人気ブログランキング |

「浅く広く」をモットーに、熊のいない熊本から発信しています。


by tama_photo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ときにはクラシック

クラシックのCDをリッピングしました。
4タイトル、CD6枚分をノートPCに入れました。
まずはNHK交響楽団のライヴ。
d0032222_11205033.jpg






通ならN響じゃなくてウィーン・フィルなんでしょうが、N響の定期公演を聴いて欲しくなったので、あえてN響にしました。
お目当てはドヴォルザークの「新世界」でした。聴いてみたらスメタナの交響詩「モルダウ」がもっとよくて、すっかり気に入りました。

次にリッピングしたのは2枚組のカラヤン・ポピュラーコンサート。
d0032222_11261327.jpg
これはとくにお目当ての曲はなく、だれでも知っているような楽曲がたくさん入っています。
いくつか拾うと「タイスの瞑想曲」「スラヴ舞曲」「くるみ割り人形」「ボレロ」など。

そしてこれも2枚組。
d0032222_11282702.jpg
「G線状のアリア」「ジムノペディ」「パッヘルベル:カノン」「アルビノーニ:アダージョ」「月光」「別れの曲」など40曲。
クラシックは、とくこういうオムニバスは曲数が多い割に値段が安いですね。
この楽団のこの指揮者じゃないといかん・・・というこだわりがない私らシロートにはとても助かります。

そして定番、イ・ムジチ合奏団の「四季」が入ったCD。
へぇ、ヴィヴァルディはバロックなんだ。\(-。。-#
d0032222_11324251.jpg
リッピングした83曲から知っているのを適当に選んで聴きましたが、B&WのN-801がここぞとばかりに活躍してくれたような気がします。
大きな音は出せないけれど、チェロやコントラバスの低音楽器がきれいに再生されて、ホールで聴いたオーケストラの記憶がよみがえります。
まさに「水を得た魚」のように、「干潟のムツゴロウ」のように \(-。。-# 生き生きと鳴りました。
やっぱりこのスピーカーはクラシックの再生を第一目標にして作られたんだと思った次第。

小学生のころからクラシックをよく聴かされたので、その反動か、中学生以降はクラシックをほとんど聴かなくなりました。
父と姉、叔父、その息子(いとこ)もクラシックが好きですね。
ジャズが好きなのは私くらいかな。
クラシックは嫌いじゃないけど、単調で長い曲はとても苦手です。
転調して同じメロディーが何度も出てくるのも聴きたくありません。
知識も鑑賞の仕方もすべてに幼稚なんだと思いますが、折を見て気分転換にクラシックを聴いてみようと思います。
d0032222_10211348.jpg

Commented by moomin at 2019-08-16 12:51 x
趣味や好みも年齢と共に変わるのでしょうか?。クラシックの魅力はまだ分かりませんがジャズを本格的に聞き出したのも三年ほど前からです。
理由はオーディオやってて音がよく聴こえるから・・・。
それまではジャズに興味が無かったので全く聴こうとしなかったのですね。
聴き始めると好みにあってすっかりハマりました。
私の真空管パワーは手持ちのマッキンC28と相性が合わないのかボケた音しか出なくて、オーディオ道場でたくさんのプリアンプを貸して頂いて相性の良い傾向の物を探している所で、コンラッドジョンソンのハイブリッド真空管とか良かったです。
しかし、ふと久しぶりにC28に繋いでみると、なんと良くなっているのです。最初繋いだ時はボケて高域の伸びも明らかに無かったのにボケは音の厚みに変り高域は最新のアンプのような伸びは無いものの丁度よい塩梅になってます。
古いアンプなので解像度とか分離感とかは無縁ですがジャズには良い感じです。
しかし、どうして変わったのか?
耳が慣れたのか機器が慣れたのか、新品のパワー管がようやく馴染んできたのか?。
でも、ここ3ヶ月ほどプリを取っかえ引っ変えしてる間もC28は何度か試して即却下するほどダメだったのですよ。
自分の耳が一番怪しいですが、趣味ですから自分が良ければそれで良しなのかな。
Commented by tama_photo at 2019-08-16 20:22
> moominさん
ははは、私もクラシックにのめりこむことはないと思います。
ジャズも最近になってやっと自分の好む「ジャズ像」ができつつあります。小編成であること、音数が少ないこと、できればスイングすること。もちろんオーディオマニアのはしくれですから、録音がいいのは前提条件です。
マッキンのアンプはプリでもパワーでもいいから、一度は使ってみたいです。マッキンのアンプでJBLのスピーカーを鳴らしてジャズを聴く。これ、王道です。
やはりあれだけ世界中で支持されたメーカーですから、使えば絶対にいいと思う部分が大きいと思います。
コンラッドジョンソン、なつかしい名前です。オーディオショップAにずっとありましたね。マイナーなメーカーは壊れやすいので注意が必要ですね。壊れたときのフォローがないし、音がよくてもそういう点で市場価格は低いような気がします。まぁ、狙い目ではありますが。
じっくり腰を据えて好みの1台をお探しください。
by tama_photo | 2019-08-15 12:07 | Music & Audio | Comments(2)