黒木町~星野村 またも

友達Ninja400と福岡県の黒木町、星野村へ行ってきました。
市町村合併で、いまはどちらも八女市になっています。
黒木町はカミさんにソックリの・・・\(-。。-# ウソツケ 黒木瞳さんの出身地。
星野村は星野仙一監督の出身地・・・なわけない\(-。。-#
玉露の産地で有名な山深い村です。

黒木町の大藤は、樹齢600余年。
FinePix XP10
d0032222_0355953.jpg

去年のGWは家族で出かけましたが、時期が少し遅くて、もう散りかけていました。
今年は冬が寒かったせいか、ちょうど今が満開。
空が見えないくらいに咲き誇っています。
d0032222_040204.jpg
花のシャンデリアだ~。
ツツジやサツキみたいに鮮やかな色ではないけれど、ほんのりと、ジンワリと、語りかけてくるような美しさがありますね。
あぁ、藤の花のような女性(ひと)に会いたい・・・。(-"-)

私らは年に1回、フラッとやってきて見るだけ。でも維持管理は大変なんでしょう、きっと。
d0032222_047611.jpg
大藤祭りの最中だったので、テント村でバザーのセリご飯と焼きそばを食べて、星野村で玉露をいただきました。

じつは先週、26日にも黒木町と星野村を訪れました。
今日はまったく予定外だったのですが、友人が「明日が仕事になった。今日しかバイクに乗れない。どこか連れてってくれ」というもんですから、近場で彼がまだ行ったことのない場所、ということでここにしました。
黒木の藤棚も星野村の玉露も初めてだったようで、満足してくれました。
オレ、星野村はもう7回くらい行きます。。。

Ninja 400R
d0032222_12252579.jpg
玉名市からの広域農道は友人に先を走ってもらいました。
慣らしが終わったNinja400のパフォーマンスがどれくらいか、確かめてみたかったこともあります。
結論は、速い!
ついていくのが精一杯、というか、上り坂での加速では置いていかれます。
Rの緩やかな高速カーブは、トラだとフレームとサスの弱さから「怖い」と感じる速度で、Ninjaはスイスイ走っていきます。
きついカーブでやっと距離を縮め、立ち上がりでまた離される―というパターン。
Ninja400はMade in Thailand とか。
現代バイクのすごさをかいま見ました。

追伸:賢い選択
400ccでフルカウルとなると、意外にも他にライバルはいません。
ちょっと大きくなりますが、CBR600RRなんてのがあるものの、これは完全な「走り屋」バイクできつい前傾姿勢。
なので、ツーリングには向きません。
機能、性能、スタイル、価格。
ツーリング好きにとってNinja400Rはグッドチョイスです。

本日のコース。
d0032222_16393217.jpg

by tama_photo | 2011-05-05 00:57 | ドライブ・旅行 | Comments(0)

来客万歳

前述のタンノイ・アーデン上司から「今度の月曜日に遊びに来ていいか」と電話がありました。
B&Wの音を聴きたいとのこと。
OKの返事をしたのはいいけれど、部屋は足の踏み場に困るほどの物置状態。Σ( ̄ロ ̄lll)
バイク用品が入っていたダンボール箱がいくつも散乱し、テーブルの上にはカメラにレンズにフード、バックミラーに手袋に、なんでソケットレンチまであるんでいっ!?Σ(・ω・ノ)ノ!
体のスイッチを「ぐうたらモード」から「お掃除モード」に切り替えて行動開始。
ダンボール箱の中身はほとんど緩衝材でした。エアーキャップやらスポンジのシートやら空気枕がつながったようなやつまで。
カメラやバイク用品を売るときに、いつか使うだろうと、取っておいたんですね~。
我ながら悲しいほどにビンボー症。(T.T)
そんなのをぜーんぶまとめて捨てて、ダンボール箱もカッターで切り開いて束ねて、資源ゴミの日にすぐ出せるようまとめました。
モノが片づいたところで掃除機をかけ、隅々まで、障子の桟まで雑巾がけをしました。
ピカピカ、ピカリーン!!
D-700 AF-S17-35mm f2.8D
d0032222_21214576.jpg
この部屋って、こんなに広かったんだ・・・。

トイレの神様
掃除はこの部屋だけに終わらず、玄関、土間、トイレまで。
ゴム手袋をはめてトイレの「さぼったリング」をサンドペーパーでゴシゴシこすりました。
私にもカミさんはいますが、彼女の掃除といえば小林製薬のトイレ洗浄中を投入するくらいなんです。
すべてにおいて「おおざっぱ」な性格なので、彼女に任せておくとロクなことにはなりません。
便器に手をつっこむなんて、生まれて初めての経験でした。
この年になって、もうべっぴんさんにならんでもいいのですが・・・。ε-(ーдー)ハァ
でもおかげで家はきれいになったから、ナマケモノ家族のわが家にとって来客は歓迎しましょう。
by tama_photo | 2011-05-02 21:50 | Music & Audio | Comments(2)

30日、カミさんが行きたいという場所(阿蘇)へ行ってきました。
ふだんの休みというと、私は家族がまだ眠っている時間からバイクで出ていく困ったヲヤヂなので、たまには家族孝行しないとね。
まぁ、天気予報も「夕方から雨」だったので、バイクで出かけるには不安な状況だったということもあります。

フォークスクールへ
南阿蘇村の「フォークスクール」は、廃校になった小学校校舎を再利用してNPO法人が活動しています。
活動のメインは「創作」。
数年前のイベントで作った黄色い手が出迎えてくれました。
D700 AF50/1.4D
d0032222_14445055.jpg

この日は大学生らしい若者が数人で下駄箱を塗装していました。
これはカッパ? 魚? それとも宇宙人?
d0032222_1446922.jpg

昔の教室がそれぞれ「工作室」「イベント室」「資料室」「えほんの部屋」などとして使われています。
d0032222_14473844.jpg

昼食は学校のすぐ隣の「たにやま」。オーナーの苗字が谷山さん。
古い牛小屋を改装したものだそうです。
d0032222_1450136.jpg
赤牛定食をいただきました。コーヒーまでついて800円は安い。
写真は撮るのを忘れました。

遅咲きの水仙が一輪。
d0032222_14535590.jpg

金属細工のVESPAを1台購入。
これで6輪態勢だ。ヾ(ーー )ォィ
d0032222_1459487.jpg

春の阿蘇路はバイクが多かったですね。
街中でも後ろにキャンプ道具を満載したバイクをたくさん見かけました。世間はGWです。
帰りはグリーンロード南阿蘇を通りましたが、大型バイクが何台か抜いていきました。途中から降り出した雨に遭わなかったらよいのですが・・・。
by tama_photo | 2011-05-01 15:08 | ドライブ・旅行 | Comments(4)