カテゴリ:ドライブ・旅行( 83 )

黒木町~星野村 またも

友達Ninja400と福岡県の黒木町、星野村へ行ってきました。
市町村合併で、いまはどちらも八女市になっています。
黒木町はカミさんにソックリの・・・\(-。。-# ウソツケ 黒木瞳さんの出身地。
星野村は星野仙一監督の出身地・・・なわけない\(-。。-#
玉露の産地で有名な山深い村です。

黒木町の大藤は、樹齢600余年。
FinePix XP10
d0032222_0355953.jpg

去年のGWは家族で出かけましたが、時期が少し遅くて、もう散りかけていました。
今年は冬が寒かったせいか、ちょうど今が満開。
空が見えないくらいに咲き誇っています。
d0032222_040204.jpg
花のシャンデリアだ~。
ツツジやサツキみたいに鮮やかな色ではないけれど、ほんのりと、ジンワリと、語りかけてくるような美しさがありますね。
あぁ、藤の花のような女性(ひと)に会いたい・・・。(-"-)

私らは年に1回、フラッとやってきて見るだけ。でも維持管理は大変なんでしょう、きっと。
d0032222_047611.jpg
大藤祭りの最中だったので、テント村でバザーのセリご飯と焼きそばを食べて、星野村で玉露をいただきました。

じつは先週、26日にも黒木町と星野村を訪れました。
今日はまったく予定外だったのですが、友人が「明日が仕事になった。今日しかバイクに乗れない。どこか連れてってくれ」というもんですから、近場で彼がまだ行ったことのない場所、ということでここにしました。
黒木の藤棚も星野村の玉露も初めてだったようで、満足してくれました。
オレ、星野村はもう7回くらい行きます。。。

Ninja 400R
d0032222_12252579.jpg
玉名市からの広域農道は友人に先を走ってもらいました。
慣らしが終わったNinja400のパフォーマンスがどれくらいか、確かめてみたかったこともあります。
結論は、速い!
ついていくのが精一杯、というか、上り坂での加速では置いていかれます。
Rの緩やかな高速カーブは、トラだとフレームとサスの弱さから「怖い」と感じる速度で、Ninjaはスイスイ走っていきます。
きついカーブでやっと距離を縮め、立ち上がりでまた離される―というパターン。
Ninja400はMade in Thailand とか。
現代バイクのすごさをかいま見ました。

追伸:賢い選択
400ccでフルカウルとなると、意外にも他にライバルはいません。
ちょっと大きくなりますが、CBR600RRなんてのがあるものの、これは完全な「走り屋」バイクできつい前傾姿勢。
なので、ツーリングには向きません。
機能、性能、スタイル、価格。
ツーリング好きにとってNinja400Rはグッドチョイスです。

本日のコース。
d0032222_16393217.jpg

by tama_photo | 2011-05-05 00:57 | ドライブ・旅行 | Comments(0)

30日、カミさんが行きたいという場所(阿蘇)へ行ってきました。
ふだんの休みというと、私は家族がまだ眠っている時間からバイクで出ていく困ったヲヤヂなので、たまには家族孝行しないとね。
まぁ、天気予報も「夕方から雨」だったので、バイクで出かけるには不安な状況だったということもあります。

フォークスクールへ
南阿蘇村の「フォークスクール」は、廃校になった小学校校舎を再利用してNPO法人が活動しています。
活動のメインは「創作」。
数年前のイベントで作った黄色い手が出迎えてくれました。
D700 AF50/1.4D
d0032222_14445055.jpg

この日は大学生らしい若者が数人で下駄箱を塗装していました。
これはカッパ? 魚? それとも宇宙人?
d0032222_1446922.jpg

昔の教室がそれぞれ「工作室」「イベント室」「資料室」「えほんの部屋」などとして使われています。
d0032222_14473844.jpg

昼食は学校のすぐ隣の「たにやま」。オーナーの苗字が谷山さん。
古い牛小屋を改装したものだそうです。
d0032222_1450136.jpg
赤牛定食をいただきました。コーヒーまでついて800円は安い。
写真は撮るのを忘れました。

遅咲きの水仙が一輪。
d0032222_14535590.jpg

金属細工のVESPAを1台購入。
これで6輪態勢だ。ヾ(ーー )ォィ
d0032222_1459487.jpg

春の阿蘇路はバイクが多かったですね。
街中でも後ろにキャンプ道具を満載したバイクをたくさん見かけました。世間はGWです。
帰りはグリーンロード南阿蘇を通りましたが、大型バイクが何台か抜いていきました。途中から降り出した雨に遭わなかったらよいのですが・・・。
by tama_photo | 2011-05-01 15:08 | ドライブ・旅行 | Comments(4)

開聞岳へ

4月24日(日)、薩摩半島南端の開聞岳へ行ってきました。
天気予報では、福岡や熊本は雨だったのですが、南の鹿児島・宮崎は「晴れ」のはずでした。
できれば身軽な格好で行きたいところ、嫌々ながらお土産収納のためにシートバッグを装着。
d0032222_22234548.jpg

今回もスクーターの友人と2人です。
彼は今年も九州の道の駅全制覇を狙っていて、今日は4カ所を回る予定。
福岡方面なら1日で20カ所も回れるそうな。鹿児島は少ないんですね。

見事なハズレ予報
八代を過ぎたあたりから、雨がポツポツ・・・。
そんなにひどくはありませんが、予報が「晴れ」だっただけにショックが大きい。
しかも、かなり暖かいだろうと思って軽装できたのがアダになりました。寒~い。。。
さて、雨があがったころ着いたのが薩摩川内市。
いま、話題が集中していますね、原発に。
川内にもあります。この川の下流側。
緊急点検で全国の原発はストップして、なかなか再開できない状況なのかな。
どこといって特徴のない橋ですが、初めて渡る「川内川大橋」です。
d0032222_22293733.jpg

これって珍百景?
今回のツーリングの目的のひとつが、このトンネルです。
開聞岳の麓、西側にあります。
道がだんだん狭くなってきたところで、このトンネルが現れます。
なんとなく不気味なのよね~。照明もないし・・・。
d0032222_22394884.jpg
とにかく狭い。
自動車は、たとえ軽でも離合できません。
照明のように見えるのは天窓から差し込む自然光です。
d0032222_224234.jpg
じゃあトンネル掘らなくてもいいじゃん・・・と言いたくなりますが、土砂崩れが多いのかな?
数カ所に離合場所がありましたが、よくこれで文句が出ないものだと感心しました。きっと交通量が少ないのでしょう。
独りで入ると、かなり怖いと思います。

目に青葉 胃袋に初カツオ
d0032222_2247741.jpg
昼食は長崎鼻近くのレストランで、カツオのたたき定食をいただきました。
薬味のニンニクがおいしかったです。けっこう匂いますけど、バイクだからいいか。
友人は黒豚トンカツ定食。
かごんまは まっことうまいもんが ごわんど。

薩摩半島最南端の長崎鼻へ行きました。
長崎鼻灯台は昭和32年の完成。
小さなタイルがビッシリと張ってありました。
d0032222_23191747.jpg

長崎鼻から臨む開聞岳。通称「薩摩富士」です。
きれいな稜線。登ると相当きついそうです。
ヌケが悪かったなぁ。春は仕方ないですね。
d0032222_2337815.jpg

土産はかるかん
錦江湾沿いを北上して鹿児島市内へ。
土産はかるかんにしました。
明石屋という店です。さんまは関係ありません。
ここのは高いけど、おいしいのです。
前回は空港の売店で求めましたが、今日はデパートの横の本店。製造所でもあります。
すごく風情のある店構えでした。
写真は店の中から撮りました。
d0032222_22521526.jpg
シートバッグにちょうど、まるで計ったかのようにピッタリ入りました。

回った道の駅を紹介します。
1 南さつま市の「きんぽう木花館」(看板だけですが・・・)
2 南九州市の「川辺やすらぎの郷」
3 指宿市の「いぶすき彩花菜(さかな)館」
4 鹿児島市の「喜入」
d0032222_23171289.jpg

このツーリング中にサイクリストをたくさん見かけました。
この人は長崎鼻灯台の所まで、自転車を乗り入れてました。
バイクは入れませんが、自転車だとけっこういろんな場所にまで行くことができますね。
まぁ体力勝負ですけど。。。
ご苦労さまです。
d0032222_23241479.jpg

今回の走行は496キロでした。
d0032222_23302724.jpg

60キロ前後でおとなしく走ると、燃費は25~26キロ/ℓ。
高速を100キロオーバー、4,000回転キープで走ると、20キロ/ℓまで落ちます。
アップハンドルなので、高速は苦手です。
by tama_photo | 2011-04-25 23:36 | ドライブ・旅行 | Comments(4)

伊王島

天気に恵まれ、友人らと長崎の伊王島へツーリングしてきました。
島をつなぐ伊王島大橋が、先月開通したばかりなのです。
集合場所は長洲港フェリー乗り場。熊本から港まで30数キロあります。
忍者部隊月光参上!\(-。。-# ソンナギャグ ダレモシランテ・・・
d0032222_21154234.jpg
友人のSくんは新車のNinja400。まだ慣らし中。
Kawasakiといえば明るいグリーンがイメージカラーですが、黒もあるのね。
私が譲ったSR500からの乗り換えです。

多比良港から広域農道を通って諫早へ。車の多い長崎市内を抜けて伊王島へ着いたのは昼近くでした。
Mくんは黒のフォルツァ、Uさんは白のスカイウェイブ。どちらも250。
d0032222_21241493.jpg

団体様お断り
橋が開通したばかりだったので、たくさんの車とバイクが島に押し寄せていました。
食堂は50分待ち。島を一周しようとしたら、通行止め。
交通整理していた人に聞いてみたら、「この先に灯台と公園があるけど、駐車場がないので島民以外は進入を遠慮してもらっている。進入禁止ではない。大勢でなければ行ってもいいよ」とのこと。
ほんじゃぁと、バイク4台で灯台へ。
d0032222_21334191.jpg
海がとてもきれいでした。
d0032222_21403036.jpg
灯台の近くに灯台記念館があったので、中に入りました。
昔はここに燈台守が寝泊りしていたようです。
洋館で、暖炉があったり、けっこう豪華な造りでしたよ。
昔の石油式白熱灯や蓄電池、レンズのカットモデルなどが陳列されていました。
入場無料。

伊王島は10年ほど前、家族旅行で訪れたことがあります。
もちろん船で渡って、レンタカーも何もないので、スペイン風のリゾートホテルで2泊ほどして、ホテルのプライベートビーチとプールでチャプチャプ水遊びしただけですけどね。
そうそう、ここはレゲエの大きなイベントが毎年開かれていたのでした。最近は聞かないから、もうやめちゃったのかな?
橋ができて観光客がドッと押し寄せて、島はまだ受け入れの準備ができていない、そんな印象でした。

なぜに?長崎ちゃんぽんリンガーハット
そういうわけで、伊王島での昼食は無理だということが分かり、長崎市街地に入ってすぐのリンガーハットで長崎ちゃんぽんをいただきました。
リンガーハットはウチのすぐ近くにもあるので、どうせ同じ味だろうと写真は撮りませんでした。
しかし、食べてみると、これがビミョーに味が違うのです。
熊本の店と比べると、ちょいとアッサリ風でした。
見た目は一緒ですから、写真がなくても、まっいいか。

道の駅そとめ
乙女大橋を渡って角力灘(すもうなだ)をながめつつ北上。着いたところは道の駅そとめ。
外海と書いて「そとめ」と読むようです。
ここに来るのは、たしか3回目。
すぐ近くに遠藤周作文学館があるのですが、一度も入ったことがありません。
だって、本読まねぇし。。。
なぜかパノラマ風に道の駅。
d0032222_2152452.jpg

d0032222_2243780.jpg
ここはライダーのたまり場でした。
30台くらいいたかな。
8割はハーレー。ボスホスという超弩級のバイクもいました。
コテコテに改造したバイクも多く、みんなバイク談議に花を咲かせているようでした。
ちょっと走って、あとはおしゃべりを楽しむのが好きなのかな。
私らは、ただひたすらに走ります。
この後、桜が満開の西海橋を渡って佐世保に入り、大塔ICから高速でびゅ~んと帰りました。

ベストシーズン
いまの時期がバイクに乗るには一番だと思います。
朝と昼の温度差はありますが、我慢できないような冷たさはもうないし、昼は汗ばむほどの陽気です。それに日が長い。
また、景色もいいですね。
花が咲き乱れ、堤防沿いを走ると菜の花のにおいが漂ってきます。
途中、何度か桜吹雪の中を走りました。もう最高!
本日の走行380キロでした。
分かりづらいですけど、コース図。
行きが赤と青(フェリー)、帰りが緑です。
d0032222_11145558.jpg


おまけ「ポロリ事件」
高速を走行中にエアクリーナーが脱落。紛失してしまいました。
じつは朝方フェリー乗り場に集まったとき、すでに一度、落ちたんです。
最初の写真をよく見てください。右側のキャブがエアファンネル状態になっています。
ん~で、エアクリーナーはどこかというと、ギヤボックスの上に。。。
緩んで外れて、奇跡的にギヤボックス上に残っていました。
こりゃいかんバイと、取り付けてホースバンドをマイナスドライバーで締め付けたのですが、まだ緩かったのでしょう。
帰りの金立SAで気づいたときには、エアクリーナーはなくなって消えていました。
「落ちてもいいように、次は名前と電話番号を書いとけよ」とMくん。( ̄∀ ̄;)

ほんで今日、レストアスクールで購入。
6.3kでした。
今度はゼッタイ落ちないように、スパナで締め付けましたよ。
左側も緩かったッスね~。両方落とさなくてよかった。。。(^^;
by tama_photo | 2011-04-11 22:10 | ドライブ・旅行 | Comments(6)

佐賀関・臼杵・原尻

土曜日(2月26日)、友人のスクーターマンと2人で大分へツーリングしてきました。
日曜日が雨の予報だったので、仕事の予定が入っていた彼を
「明日(土曜)しかなかバイ。日曜は雨バイ」
と、無理矢理誘ったのです。
友人は誘いにすぐ引っかかります。^m^

ここのところ暖かい日が続いていたので、下はヒートテックに防風ジーンズという、やや軽めの服装で出たのが失敗でした。
道の駅波野の気温は5℃。
さ・ぶ・い・・・。
電熱グローブのおかげでなんとか九州山脈を越えて大分へ入ることができました。
目的地のひとつ「道の駅さがのせき」です。
FinePix XP10
d0032222_23505075.jpg
前回訪れたときは、建物にシロアリの被害があることが判明して閉鎖中でした。
写真右側の黒っぽい展望台はそのままですが、左側は立て替えられたばかりです。
ん~、建築費をかなり抑えたようでつね。。。(-"-)

豊後水道の青い海には、関アジ・関サバがおりますが、前回食べたのでパス。
d0032222_23571290.jpg

佐賀関港フェリー乗り場。
3月下旬に行く予定の四国には、ここから渡る予定でおます。
d0032222_23581744.jpg

第2の目的地は臼杵の石仏群。
あの有名な、まるいお顔の石仏を、ワタシは教科書や観光パンフで見たことはあっても、実物をまだ見たことがなかったのです。
友人も数十年ぶりに来たとのことで、以前とはずいぶん変わっている(整備された)そうな。
d0032222_02274.jpg
土産物店が並んでいます。
周辺も公園化されているようで、工事のブルドーザーやダンプが動いておりました。

これが「石仏」と称される「大日如来坐像」です。
d0032222_035649.jpg
人間と比べると、大きさが分かりますね。

屋根が作られて照明もついてますが、以前はこのように頭が地面に落ちて野ざらし状態だったのです。
d0032222_052910.jpg
「昔のほうが趣があってよかった」と友人。
なんたって「国宝」ですから、朽ち果てていくのをそのまま見過ごすわけにもいかんのでしょう。
平成2~3年頃に修復されたようです。

ついでに、原尻の滝も見学。
ここは柵も何もありません。
こうやって滝の先端まで行けます。飛び込みだってできる鴨よ。\(-。。-#
d0032222_01032.jpg

道の駅三重にも立ち寄りました。
大分なのに、なんで「三重」なんでしょう。
d0032222_014595.jpg
でもここは高台にあって、見晴らしは抜群です。

思わぬトラブル
熊本の街中に入って渋滞に巻き込まれていたら、ETCのパイロットランプが点いたり消えたりしました。
あれっ、どうしたんだろう? と様子を見ると、アイドリング状態でランプが消え、スロットルをひねると点きます。
もしかしてバッテリー上がり?
急きょカメラのキタムラの駐車場にバイクを入れて小休止。
アイドリングではウインカーも点きません。
スロットルをあおると、ライトの明るさが大きく変わります。
電熱グローブの結線を外し、ノロノロ運転のときはヘッドライトを消して走ることにしました。

後日、スクールでそのことを報告したら、やはりバッテリー上がりとのこと。
電圧を測ったら、エンジン停止状態で10ボルト台しかありませんでした。
10ボルトというのは、ボイヤー(電子点火装置)がプラグに火を飛ばす限界状態だそうです。
元々バッテリーの容量が少ないうえにヘッドライトがハロゲン、わずかとはいえETCに電気を送り、加えて電熱グローブを使いましたから、渋滞に巻き込まれて一挙に放電過多になったのでしょう。
この年式のバイクには、走行中のヘッドライト点灯の義務はないそうなので、危なくないときは消して走ることにします。
d0032222_0302463.jpgつなぎっぱなしでいい充電器も買いました。
オークションで5kほど。
バッテリーにソケットをつないでおけば、ラジコンカーへの充電のように、家で簡単に充電できます。
それにしても、エンストせずによかったです。
by tama_photo | 2011-03-03 00:38 | ドライブ・旅行 | Comments(2)

4番 サード 長島

休みの月曜日、いい天気に誘われて鹿児島県は長島へ行ってきました。
筑後川昇開橋のときは朝、なかなかエンジンがかからず手こずりました。30回くらいキックして汗が流れたんです。やっとかかっても、片肺状態が止まらずに苦労しました。
今回は事前にプラグも掃除したので、キック一発でした。
左側のプラグがやや白かったので、エアーを少し絞り、届いたばかりのGERBING'S電熱グローブをはめて、いざ出発。
でも、電気で温めなければならないほど寒くはなかったんです。
「寒くなれー」なーんてね。。。( ̄∀ ̄;)

長島に架かる黒之瀬戸大橋を渡ると。。。
おわっ、橋周辺がきれいに整備されて、物産館と展望所が出来ていました。
FinePix XP10
d0032222_23595416.jpg
いきなり出来ても「だんだん市場」といはこれいかに。(-"-)
d0032222_012467.jpg
展望所は、うずしおを見るためのものです。黒之瀬戸は日本三大急潮だそうな。
この日もかなりの速さで潮が流れていました。
物産館に併設された観光案内所でフェリーの時間を調べたら、出発まで40分。港まで20数キロあるので、あわてて出発しました。
長島は島の西側が眺めもよくて、快適な走りができます。でも、西側を通ると遠回りなので、東側を諸浦港まで一気に走りました。
道はいいのですが、東側は景色がイマイチですね。
港に着いたとき、すでにフェリーの姿が沖合いに見えました。間に合った。。。
d0032222_0163893.jpg

料金は840円。ハーレーのときは950円だったので、110円安くなったわけです。
風はやや強かったものの、超快晴。
d0032222_018449.jpg
「天草」と「長島」を結ぶので天長フェリーといいます。

この便は獅子島経由でした。
けっこうな数のクルマがここ獅子島で降りました。本土へ買い出しに行ってその帰りかな?
d0032222_0203577.jpg
獅子島にはまだ上陸したことがありません。
民宿でもあれば、ゆっくり釣りでもして泊まりたいものです。

天草・中田港が見えてきました。
d0032222_0285585.jpg
この港は、ホントに何もありません。
言ってみれば天草の玄関口なのに(裏口かい?)、もうちょっとなんとかできないものでしょうかねぇ。。。

本渡から先は天草上島広域農道、松島有料道路を走りました。
三角西港で休憩。
d0032222_0323966.jpg
陽が傾いて石畳を輝かせます。
d0032222_034018.jpg


d0032222_0401097.jpg6時半に帰着。
お土産は芋焼酎の「島乙女」と、フェリーの中で買った獅子島産の甘夏。
焼酎は島美人を作っている酒造メーカーのもの。
工場が長島にあります。
長島は芋の栽培が盛んなので、きっと地産地消してるんでしょう。
島美人はどこの酒屋さんでも買えますが、島乙女は見たことがありません。

252キロ走って燃費は23.8km/Lと、これまでの最高でした。
あまり回さなかったのが功を奏したのでしょう。
でもトラのエンジンは回さないとホントにつまらないエンジンです。次はもっと上まで回してあげましょう。
でもね、飛ばし過ぎは禁物。ブレーキがあまり効きませんから。これで何度かヒヤッとしたことがあります。
この「ヒヤッ」は、いくら電熱ウェアでも暖まりません。
そうそう、電熱グローブは抜群でした。
これまで寒かった指先や指の外側がポカポカです。
手の甲は少し熱過ぎるくらい。
コントローラーを付ければ万全です。
寒くなれー。\(-。。-#
by tama_photo | 2011-02-24 01:13 | ドライブ・旅行 | Comments(4)

予告・・・と報告

【予告】日曜日&休み&快晴の今日は、大観峰(阿蘇ね)を通って日田へツーリングしてきまッす。
写真ナシ、言葉ノミ。(^^;

【報告】行ってきました。
まぁなんという好天。
阿蘇五岳や九重の山並みがクッキリハッキリ、これまで目にしたことがないような近さでした。
これは逆光気味ではありますが、視界のクリアさが分かるでしょうか?
根子岳まで歩いて行けそう。
大げさだっつーに \(-。。-#
FinePix XP10 以下同じ
d0032222_922421.jpg

大津から外輪山へ上がり、マゼノミステリーロードを抜けます。
小国からはファームロードを通って日田市へ行きました。
このファームロードはバイク天国です。
ハーレーよりも国産が多かったですね。
ただし、死亡事故も多いようでパトカーが巡回していました。
自分の腕に見合った運転でいきましょう。
d0032222_953813.jpg

数え切れないほどのバイクと、数台のスーパーカー(ディアブロとF430と・・・)とすれ違いながら日田市に到着。
咸宜園と旧い家並みが有名な豆田町を歩き回りました。
d0032222_9103213.jpg

ちょっと早かったのですが、そば屋で昼食。
そばアレルギーの友人は、トリ天丼。私はトリ天もそばも食べたかったので、トリ天ざるそばにしました。1,300円。
d0032222_9121645.jpg

久大本線沿いに玖珠市へ向かいました。
日田市と玖珠市の境にある慈恩の滝(じおんのたき)は、滝の裏側を歩いて通れます。
d0032222_9155535.jpg
私ら年寄りなので、遠くからながめるだけにしました。\(-。。-#
写真の中央に見えるのは、木の枝に引っかかった竹です。もうずいぶんこのままだそうです。
地元の観光協会でなんとか外してほしいなぁ。

d0032222_9193382.jpgそれから、この川にはカッパがいるので、いい子は泳がないようにしましょうね~。


←ほれ
( ̄▽ ̄;)

玖珠市では、形が木の切り株に似ているということで名付けられた伐株山(きりかぶやま)の頂上へ行きました。
いつもパラグライダーやハンググライダーをやっているそうです。
今日はたまたまハングの競技会ということで、たくさんのパイロット?が訪れていました。
気持ちよさそうですね~。。。(落ちなければ)
d0032222_9265185.jpg

d0032222_9434781.jpg

じつは、テイクオフ失敗の現場を目撃しました。
幸い、そんなひどいケガはなかったようです。
ちょうどデジカメで動画も撮っていました。
このブログに直接アップできないので、YouTubeで。。。見れるかな?
本日の走行260キロ、燃費は22.9km/ℓ。まずまずでしょう。
by tama_photo | 2010-12-05 08:23 | ドライブ・旅行 | Comments(0)

宮崎縦断

ちょっと古いけど、11月7日の宮崎縦断ツーリングを紹介します。
例によって友人のスクーターヲヤヂと2人。
このフォルツァは買って1年半なのに、リヤタイヤは6本目。(-"-)
「異常」としか思えない走りっぷりでしょう?
ちなみに私は2年で2本目。
d0032222_3403861.jpg


d0032222_3414158.jpg朝7時半に熊本を出発。旧矢部町~高千穂町を通って延岡市へ入りました。
これは高千穂町で見つけたバス停。
ウ~ム、山の中なのに、なんで「埋立」なんだろ?
標高の高い高千穂、日之影を走るときは曇っていたこともあって寒かったです。
冬の到来を予感しました。


延岡市の長浜海岸。全長約6キロのきれいな砂浜です。右の海は日向灘。
ふだん、波の穏やかな有明海しか見ていないので、波の荒々しさにちょっと腰が引けましたがな。
去年、一人で延岡に来たときは、知らずに延岡港(長浜海岸のちょっと北)へ行きました。
あそこは全然きれいじゃなくてガッカリしたので、友人がこの砂浜に案内してくれたのです。
映画のロケでもできそうな雰囲気です。
d0032222_3475994.jpg

この後、日向海岸の「クルスの海」を見て、広域農道「尾鈴サンロード」を走りました。
広域農道はどこも走りやすいのですが、ここは路面が荒れていてイマイチでした。
昼食はネギラーメン。すでにチャーシューを1枚食った後です。
熊本のラーメンと比べたらアッサリ系でした。
d0032222_4175227.jpg

宮崎市からは高速でえびのJCT-人吉-松橋ICを通り、明るいうちに帰宅。
435キロを走りました。
ステップ(ペグ)を純正に戻したので、振動が足の裏に伝わらず、快適でした。しいて言えば、もうちょっと長さ(幅)が欲しいですね。
足、デカいんです。
by tama_photo | 2010-11-19 04:26 | ドライブ・旅行 | Comments(0)

やべぇソロツー

ちょっこし涼しくなってきたので、宮崎・鹿児島へソロツーリングしてきました。
先日は雨に降られてすぐ引き返したので、そのリベンジの気持ちもあります。
平日だったので高速は使わず、球磨川沿いを人吉へ。
まず、球磨村の一勝地(いっしょうち)駅に立ち寄りました。
d0032222_9451293.jpg



d0032222_3224648.jpg
今年は娘の大学受験なので、ここの入場券を1枚購入。
「足を地に着けて、まず一勝」という語呂あわせで、よく売れているそうです。
パウチされているタイプを買いました。
裏に日付とシリアルナンバー入り。(ちょっと違うか・・・)

この後、人吉市からループ橋を通ってえびの市へ入りました。
えびのからは広域農道「ミヤマキリシマロード」を走りましたが、いまの季節は景色がイマイチかな。
春は桜、冬は寒いけど、干し大根などが見れて面白い道です。


d0032222_9551382.jpgそば処みやなが
行先のひとつである「御池キャンプ場」の近くに「手打ちそば」の幟(のぼり)を見つけたので入ってみました。
「そば処みやなが」は、どこにでもありそうなフツーの農家でした。
玄関から座敷に上がり、奥の椅子・テーブル4人席にデンと腰を下ろし、てんぷらざるそばをいただきました。


d0032222_9553393.jpgざるそばにごはん、酢の物、漬物。天ぷらはオクラやナスなど野菜が主で、それにエビ2尾。抹茶塩で味わいます。
ざるそばだけでも野口1枚取られる店がありますから、これで1,300円は納得価格ですね。
そばがおいしいのはもちろん、全体的に味が柔らかくて、ごちそうさまでした。
ふだん、コンビニ弁当ばかり食べているから、乱暴な味に舌が慣れてしまっているのかもしれません。
最後にそば湯をゆっくりいただきました。


御池キャンプ場
このキャンプ場は、もう30年来の行きつけです。
娘も2~3歳の頃から毎年のように連れて来ていました。
でも娘が高校に行くようになってからは、ずっとご無沙汰しています。
管理人のおばさん、元気かな?
d0032222_10767.jpg

前は持ち込みテントや常設テントを使っていました。近ごろはケビンばっかり。
私は不自由なキャンプが好きなんですが…。
d0032222_1085186.jpg

満々と水を湛える御池(みいけ)。周囲は約4キロ。水深が100メートル近くあります。
昔は大きなマスが釣れたそうです。
近くの釣具屋の天井に、1メートル近い巨大マスの魚拓がありました。
d0032222_10221051.jpg

地デジカか?
高千穂峰をぐるっと回るように、えびの高原を通りましたが、このへんは野生の鹿がたくさんいますね。
人が近寄ってもまったく逃げません。
「エサをやらないでください」というポスターをあちこちで見かけました。
d0032222_02722100.jpg

まさかねー
d0032222_10175128.jpg

9月は車検の時期。そろそろ受けなきゃ…と思いながら家に戻って車検証を見てみたら・・・
もうとっくに切れてました。。。(-"-) 車検が。。。\(-。。-#
幸い、自賠責はあと1ヶ月ほど残ってたんですが、しばらくスポスタは封印です。
by tama_photo | 2010-09-18 10:25 | ドライブ・旅行 | Comments(2)

ロックな一日

娘を連れて福岡こども病院へ。
娘は生後7ヶ月で心臓病の根治手術をしたのですが、いまも定期的に通院しています。
身体測定、採血、レントゲン、心エコー、運動負荷をかけての心電図、最後に問診。
親はひたすら待つのみ。いつも4時間くらいかかります。
d0032222_9575556.jpg

早く終わったらコストコへ行く予定でした。ここから車で30分くらいかな。
遅くなったので、こども病院から目と鼻の先にあるドームへ。いまは「ヤフードーム」になったのだ。
d0032222_1033215.jpg

娘が見たいというライヴハウスを外から見学。
d0032222_1063430.jpg

ちょっと小腹がすいたので、ハードロックカフェで、スイーツをいただきました。
d0032222_10172462.jpg

値段が高いと思ったけど、大きさがアメリカンサイズなので納得。
d0032222_10223226.jpg

ドームの南側は、以前はだだっ広いオープンスペースだったのですが、いつの間にかショッピングモールが出来ていました。
このドームの周辺といい、来るたびに延びている都市高速道路といい、やっぱ、福岡は都会ですなぁ。。。
by tama_photo | 2010-06-06 10:30 | ドライブ・旅行 | Comments(0)