カテゴリ:others( 150 )

長崎ナイト

d0032222_22583261.jpg

3次会は、民家風ショットバー。外観はただの平屋建て住宅で、表札までかかっていた。中はいくつかの部屋に区切られていて、丸テーブルの和室もあった。この部屋は「ブラックライトルーム」。この色、画像処理しているのではない。
長崎の街は面白い。「さるく」が観光の目玉になるのもうなずける。

丸山町交番
d0032222_232565.jpg古い交番を見つけた。上のショットバーは、ここからすぐの所。
「すぐ」といっても、この交番の右手へ坂道を上り、路地に入って階段をかけ上がらないといけない。平屋のショットバーと、マンションの5階が同じ目線だったりする。長崎の街は3次元に広がる。
ちなみに、泊まったホテルの部屋は3階。玄関からロビーに入り、エレベーターに乗って下に降りる。3階なのに、降りる。
なぜか。それは玄関もロビーも9階にあるから。いったいどうなっているんだ、この街は。
by tama_photo | 2007-07-21 23:09 | others | Comments(3)

とうちゃんと一緒-2

本格カリー昼食の後、港まで足を伸ばしました。
港だけど、立地条件が悪いので漁船もいないし貨物船もいません。いつも釣り人たちの憩いの場になっています。
見回してみても、だれも、何も釣れていない様子。その中に一人だけ、まさに孤軍奮闘している若者(おっさんかも)を発見。
最初は根がかりかと思いましたが、糸を巻いたり出したりしています。しかし、魚特有の、あのブルブルッとした振動が竿先に感じられません。
「あ、こりゃエイだ」
そう思いつつも、釣人に声をかけると「エイみたいです」との返事。
しばらくながめてましたが、らちが明かないので帰ろうとしました。しかし娘が「見たい」というので最後まで見届けることに・・・。

d0032222_1959346.jpg

10分ほどしてエイが姿を見せました。大きさは座布団ぐらい。尾びれまで入れると、長さは1mぐらいでしょうか。重いんですよね、エイって。
どうやらタモも持っていない様子。仮にタモがあったとしても、エイは尾びれに毒針がありますから、早めに糸を切るのが得策です。
彼もやはりそうしました。竿先を折らぬように竿を寝せて、引き抜くようにして糸を切りました。
有明海にはアサリ貝がたくさんいるので、それを狙ってエイが集まってきます。漁民にも釣人にも嫌われものです。
by tama_photo | 2007-05-25 20:11 | others | Comments(2)

とうちゃんと一緒

運動会の代休と私の定休日が重なったので、娘と一緒にドライブしました。
いつもの休みは友達と約束してサッサと出かける娘ですが、運動会疲れか、珍しく予定が何もないというので「海を見に行こう」と誘い出しました。
あっ、かあちゃんは仕事です。
d0032222_20494914.jpg

天草へ行きたかったけど、もう昼を過ぎていたので、お手軽に熊本港へ。途中で新しいレストランを見つけて入ったら、本格カリーの店でした。
ランチは、3種類のカリーにナンとライスと煎餅みたいなパパド(?)、それにサラダと食後のチャイが付いていました。
テーブルに食事を運んできたのは、なんとターバンを巻いたインド人!(@_@)
流暢な日本語で食べ方をやさしく説明してくれました。
席が店の端っこだったので気づかなかったのですが、厨房には2人のインド人が働いていました。
味は、良くも悪くも「本物」。日本流のカレーに満足できなくなった人にオススメです。
by tama_photo | 2007-05-22 21:04 | others | Comments(0)

The ごはん

d0032222_196791.jpg
炊飯器を使わずにごはんを炊いてみました。
ゴールデンウィークにテレビでやっているのを見て、面白そうだと思ったものですから、メモしておきました。
作り方
 たっぷりの水で米を洗う
研ぐと米が割れ、舌触りが悪くなるそうです。私は3回ほど水を替え、手でサラサラと洗いました。
 ざるに取って濡れぶきんをかけ1時間置く。
この間に米が水分を吸って膨張します。急ぐ時はダメですね。
 カップで米の量(体積)を測り、それと同じ量の水を加え、鍋に入れて強火で炊く。
うちの場合、3カップの米が3.5カップぐらいになっていました。
4 沸騰したらかき混ぜ、フタをして弱火で11~12分炊く。
「赤子泣いてもフタ取るな」が日本古来の炊飯ですが、これはちょっとした革命的手法。
 炊き上がったらむらさずにすぐ食べる。
これもショックですね~。

試食
で、肝心の味ですが、たしかにおいしい!!!
吹きこぼれが気になって弱火から「トロ火」にしたのがいけなかったのか、もう一息炊き込みが足りなかったような味だったものの、電気炊飯器とは一味違うごはんになりました。
うちでは尊敬の念を込めてこれを「The ごはん」と呼ぶことにしました。
by tama_photo | 2007-05-09 19:28 | others | Comments(2)

ちまき

d0032222_8335551.jpg
カミさんの叔母さんが作ってくれたちまきです。
笹で包んであります。といっても竹の笹ではなく、川などに生えているヨシかな?葉っぱの広いやつです。
外側を荷造りのヒモでぐるぐる巻きにしてあったのですが、これはちょっと風情に欠けるので取り外しました。本来、このヒモも自然界にあるもの(何だろ?コモ?)なんですけどね。
中身は米の粉をこねて蒸したものです。
もち米が混じっているかもしれませんが、食感は米100%のような気がします。もっとも、私の舌は当てになりませんけど…。(^^;
みたらし団子のように砂糖と醤油で甘辛くして食します。
ちまきも、それぞれの地方でまた違うのでしょうね。

今から6日まで、宮崎・御池でキャンプです。
by tama_photo | 2007-05-03 08:40 | others | Comments(2)

田上くん

d0032222_9104743.jpg
統一地方選挙、中でも現職が撃たれて亡くなった長崎市長選は全国の注目が集まっていましたね。
同情票が流れるから前市長の娘婿が強いと予想していたんですが、それは見事に外れてしまいました。
たった3日間の選挙運動で市長になっちゃった。
彼とは、彼が広報課にいた頃お友達になりました。
まぁ向こうは「知人」の一人としか思っていないかもしれませんが、こうやって毎年、年賀状をいただいています(住所・電話番号は消しています)。今年は喪中欠礼だったんだ。
テレビで見てもお分かりのように素朴で温和で、「いっちょうやったるか」なんて野心もまったく感じられない人物なんです。福岡の友人から「おい、田上が市長選に出たっ!」と聞かされたときは、冗談か何かの間違いだろうとホントにビックリしました。
その昔、酒を酌み交わしながら「町の広報紙がいくら良くても町長がバカじゃどうしようもない。いい町にするには広報マンが首長になるのが一番だよなー」なんてホザいていたんですが、それが現実になってしまいましたよ~。
長崎はきっといい市になると思います。
ガンバレ~田上くん。\(^o^)/
by tama_photo | 2007-04-23 09:27 | others | Comments(8)

TIME

ただいまウニ時エビ分(^_-)-☆
by tama_photo | 2007-02-18 18:14 | others | Comments(0)

おわび

ここのところ、とんと更新できていません。懲りずに訪問いただいている皆さま、ほんとうにごめんなさいです。
指折り数えたら、残りはアナログカメラが2台、デジタルが4台でした。7月になったことですし、またお絵描きを再開したいと思います。しばしお待ちを・・・。
by tama_photo | 2005-07-01 15:58 | others | Comments(10)

そろそろ

描くネタがなくなりました。残るはニコンF黒のみ。どんなレンズをはめて、どんなポーズにするか悩んでいます。
一時期、マジで絵のためにカメラを買おうかと考えましたが、もうこれ以上ボディを増やすのは無意味だと悟り、レンズやフィルムに投資することにしました。
ニコンのオンラインアルバムには「実写版」を増設しました。こっちのブログは交換レンズやアクセサリーでも描きましょうか。でも、なんだかなぁ…。
by tama_photo | 2005-06-06 22:05 | others | Comments(8)

本日休業

エキサイトブログに何らかのトラブルがあったようで、画像のアップロードができません。そういうわけでしばらく休業になるようです。昨日は一日運動会の撮影だったので、のんびり体を休めます。
by tama_photo | 2005-05-23 08:51 | others | Comments(1)