがかなりよくできたと思いました。
期待を膨らませ、プレーヤーの脚の下に敷いてテストです。
d0032222_01272303.jpg
テスト結果には関係ないと思いますが、使用レコードはダイアナクラールのTurn Up The Quiet。
2枚組で最後のD面は溝がないのでインサイドフォースキャンセラーの調整に重宝しています。
そのD面を使いました。
d0032222_01360485.jpg
ボリュームを少しずつ上げていきます。
フルボリュームまで持つかな?

むむっ・・・

あじゃぱー!(=д=)

11時でハウリングが起きてしまいました。
d0032222_01331407.jpg
どう考えても敷いたほうがいいと思えるでしょ?
しかし現実はこうなんです。なにもしないほうがハウリングに強いってどゆこと?
わざわざ10キロも離れたホームセンターへ行って、鉄板鋏まで買って、そしてこの結果とは。
う~む、なんてこったいオリーブ。
d0032222_01391011.jpg
硬いものでピンポイント支持のスパイク方式がいいのかな。
詳しい人によると、インシュレーターは不要な周波数の振動を熱エネルギーに変換するものだから、プレーヤーの質量からそれを逆算してそれに適合したものを探せばいいそうです。
令和になってからまたやってみます。( ̄∀ ̄;)
d0032222_02010437.jpg
こっちのほうがよかったかな・・・。
d0032222_10071128.jpg

Commented by salgadou at 2019-04-02 08:46
最後の一枚が秀逸!!
この二文字は未来永劫、元号に使われることはないでしょうね。
Commented by tama_photo at 2019-04-02 08:59
> salgadouさん
他にも候補がありました。「惨敗」「無駄」「暇人」。いいニュアンスを含んだものとして「挑戦」「再考」「発見」など。
音響科学も難しいけど、日本語も難しいッス。
Commented by テンジン at 2019-04-07 18:09 x
私も機械加工の週末でしたが先週のウエスや砲金の買い出し途中で洋裁用の3mmギザが切れるハサミとアルミテープを買ってきました
この50mm幅のアルミテープを2㎝くらいにギザカットしていき48枚造り、車の4カ所ホイールハウス内前後に各6枚ずつ貼ってみました
トヨタが1枚500円で売っているアルミチューンを自己製作してこれから燃費テストに入るつもりです
さて2000円で買った鋏の元がとれるでしょうか
Commented by tama_photo at 2019-04-08 09:57
> テンジンさん
その話は先日のモトグッツィミーティングで初めて聞きました。はじめは「そんなのありえない」と信じませんでしたが、なにやらトヨタは実際新車にそのアルミ板をつけているとか。燃費が改善したらぜひお知らせください。
それともうひとつ、同じエンジンのV7乗りの人から、レギュラーガソリンでも普通に走れることを聞き、さっそく昨日3分の2ほどレギュラーを入れてみました。体感上はまったく変化なし。
トゥインゴもレギュラーで走らせてみようと思っています。
Commented by テンジン at 2019-04-08 19:29 x
前に使っていたレガシィツーリングワゴンGT はハイオク仕様でしたがレギュラーで走らせていました
日本車はレギュラー仕様のNAがあるので自動進角範囲内で調整されるみたい
逆にあまり乗らないDT やCB96 には腐りにくいハイオクを入れています
Commented by tama_photo at 2019-04-08 22:31
> テンジンさん
不純物が多いと劣化も早いのでしょうかねぇ。前にトライアンフを再生したショップの社長は、シリンダーやバルブのカーボンのたまり具合が違うと言ってました。しょっちゅうエンジンを分解している人ですから言うことに間違いはありません。
でもリッター当たり10円以上違いますから、ハイオクとレギュラーの差は大きいですよ。なによりもレギュラーガソリンの基準を欧州並みにしてほしいです。
by tama_photo | 2019-04-02 01:51 | Music & Audio | Comments(6)